ホーム > mixiユーザー(id:15951369) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:15951369)

日記一覧

 今、「米中貿易戦争」で、「中国の経済が破綻寸前」とか、その余波で、韓国GDPの40%以上が「輸出」に頼っていて、その半分以上が中国向けだったために、「韓国経済」も怪しくなってきた。日本の場合内需が盛んで輸出比率が10%ぐらいしかないので、それほ

続きを読む

「わが日本!」
2019年12月30日07:08

 多くの日本人jは心に「大東亜戦争の敗戦」を背負っていると思いますが、それは間違いです。子供のころから、何度か喧嘩をしたことがあると思いますが、「喧嘩」と言うのは、ドチラにも言い分があります。だから「裁判」に訴えることになりますし、「敗訴し

続きを読む

「告発」
2019年12月28日08:27

アメリカは間違いました。中国が「偽装国家」であり「テロリストの集団」であることを見抜けず、騙され続けてきました。そうして今、巨大な「暴走国家」として、牙を剥こうとしています。ストレートに言ってしまえば『うちにも外にも敵を作って戦い、勝ち残り

続きを読む

「他人事ではない」
2019年12月27日07:59

 あなたは信じられるだろうか?今中国で起きていることを。そして明日の「日本で間違いなく起きる」ことを。こんな無法な世界は絶対に滅ぼさなければならない。人類の敵だ。僕は中東で起きている「イスラム国」のやり方が盛んに報道されるので、「あれは悲惨

続きを読む

 毎日のニュースを見ていると、今を一生懸命生きているのに、子供の代はおろか自分の代もすっかり変わってしまうのではないかと心配になるような波が押し寄せてくるようで、喜んでいいのか、落ちこぼれて泣く目に遭うのか心配したりしています。今日の記事は

続きを読む

「使いこなす」
2019年12月24日10:48

 何か新しい電気製品などを買ったり、新しいゲームをインストールしたりしたら、しばらく慣れるまで時間がかかります。どこかのお店でバイトしたりしたとき、色々戸惑うことがあります。見知らぬ人と同じクラスになったら、警戒します。それは私たちが「新し

続きを読む

「見てるがいい」
2019年12月23日12:14

 いよいよクリスマスが近づいてきました。金正恩がアメリカにプレゼントを上げると大声で叫んでいます。アメリカは準備万端整えてその日を待っています。先に火ぶたを切らせれば、中国やロシアに非難されることなく、正々堂々と「北朝鮮たたき」ができるし、

続きを読む

「会社を興す」
2019年12月22日08:24

 最近新聞記事でも「会社を興す」ことを中学校や高等学校で実習するとか、若者が大企業を目指さないで、アントレプレナーを目指すと言う記事をよく見かけますが、「その志は良し」として、大いに頑張ってほしいと思いますが、なぜ多くの方が失敗するのか。そ

続きを読む

日経新聞の「私の履歴書」の今朝の記事に、このようなくだりがありました。(以下引用) 本社も間借りで通していて、若い頃、当時の社長の素野(その)(福次郎)さんに、東京駅近くの一等地の本社ビル購入を提案したところ、「あほ、先行投資は人にするもん

続きを読む

「ポジティブな生き方」
2019年12月20日07:04

 いつも「ごまめの歯ぎしり」ばかりで、見るのも嫌になることも多かったと思いますが、まず当節話題の「ポジティブな生き方」のお話を皆様にぜひ聞いていただきたいと思います。 その上で、もうお一方との掛け合いでのお話も欲張ってお聞きいただくと、今日

続きを読む

「逆読み」
2019年12月19日08:42

 「IT産業」がはびこることは、従来の産業との「共食い」になって、GDPは増えず、相対的に日本人の暮らし向きは苦しくなるのではないか?と言う思いが強くなりました。つまり、アマゾンのような強烈なITが出来ただけで、一見市民生活の味方に見える反

続きを読む

昨日の日経に「王国」8代目存在意義探ると言うパナソニックの苦悩が書かれていました。(引用開始)パナソニックが苦闘している。投資を重ねた車載電池は赤字が続き「王国」と言われた家電も嘗ての勢いはない。創業者松下幸之助が生誕して11月27日で125年。「

続きを読む

 日本で「少子高齢化が問題になり始めてから、もう30年は立ちましたが、それでも「少子化」はは止まりません。政府は「少子化担当大臣」まで、儲けて、対策を取っているふりをしますが、何も効果的な手が打てていません。でも「少子化問題」は「憲法改正」よ

続きを読む

「座標のズレ」
2019年12月15日07:53

 私たち日本人の「座標」は漂流してはいないでしょうか?いきなりですが昔みんなで見た「コンバット」と言うアメリカのヨーロッパ戦線での活躍を描いたドラマの一本を見乍ら、自分で如何に「平和ボケ」の方に漂流してきているかを実感しました。 放送当時は

