ホーム > mixiユーザー(id:1587796) > mixiユーザーの日記一覧 > BASARA@後楽園ホール その2

mixiユーザー(id:1587796)

2017年04月30日17:23

195 view

BASARA@後楽園ホール その2

■第4試合 スーパープロレスリングウォーズ2017〜日本vsトランザム〜
政宗&関根龍一&阿部史典 vs トランザム★ヒロシ&トランザム★シンヤ&トランザム★タナカ

トランザム一門の新しいメンバー、トランザム★タナカのお披露目となったわけですが
タナカが・・・・無駄にカッコいいw
「ニッポン」コールと「U!S!A!」コールが応酬する国際色豊かな試合だったのですが
おそらく、ほとんどのお客さんが〜そして私も
トランザム軍の方ばかり見ていたのではないでしょうか?
こういう試合で、インパクトを残せないのは厳しいですね
もっと日本色を強く出すよりも、騎馬隊色を強く出した方が盛り上がったかも?
例えば、政宗の代わりに金本とかね
せっかく対角線上にタナカがいるわけだし(微笑)

■第5試合 BASARA三大スペシャルシングルマッチ
久保佑允 vs ディック東郷

久保は生徒に、東郷は師匠に戻り
レスリングの「秘伝」を授けているような、そんな試合でした
東郷が仕掛けたヘッドシザース
それを、久保があの手この手を用いて脱出しようとするのだけれど
これがなかなかハズレナイ・・・・・・
もちろん久保は、この手のチェーンレスリングが得意だし
脱出方法も複数種類知っているのに・・・・・でもハズレナイ
おそらく、プロレスの基本としてのチェーンレスリングは
それを知るもの同士であれば、初対面の言語が異なる人間でも
一定レベル以上の攻防を見せることができる・・・・それが利点
短所としては、攻防のパターンが形骸化して
「この形になったら次はこの形になるので、次はこう動く」というのを
やる側も見る側も予想ができてしまう
そこに東郷がエクスキューズを投げかけたか?
「一般的に、こう動けば外れると言われているけど、もし外せなかったらどうするの?」と
最後の動きも狡猾でしたね
丸め込み2連発の後の外道クラッチ、久保はフォールを返せず
久保はいい宿題をもらったようですが、私もいい宿題をもらった気分です

■第6試合 BASARA三大スペシャルシングルマッチ
木高イサミ vs 岡林裕二

もしタイトルマッチが無ければ、この試合がメインだったような気がします
メインは中津にゆずって、セミ前でのこの試合
もしも、メインになっていたら
イサミは、また違ったファイルスタイルだったでしょうね
セコンドの吉野を使って、岡林をかく乱させる云々の攻防は
メインじゃないからこそ、できるアレで
そういう意味では、精神的には楽だったのかな?
チケットの売り上げ方面では、楽ではなかった気がするので
BASARAの大将として、「大箱」で一歩引けるのも
信頼する仲間がいてこそなのでしょう
最後はアルゼンチンでタップしてしまいましたが、見所が盛りだくさんの初シングルでした

■セミ ハードコアタッグマッチ
塚本拓海&SAGAT vs グンソ&内田祥一

ダブスタイルのハードコアマッチ
内田祥一 は久々に見ましたが、完全にダブプロレスの人になったようですね
グンソは葛西相手のデスマッチを見ているからか
ハードコアだと、物足りないような気がしたけど
逆ですね・・・・対戦相手が物足りない感じ
塚本もSAGATも、もっと荒々しく攻める姿勢が見せても良かったと思うのですよ
なんだかんだで、SAGATが内田から勝利し
試合後、グンソがイサミを呼び出して
今後のダブプロレス<すし屋>vsBASARA<ファミレス>の対抗戦について意見交換
しばらくは継続しそうな感じですね〜

■メインイベント BASARA三大スペシャルシングルマッチ〜ユニオンMAX選手権試合
<王者>トランザム★リュウイチ vs 中津良太<挑戦者>

貫禄勝ちかな〜
リュウイチのペースを、中津が最初から最後まで崩すことができなかった
それは、トランザムのキャラクターをリュウイチが貫いた結果でもあるし
リュウイチの本気度の証明でもある
大日本には関本、岡林という、身体が厚過ぎる人がいるから目立たないけど
リュウイチの中の人?だって、身体はかなり厚いのですよ
そのパワーの差、破壊力の差で一気にもっていかれた感じでしょうかね
試合後の、トランザム・インタビューは恒例になるのかな?
ヒロシの通訳も良かったです(微笑)

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する