ホーム > mixiユーザー(id:1587796) > mixiユーザーの日記一覧 > アイスリボン蕨〜雑感

mixiユーザー(id:1587796)

2017年06月17日23:53

147 view

アイスリボン蕨〜雑感

久しぶりに、アイスリボンの道場マッチに行ってきました
何か月ぶりだろう?
最近はアイスリボンはビッグマッチのみの観戦になりつつあったのですが
実は、蕨のチケットはそれなりの頻度で購入はしていたのですよ
ただ仕事の忙しさによる疲労や、休日出勤のアレなどで
チケットは買っていても、見に行かないというのが結構ありまして
それが、蕨から足が遠のいてしまった一因でして
決して、蕨方面が嫌になったとかそういうものではなく

今回は1か月以上前から
チケットを購入していたので、番号は20番台
もちろん、どんなカードになるかは解らずにチケットを購入しています
でも、だいたいこれぐらいに購入すれば
これぐらいの番号のチケットは買えるだろう〜という予想はできるのですが
まさか、前売りチケットが完売状態の興行になるとは
まったく予想できませんでしたね

誰かの引退とか、タイトルマッチとかではないのに
前売りが完売するというのは、最近のアイスの売り上げ&集客の勢いというのは
凄いものがありますね
今回は、ゲスト選手無しの純血興行
しかもフルメンバーの出場ではなくて
くるみ、もち、都、あかね、尾崎妹加(実質的なレギュラー)の参戦は無い状態なのに
この客入りですよ(微笑)

やはり新人が多くて、順調に育っている団体は勢いがありますね
昨年デビューしたテキーラとうの氏に続き
今年はトトロ、TeamDATEの華、法、直、華蓮の5名が既にデビューし
先日の札幌興行で星ハム子の愛娘、星いぶきがデビューして今年6人目
さらにデビューを目指しているプロサー出身の中学生が1名いるわけで
今後も目が離せない感じですよ

今日のカードは〜感想は短めに

◆第1試合
世羅りさ&松屋うの vs 法 DATE&直 DATE

世羅は、最初からうの氏のセイバーチョップを食らう(うのに付き合う)つもりで
かつ、法と直と多く肌を合わせたかったのかも
結果的に、うの氏の出番が最小限になり、セイバーチョップのみが見せ場となったので
変なバタつく感じはありませんでした
試合を決めたのは、直のアームロックでしたが
プロレスの素養、スキルの将来性が高そうなのは法かもしれませんね
直の方がでかいので目立ちますけどね

◆第2試合 トライアングルリボン
つくし vs 弓李 vs テキーラ沙弥

つくし&弓李による30代いじめから、つくしが弓李を裏切り
つくしの独壇場となりかけたのですが
弓李もテキーラも強く成長しましたよ
ちょっと前なら、もうこれで終わりだろう〜という攻防で
そこで終わらず、さらにもう1,2回盛り上がりがある感じで
勝ったつくしは、腹黒王かな(笑)
その勢いのままに座談会では、来週の横浜興行で
豊田真奈美の持つトライアングルへの挑戦表明+だけでなく
もう1人の挑戦者(推薦者)として藤本つかさを指名
横浜でまた、豊田vsつくしvs藤本が実現するわけですが
今度はタイトルがかかるので、只じゃ終わらない感じになりそうですね

◆第3試合
藤本つかさ&華蓮 DATE vs 星ハム子&星いぶき

結果論かもしれませんが、この試合がメインの方がよかったのでは
と思うくらい盛り上がりましたね
華蓮は、どちいらかというと藤本と対戦することで脚光を浴びましたが
今回はタッグということで、藤本の髪型に合わせてきましたね
星いぶきと華蓮が、同期なだけでなく、同学年ということで
新たなライバル関係を築きつつあります
でも、もう少し時間が経過すれば
藤本&ハム子vs華蓮&いぶき が名勝負になる日が来ると思いますよ(微笑)

◆第4試合
雪妃真矢&華 DATE vs 長崎まる子&トトロさつき

予想通り、華とまる子はバチバチした感じの中で
トトロも雪も存在感を出していましたね
試合は試合で激しくやり合いつつも
座談会では、華の天然ぶりが発揮
マイクのスイッチON/OFFだけの問題ではなくテンションがおかしい(苦笑)
日本語もちょっとおかしいかも?
他のDATE3人が生放送に向けて不安視するのもよくわかる(笑)
華は、ビジュアルは決して悪くは無いので
喋らない方が人気が出る可能性はありますけど・・・・
ツカモトさんのコントロール術にまかせましょう(笑)
また、それとは別に雪さんの嫉妬深い女の一面が出ましたね
パートナーの世羅の浮気癖が原因なのですけど
これはこれで、面白い関係なので、よしとしましょう

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する