mixiユーザー(id:1587796)

2018年09月04日01:17

79 view

R2

土曜の話です

先日の日記に書いたように機種交換をしてきました
前回店に行った時に料金プラン等を決めてきたので
それほど時間はかからないかなと思ったのですが
なんだかんだで40分くらいかかりましたね

新しい機種は「AQUOS R2」です
http://www.sharp.co.jp/products/aquos-r2/index.html

前回の機種も「AQUOS」のシリーズだったので
それの後継機であれば、使い勝手が悪く感じることはないだろうと
画面の横幅は前と左程変わらないのですが
縦の長さが1センチぐらい大きくなりました

画質の良さは・・・まあ、こんな感じですよ
https://www.youtube.com/watch?v=6dltpOJJ5_Q


今、私が使用しているスマホはSoftBankなのですけど
今回驚いたのは、電話帳のデータ交換作業は店員さんがやってくれるのではなく
こちらで(客側で)自主的にやってね〜方式だった事でした
もしかしたら、店員さんに頼めばやってくれるのかもしれないですけど
自主的にデータ交換したあとに、旧端末を郵送でメーカーに送る
という作業が発生します
これは「下取り」サービスを行うため
これにより2400円くらい安くなるそうです
(多分、100円×24か月分の計算になるでしょう)

また割引サービスの1つとして
東京電力とのコラボ企画的な物をやっていました
家の電気の契約が、東京電力の一般的な契約であるならば
月の使用料がいくらか安くなる〜みたいなサービスです
最近、東京ガスが「電気+ガス」料金のセット云々をやっているそうなので
それに対する「防御」的な作戦なのかもしれませんね

で、そのサービスを受けるには
東京電力と契約していると発行される何とか契約番号みたいなものが必要になるわけです
もちろん、そんな話を店頭でいきなりされても番号は解らないわけで
その対応として
SoftBank店舗から東京電力のサービスフロントに電話し
我が家の個人情報(住所、電話番号等)を伝えると
その何とか契約番号を、東京電力の人が調べて教えてくれるという

だが、しかし
実際に、SoftBank店舗から東京電力のサービスフロントに電話してもらい
東京電力の担当の人と話して解った事は
その何とか契約番号自体が、個人情報にあたるらしく
その情報は契約している世帯主orその妻(夫)にしか教えられないそうで
ウチの契約は、父親か母親のどちらの名前になっているのか解りませんが
(多分、父親かな)
世帯主の子供には、その情報は教える事ができないそうです(苦笑)

まあ、個人情報の管理を「厳重」にすることについては
文句も批判も無いのですが
じゃあ、今度は
世帯主orその妻のスマホの機種交換を〜という話になってしまうので(笑)
面倒くさいので、この東京電力コラボの割引サービスは
受けないことにしました

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2018年09月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

最近の日記

もっと見る