ホーム > mixiユーザー(id:1587796) > mixiユーザーの日記一覧 > アイスリボンフェスタ2017

mixiユーザー(id:1587796)

2017年04月25日02:32

258 view

アイスリボンフェスタ2017

・・・・というわけでアイスリボン@後楽園ホール興行
『アイスリボンフェスタ2017』を観戦してきました

18時50分ぐらいから
大崎一番太郎&ノン子関連の無駄に豪華な「茶番」が始まり
一応、扱いとしては前説になるのかな
その流れで選手入場(アイス所属選手のみ)
時間を短縮するためか、カード紹介動画等の煽りVはありませんでした
リング上が熱い→何度あるの→60度あるぞ〜の流れから
「絶叫する60度」さんのLIVEスタート

この後の「仮面女子」さんのLIVEでもそうでしたが
いわゆるアイドルさんのファンの方は
リングに触れない範囲で、リングサイドのモッシュOK
というルールになっていたので
ただ、アイドルさんがリング上で歌うのとは別の
それ以上の変な盛り上がりが発生しました

これを許容したアイス側の判断も良かったですね
「絶叫する60度」さんのファンが盛り上がれば
「仮面女子」さんのファンは、それに負けないように盛り上がるわけで

「絶叫する60度」さんのLIVEが終わった時点で19時20分は過ぎていたかな
何気なく客席を確認すると、8割以上は埋まっていたので
安心しました
個人的には、もっと客席が埋まらない状態も、覚悟していたので・・・
結果的に平日月曜の興行で
931人も集客するという大成功の興行だったわけで・・・・
今のアイスリボンの勢いは本物ですね

◆第1試合
藤田あかね&法DATE vs トトロさつき&直DATE

デビュー戦となるのが2人いて
トトロも、この間デビューしたばかり
もし、トトロの所に、キャリアのちゃんとある人間が入れば
よりスムーズな試合になったと思います
法も直も長身で見栄えがします
かつ法は、ルックス的に人気が出そうな感じ
蹴り中心のスタイルはしばらく続くかもしれませんが
もっとプロレスの練習を重ねれば、自然と個人差は出て来るでしょうね
この試合を見た限りでは、直よりも法の方が
プロレスに対して柔軟に対応できそうな感はありました
デビュー戦としては、これで十分かと思います
最後、法とトトロの一騎打ち状態になりましたが
トトロの強烈な逆エビに耐えた法が、ハイキックでトトロから勝利
新人同士、これからも切磋琢磨してほしいですね

◆第2試合
豊田真奈美&華DATE&華蓮DATE vs 長崎まる子&テキーラ沙弥&松屋うの

長崎&テキーラ&うののズッコケトリオですが
この試合に関しては、シンプルに
負けられない思いを抱いて勝負していたと思われます
立場的には、かつての「雑草トリオ」→「市ヶ谷ガールズ」に近いのですよね
だから、昔のアイスを知っている人ほど
まる子組への感情移入をしていたんじゃないかなと
華蓮が13歳とは思えぬ落ち着きぶりでしたね
蹴りにしても関節技にしても見事だし
ツカモトさんが指導したと思われる、各種丸め込みもちゃんと技になっていたし
豊田は、前に出過ぎず、引き過ぎず、ちょうど良いころ合いで
動いてくれるので流石です
結果的に、華とまる子の一騎打ちになるのですけど
変形のアームロックで勝利
ただし、まる子はギブアップしておらず、トミーさんによるレフェリーストップ
沙弥が、必死に抗議していたけど
まる子に意地があればあるほど、脱臼してもギブしないわけだから
ここはトミーさんがナイスな判断を下したと思います
まる子は、非常に悔しい思いをしたと思うのですが
この悔しさをリング上で晴らすのかどうかは、まる子次第であり
また、新たなストーリーを作り出したとも言えるわけで
華も華蓮も、デビュー戦としては十分な動きでした

(続く)
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する