mixiユーザー(id:1587796)

2018年07月27日00:26

90 view

死刑執行中

【オウム13人全員の死刑執行、残る6確定囚も 教団事件の法手続きすべて終結】
https://www.sankei.com/affairs/news/180726/afr1807260044-n1.html

このニュース、私は朝の通勤時に
Twitter上に流れてきた投稿で知りました
私は、基本的に平日は朝も夜も、ワイドショーの類は見ないですけど
各局のニュース・ワイドショーは、どういう取り上げ方をしたのでしょうね?

6日に7人の死刑執行があり
今日、26日に6人の死刑執行があったと
Twitter上では・・・・まあ、ちょっと検索すれば色々出て来るのですが
意外と批判気味の人が多い事に驚きました

こんなに短期間に死刑が執行された事がない=暴力的、残客的だ
という意見の人に言いたいのは
松本サリン事件・地下鉄サリン事件・坂本弁護士一家殺害事件
・目黒公証人役場事務長拉致監禁致死事件
を含む数々のオウムの事件で
長期間裁判をやって
容疑者のうち13人もの人間に、死刑が求刑され、刑が確定した
そんな戦後最大の犯罪集団による事件群だったのですよ
普通のニュースで聞くような怨恨の殺人事件とはちょっと違うのです

特に地下鉄サリン事件では、本当に無差別なテロだったのです
無味無臭のサリンという毒ガスを地下鉄にバラまき
被害者多数(6000人以上と言われる)、もちろん死者もたくさんいるし
事件の起きた1995年からもう20年以上経過しているのに
いまだにサリンの後遺症で苦しんでいる人もいるのですよ

そんな事件をおこした犯罪者・犯罪集団だったからこそ
前代未聞といえる数の13人が死刑となったのです

頭から「死刑反対」派の人には何を言っても通じないと思いますが
死刑が求刑されるということは
それ相応の死刑にされても仕方ない、どうしようもない理由があるから
死刑になるわけで・・・・
裁判が終わって、刑が確定したのだから
どんなタイミングだろうと、人数の多い少ないに関係なく
普通に考えたら、死刑は執行されるべきものだと思いますよ

とは言っても、1995年の話なのでね・・・・・
10代、20代の人にはオウムの一連の事件その物が
ピンと来ない〜というのも事実でしょうね
逆に言えば、40代以上の世代で、死刑執行に反対する人を見ると
色んな意味で、不安というか心配になっちゃいますよね(苦笑)

タイミングの部分について、言及するなら
やはり「平成のうちに、対処しておきたい」という思惑はあったような気がします
元号が切り替わると「恩赦」だなんだと騒ぐ人はいるし
「平成に起きた」戦後最大のテロ事件の「片付け」を
「平成のうちに済ませたい」というのは
わからないでもないですし

※記事のタイトルは、解る人だけ解っていただければ(微笑)

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する