mixiユーザー(id:1587796)

2020年04月08日09:38

8 view

寝耳に水 その4

※1つ前の記事の続きです

医師に、あと1〜2週間手術予定日を後ろにズラせないかと
提案してみたのだけど・・・・医師は渋い顔

すると医師は「このタイミングで手術するべき」理由を話してくれた
まず、骨折をしたのが3月25日の水曜
手術をする予定日が4月9日の木曜
ちょうど2週間経過しているわけです
骨折した骨がくっつき始めるのが、ちょうどこのタイミングらしく
もし手術を1週間後にした場合
本来予定していた手術+くっついた骨を引きはがす(もう1回折る?)手術
を行う事になり、手術の難易度が増してしまう
2週間後なら、さらに骨がくっついた分だけ、さらに難易度が・・・

もう1つの理由として
手術を行う際には7〜8人の医師がチーム(麻酔医も含めて)を組んで行う
現時点で最速でチームを組めて
スケジュール通り手術を行えるのが4月9日になり
1週間後、あるいは2週間後に「病院内の人の動き・スケジュールにより」
同様のメンバーが確実に揃う保証はないらしい

この「病院内の人の動き・スケジュールにより」とは
医師が少し言葉を濁していたのだけど
皆さんご存知のように
今、大きな病院はどこも「新型コロナウイルス」の対応で大変らしく
本来なら内科や呼吸器科には関係ない整形外科の医師も
通常とは異なる「動き・スケジュール」を
今後はやらざるをえない状況になる可能性がある〜みたいなアレがあるそうで

私は4月9日の手術の件を了承し
自宅付近に戻り、遅い昼食を食べながら
本社の上司と、現場のリーダーにこれまでの状況を説明したのでした
要するに「4月8日〜14or15日くらいまで入院するから休むよ」
の連絡ですね

そして4月4日5日の土日は
本来ならば自宅待機するのが望ましいのですけど
1週間入院のための準備と買い出しなどを行っていました

・・・・というわけで本日(4月8日)から
1週間程度、肩の手術のため入院してきます

(この項、終わり)

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!