ホーム > mixiユーザー(id:15951369) > mixiユーザーの日記一覧 > 「政治の裏切り」

mixiユーザー(id:15951369)

2019年04月21日07:23

36 view

「政治の裏切り」

 統一地方選挙の最終日に差し掛かり、候補者の絶叫が聞こえてくるのですが、大方肝心の「政策」よりも、個人名の連呼に終始しているように聞こえます。彼らにとっては、「公約」の中身よりも、名前を売り込むことの方が大事なのかもしれませんが、それでは有権者の方は何を期待して投票に行けばよいのかわかりません。ただ、空しく思うのは、「有権者の暮らしを支える政治」と言いながら、その重点が「税金の再分配」に傾いていて、肝心の「社会の矛盾点」の解決に向いていかないことです。それでは「議員を当選させて、議論してもらわなくても、役所の担当者の方が実情に詳しい上、現状どこから手を付けて、何を目指せばよいかは分かっているはずですから、優秀な市長とわずかなスタッフがいれば済むことではないか?下手をすれば、議会は役所の足を引っ張るだけの存在になりはしないかと言う懸念さえ感じてしまします。

 そういった、一地方の事情をここで書いても仕方がないことなので、国政の例で「政治の裏切り」について書いてみたいと思います。私たち国民は有権者として、ニュースに耳を傾けて、あるいは立候補者の主張に聞き入って、自分の考えに近い候補者に投票します。あるいは、自分の立場にはほとんど無関係な公約であっても、その政策が国の未来に役立つものと思えるものであれば、賛同して応援します。しかしながら往々にしてその政策が「羊頭狗肉」である場合が多いのです。それでもその政党が「羊の肉だと言う以上、それを信じて「消費税は引き上げるべきだ」と賛成に回る人たちが日に日に増えていますが、その結果は決して「社会保障の充実」にはほとんど使われずに、「安全運転の目安」作りに費やされます。口では「アベノミクス」を公約にしていますが、決して「社会の矛盾」には切り込みません。

 日銀は「政府機関」のように思わせて、実は「民間金融機関」です。ですから形式的には「安倍総理の指示で動いている」とは言えない独立性が保たれているとしています。しかし現実に「無関係」であるのなら、「アベノミクス」に「金融緩和」を持ち込むことは出来ません。それで、「異次元緩和」に突入して、何をしているかと言えば、「国債の買い入れ」と「株式の購入」です。国債は従来は銀行を通じて、個人が購入することが多かった。「リツキー」「ワリコー」などの名前になじみがあったかもしれませんは、その後「中国ファンド」と言う名が知れ渡りましたが、それが多額になって、「日銀が買い取る」ことになりました。そのお金を使って政府が「予算を執行」して、市中にお金が出ていきます。国はその利息を払いますが、受け取った利息を日銀は利益として国庫に計上しますから、実質的には日銀の「打出の小槌」は使い放題になっています。

 問題なのは新たに日銀が買い始めた「株式」の方です。「株式」の方はご存知のように「相場」が動きますから、値段が下がれば損失が出ます。その買い入れ総額が今や、国内最大の機関投資家「日本年金機構(GPIF)]を上回り、必死で株価を買い支えています。当然含み益も出ています。つまり、「大企業の自社株買い」と「日銀の株式購入」で「株価を引き上げている」のであり、その結果外人投資家を引き寄せ、「日銀投資」の下駄をはいた企業が、「高配当」を実現しています。また、こうして多額の資金を日銀が供給することによって、「円安効果」も生まれて、「実質的な「GDPの拡大」を伴わない「偽装景気回復」が実現しています。

少し前の記事ですが、ご参考までに

http://www.asyura2.com/18/hasan127/msg/634.html

 皆さん、「米中貿易戦争」の流れで、今年下半期の「日本の景気は下り坂」と言う記事が見かけられますが、大丈夫です。その理由は、「令和天皇」がスタートし、日銀が株を買い入れる以上、日銀は手持ち株を売るわけにはいきません。株価を下げたら、日銀の所為にされます。日銀の日本株の購入が加速するだけで、「景気の実態」とは無関係なのです。「株価がアベノミクスの目玉」である以上、絶対に下げるわけにはいきません。「株価」で好景気を演出し、円安の導いた訳ですから、これを手放せば「政権崩壊」につながります。安心して株を買いましょう。瞬間的にアップダウンはあるとしても、長期的には必ず上がります。

 通常は「人手不足」は「賃金の増加」を伴い、景気回復の突破口になります。今、運輸業界では急激な通信販売の拡大で需要が増えて、一斉に値上げをして「好決算」をもたらし、その余波でドライバーさんの給料が上がりました。ところが、従来からの3Kの仕事は「パート」「アルバイト」では人手が足りずに、非正規労働者が頑張っているものの、賃上げが出来ません。そのために「移民労働者」を大幅に受け入れて賄おうとしています。しかし、そうした「介護職」のために「高い介護保険料を国民から吸い上げながら、そのような低レベルの労働者、報われない賃金で「介護を受ける人たち」が喜ぶ環境になるとは到底思えません。介護を受けるお年寄りは「自分の思い通りに体が動かない」から介護を受けています。当然、介護職の方から見れば「ワガママ」に見えるでしょう。でも、言葉も十分でない。生活習慣も違う異国人に最低限のサービスで満足させることは到底不可能だと思います。

 僕がヤブニラミ的に何を書いても、誰も信じないでしょうが、この程度の国ですから、アメリカから食い物にされるのです。毎年毎年アメリカに「日米構造協議」で食い下がられ、殆どの要求をのまされて、こちらからの要求は何も出さない。これで「安倍長期政権」は成り立っているjのです。
 
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する