ホーム > mixiユーザー(id:15965340) > mixiユーザーの日記一覧 > 医学論文史上、最凶最悪の誤嚥論文!

mixiユーザー(id:15965340)

2019年10月22日09:30

9 view

医学論文史上、最凶最悪の誤嚥論文!

〜ケアネットニュース2019.8.16〜
発作性心房細動の既往歴がある42歳男性がゴキブリを吸い込んだ! ということで救急部を受診しました。
キャーーーー!!! もうこの時点でアウトーッ!!
ゴキブリを吸い込んでしまった後、胸部の圧迫感、息切れ、そして肺の中を虫が動き回る感覚を訴えたそうです。
いや、吸い込むってどういうことだよ、と突っ込みたくなるのですが、……おええええ! 想像もしたくない。
バイタルサインはおおむね問題なかったのですが、左側の呼吸音が減弱し、喘鳴を聴取しました。
ゴキブリ喘鳴。
しかし、胸部レントゲン写真では特段異常はみられませんでした。
この時点では、「うーん、ゴキブリを吸い込んだ? まさか患者さんの狂言じゃないだろうな…」と主治医も思っていたかもしれません。
念のため…と気管支鏡検査を行ったところ、まずちぎれたゴキブリの下半分(腹部以下)が舌区に深く入りこんでおり、その他のゴキブリの破片も気管内に散在していました。
疑ってスイマセン、本当でしたね…。見たくない…。見たくないよぉ……!
https://www.carenet.com/report/series/internal/kurahara/cg002023_145.html

【皆さん!この記事のことは早く忘れましょう。。。】
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する