mixiユーザー(id:1587796)

2017年11月09日23:59

101 view

我闘雲舞@新木場 その3

※1つ前の記事の続きです

◆セミファイナル シングルマッチ
アーサ米夏 vs 橋本千紘

橋本は初見、噂通りの凄い肉体の持主であることはすぐに解る
この身体を持ちながら、さらにアマレスの実績も素晴らしい
アジャや里村がライバル視するのも、納得できる
ただ、デビューして1〜2年でこのポジションを作ってしまうと
同世代や少し上の先輩は、もうライバルではない・・・・というこの状況は
レスラーとしては不幸なのかもしれませんね
最初から強い選手だと、成長していく過程というのは見え難いものですから

アーサは、アーサで、ちゃんと仙台での経験を踏まえて
ちゃんと考えたプロレスをしていましたね
アマレスの構えでかく乱したり、一連の「コメ〜!」攻撃も
乱発し過ぎずに、効果的に出したり
ただアーサが善戦すればするほど、橋本の怪物性がはっきり見えて来るのも確か

「ことり」が去るまで、あと1か月少々
さくら、里歩に続く第3の選手のポジションが空く今は
アーサにとってもチャンスなわけですよ
ビッグマッチになると強靭な敵との対戦が続いているアーサですが
逆に言えば、それは期待されているからこそ〜なわけで
今年のアーサの良さ&凄さは理解した上で
来年のアーサにも期待したいと思います


◆メインイベント スーパーアジア選手権 20分一本勝負
里歩 vs さくらえみ

里歩のキャリア=「里歩vsさくらえみの歴史」と言っても過言ではない
と個人的には思っています
もう何度シングルで対戦したのでしょうか
でも、見飽きる・・・という事が全くないのが不思議なんですよね

里歩のデビュー当時から中学生ぐらいの間までは
このシングルは、さくらえみの絶妙なさじ加減の下に
成立していた〜という部分はあると思います
ただ、今の里歩は・・・・
あの細身の身体からは考えられないような強さを秘めているわけで
スピード、スタミナ、集中力、そしてそれらを統括する精神力&冷静さ
単純なパワーだけなら、まださくらが上回るのですが
その差は確実に少なくなっていると思います

試合の序盤から中盤にかけて、さくらの攻める場面が目立ちましたが
さくらが本気でベルトを取ろうとするなら、それしかない
と思いました
昔の「少女の」里歩ならともかく、今の里歩のスタミナと精神力を考えたら
さくらと里歩が互角の攻防、互角のダメージを負っていたら
先に力尽きるのはさくらの方
技の切り替えしは、さくらも上手いけど、里歩も上手い
序盤で徹底的にダメージを与えておく、さくらの戦略は正しかったと思います
でも・・・・それでも、力尽きる事無く、反撃してくるのが里歩の強さなわけで
さくらが衰えた・・・・と見る人もいるかもしれないですが
体重管理がちゃんとできている今は、むしろ数年前よりも
さくらのコンディションはイイと思います
里歩が成長し、「里歩vsさくらえみの歴史」の内容は日々変化しています
このマンネリ化しそうで、全然マンネリどころか、その都度進化している黄金カード
生で見れる人は、見ておかないと損すると思いますよ(微笑)

この里歩の独走を止めるのは、アーサなのか?、美鶴なのか?、沙紀なのか?
それとも新たな外敵なのか?
ちょっと前まで「里歩vsあおい」という図式がありましたが
個人的には「里歩vs志田」という図式もアリだと思っています

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する