続きを読む

「先陣争い」
2019年12月14日08:36

これまで僕の書いた記事のほとんどが「日本は後出しじゃんけんだ」を嘆くことばかりでした。つまり、やっていることは自動車事故で言えば、、「救急車の手配や救急病院の充実ばかりで、信号機の設置やガードレールの増設をしないから交通事故が減らない」みた

続きを読む

「この人 凄い!」
2019年12月13日09:05

 まずはそのお話を聞いてください。 僕の人生でも、この方の仰る通りに生きてきた気がします。僕は定年まで同じ会社で過ごしましたが、初めに配属されたところが「挙育訓練部」と言う、社内教育を行う部署でした。ここでは会社のトップの方々とも接しながら

続きを読む

「日台併合」
2019年12月12日08:28

 安倍総理大臣が「憲法改正」を謳っておられますが、難しいと思います。維新の会の「大阪都構想」と同じ「及び腰」になっていて、市民に広がらないからです。「憲法を本当に改正したい」なら、その向こうの「日台併合」ぐらいの問題を日本国民に与えて、初め

続きを読む

「衝撃的な論考」
2019年12月11日23:14

 昨日、face bok に掲載された論文は日本の病状を克明に明かした素晴らしいお話でした。少し長いですが、きっとお読みくだされば「目から鱗のお話」になると思います。(引用開始)第十二回「真の近現代史観」懸賞論文 最優秀藤誠志賞 受賞【平成日本は精神

続きを読む

 投資の世界によく使われる「格言」に使われる言葉ですが、ビジネスでも同じことではないでしょうか?現代ビジネスではすぐに「株価が・・・」「利益が・・・」と言われて、なかなか「虎穴に入らずんば虎子を得ず」と言う諺に怯えて、バブル以降「挑戦する姿

続きを読む

「目の前の国防論」
2019年12月10日08:49

アメリカと中国が「経済戦争で火ぶた」を切り、「ウイグル関係法」や「香港関係法」で、アメリカは中国に圧力をかけだしました。片や「米朝交渉」も米国の締め付けにしびれを切らし、金正恩もミサイル実験やICBMの強化実験で脅しにかかっています。それで

続きを読む

「輸出管理リスト」
2019年12月09日07:18

 日曜日の「サンデーモーニング」でも「そこまで言って委員会」でも、「日韓関係悪化」と言う表現で、あたかも日本側の努力が足りないかのような意見が結構目立ちます。しかし、もとはと言えば韓国側が「日韓請求権協定」がある以上存在しえない「徴用工訴訟

続きを読む

 嘗て「イザヤ・ベンダサン」と言う作者名で出された「日本人とユダヤ人」と言う本に「日本人は水と安全はタダだと思っている」と書かれていたことを思い出しますが、それから50年今や世界中がますます「水飢饉」と「軍備拡張」その上「サイバー攻撃」「「

続きを読む

先日4日に「世界の激動期」をお読みいただきましたが、その関連記事がありましたので、ご紹介します。(2019/12/3 11:30日本経済新聞 電子版)の記事で専門家が述べておられます。(引用開始)2020年の選挙を前に、アメリカではトランプ支持か不支持かで世論

続きを読む

 国防問題については、国内に多くの反対意見があるために、本格的な議論が出来ていません。「雨が降ることは分かっていても、雨は降らないでほしいから雨さんと話し合って降らせないようにすればいい」と言う人にいくら説明しても無駄と思うのか、本当のこと

続きを読む

「神の国 日本」
2019年12月05日08:05

 嘗て森元総理大臣が「日本は神の国」と言ったところ、日本中から笑われて失脚されました。しかしそれは戦後教育で歪められた「自虐史観」に基づいて、「今時神様が日本を治めているはずがない」「神様が居乍ら、なぜ戦争に負けるんだ」と言うような反発が多

続きを読む

「世界の激動期」
2019年12月04日08:22

 このところ書いてきたことは、複雑な話をいっぺんにご説明しようとして、却って分かりにくくしてしまったと思いますが、今日もさらにややこしい話にもう一歩掘り下げていきたいと思います。 縦軸に、上から先進国(G5)、中進国(G20)、後進国(AS

続きを読む

 これまでも幾度か「グローバリズム」に反対してきましたが、遂に本家アメリカのグーグルマン教授が「白旗を掲げた」ようです。でも、その傷跡は大きく、この後どのように修復されるのか、先行きは不透明なままです。https://www.newsweekjapan.jp/stories/w

続きを読む

「従米民族主義」
2019年12月02日08:50

 「反日種族主義」の本が韓国で大ヒットして、今、日本語に翻訳されて日本でもベストセラーになっていると言いますが、どなたか同じような趣旨で日本人に本当のことを教えるために『従米民族主義』と言う本を書いてくださいませんでしょうか?いえ、決して「

続きを読む

「知恵比べ」
2019年12月01日08:16

 世の中にはものすごく「IQ」の高い人、とびぬけた頭脳明晰な人、徹底した努力と執念で「ノーベル賞」を手に入れる人がいらっしゃいますが、一方で最近はIT業界に「チョットした閃き」で大成功を収める方もいらっしゃいます。どちらかと言うと「知識」よ

続きを読む