mixiユーザー(id:15965340)

日記一覧

〜ケアネットニュース2020.10.27〜食事は、神経変性疾患の発症や進行を予防または遅らせることができる、重要なライフスタイル要因である(米国・ペンシルベニア州立大学)。質の高い食事や健康的な食事パターンの順守は、質の低い食事または健康的でない食事

続きを読む

〜日経メディカル2020.10.12〜全国的にも感染者はほとんど出ておらず、流行は静かな幕開け。理由として、インフルエンザの専門家が挙げるのが、新型コロナウイルス感染症対策の影響だ。日本では、COVID-19の感染拡大を防ぐため、3密(密閉、密集、密接)を避

続きを読む

〜日経メディカル2020.10.7〜2014年の水痘ワクチン定期接種化に端を発する帯状疱疹の増加が、顕在化している。中でも、20歳代から40歳代の若年層で発症率が顕著に上昇していることが最新の疫学調査で明らかになった。帯状疱疹は、過去に水痘(水ぼうそう)に

続きを読む

〜ナショナルジオグラフィック2020.9.28〜2万〜4万年前のドイツあるいはシベリアで、どの種かは特定されていないが、オオカミが人の居住地周辺をうろつき始め、生ごみや食べ残しを得ていたと考えられている。オオカミは本来、臆病で用心深い。だが、群れのな

続きを読む

〜AFP通信2020.9.29〜各国当局の発表統計によると、世界の新型コロナウイルスによる死者数は100万2036人に増加した。中国で昨年12月末に新型ウイルスが最初に発生して以降、これまでに196の国・地域で少なくとも3316万2930人の感染が確認され、2275万2300人が

続きを読む

〜ケアネットニュース2020.9.15〜男性ホルモン・テストステロンを女性ホルモン・エストロゲンに変える酵素・アロマターゼを発現している脳領域が雄マウスの性欲を支える原動力の一翼を担うと分かりました。雄マウスは雌マウスと一緒にいると正常であれば雌マ

続きを読む

〜ナゾロジー2020.9.7〜地球上で最も暑い場所イラン東部のルート砂漠で、甲殻類の新種が発見されました。この生物は、これまでにわずか4種しか知られていないPhallocryptus属に分類される淡水生物。しかし、雨もほとんど降らないルート砂漠で、どのように生き

続きを読む

〜AFP通信2020.9.3〜プラスチック製フェースシールドやバルブ付きマスクを着用している人は、くしゃみやせきをした際に目に見えない飛沫(ひまつ)を非常に広範囲にまき散らしている可能性があることを示したシミュレーションモデル研究が発表された。研究に

続きを読む

〜アンケートによると2020.5.19〜アメリカン・ケンネルクラブ調査1.ラブラドール・レトリーバー 29年連続1位2.ジャーマン・シェパード3.ゴールデン・レトリーバー4.フレンチ・ブルドッグ5.ブルドッグ6.プードル7.ビーグル8.ロットワイラー9.ジャーマン・ショ

続きを読む

〜ナショナルジオグラフィックニュース2020.8.19〜1980年代の7月には平均で、米国やカナダの面積にほぼ匹敵する約980万平方キロメートルが氷に覆われていた。対して今年の7月、北極海を覆う海氷の面積はわずか720万平方キロメートルだった。1979年以降、北極

続きを読む

〜ケアネットニュース2020.8.11〜コミュニティ在住で60歳以上の日本人高齢者1,193例を対象に、17年間プロスペクティブにフォローアップを行った(九州大学)。全体では認知症の生涯リスクは、55%であった。女性の認知症の生涯リスクは、男性と比較し、約1.5

続きを読む

〜ナショナルジオグラフィック2020.8.4〜見えない感染の実態を把握するための調査が、2016年の秋から2018年の春にかけて米ニューヨーク市で行われていた。市内の複数箇所の214人を対象に毎週、かぜの原因となる従来型のコロナウイルスやインフルエンザウイル

続きを読む

〜時事通信社2020.7.31〜新型コロナウイルス感染症が流行した1〜4月に、過去の統計から予想される死者数を上回る死者が確認される「超過死亡」が、5都県で最大138人発生したとする推定結果。超過死亡には新型コロナが死因の死者に加え、感染したが死因

続きを読む

ここまでは、過去3ヶ月以内に投稿された日記です。

これより過去に投稿された日記を閲覧するには、画面左の「過去の日記」内にある年月をクリックすると該当月に投稿された日記を閲覧することができます。