mixiユーザー(id:1587796)

2016年03月12日18:39

573 view

アイスリボンマーチ2016

行ってきました アイスリボン@後楽園ホール

まず休憩時間や試合開始直前まで流れていた会場内のBGMですが
アンパンマンのテーマ曲やら、古いアニソン?みたいな曲まで
とにかく珍しい曲が続いて、ちょっと変な雰囲気だったのですけど
どうやら「アイスリボンマーチ2016」にかけて
「〜マーチ」の曲を集めたBGMだったみたいですね
アンパンマンのテーマ曲は『アンパンマンのマーチ』だし
こちらは三波春夫の「銭形マーチ」(『ルパン音頭』のB面曲)
https://www.youtube.com/watch?v=qa27_0YdWMk

「銭形マーチ」自体は大野雄二バンドがインストでやるとちゃんとしたカッコいい曲なのですが
歌詞入りの原曲は、こんな感じなのです(笑)

続いて客入りですが・・・・・いい感じに埋まりましたね
大晦日の時よりも、ちょっと少ないくらいでしょうか?
アイスリボンの後楽園と言えば、日曜か祝日の昼間が定番でしたけど
今回は土曜の昼間、それを考えたら、なかなかの客入りだったのではないでしょうか

入場式もいつものように行われましたが
特別な仕掛けは何もなく、アッサリと終わりました
今日は試合数も多かったので(全8試合)、これはこれで正解だったのでしょう

◆第1試合
宮城もち&飯田美花 vs 山下りな&藤田あかね

アイスの新人中心のタッグマッチ、あるいは6人タッグは
名物的なアレがあったのですけど
今回は、新人っぽさはほとんどありませんでしたね
ただ熱戦にはなりました
その中心にいたのが山下であり、藤田ではなかったのが惜しいところ
水着については、もちも藤田も従来のコスのカラーをそのまま踏襲したものであり
それ故に、違和感はなく
逆に、デビュー当時の飯田の白ワンピースに対して、軽いドヨメキが起こりました
中盤までは、誕生日の山下が孤軍奮闘状態で
終盤は、もちvs藤田の一騎打ち状態でしたが
藤田も、あわや!という場面を何度も作ったので、及第点以上の敗戦かなと
もちのテーズプレスを完全にキャッチしたのは見事だったのですけどね
藤田がもちに勝つかも?〜という雰囲気もあったし
ただ「みかんでポン」だけだと相手にも警戒されてしまうと思われるので
第2、第3のフィニッシャーが繰り出せるようになれば、さらに勝機は増すかなと
もちが、メタボリックサンドで藤田の猛攻をしのぎきりました

◆第2試合 沙弥デビュー戦
長崎まる子 vs 沙弥

沙弥はピンク系のワンピース型のコス
これが、今日だけのアレなのか、今後もこれを着ていくのかは不明
対するまる子は・・・・・帯広を思わせるような、本物の黒の競泳水着
競泳用キャップとゴーグルは、さすがに試合前には外しましたけど
「競泳」を意識したのか裸足のままで試合開始
第1試合には無かった「若手らしさ」「新人らしさ」がありました
ただ、沙弥は年齢非公開なので、実際に若いかどうかは不明です(笑)
テキーラのマエストロになるくらいなので、21,22という事はない気がすますけど
沙弥は、リングの広さにややとまどっている感はありましたね
蕨のリングのサイズに慣れすぎてしまうと
1回り大きい後楽園のリングでは、相手との距離感を見失ったりしがちですが
これは試合数が解決してくれるでしょう
試合の中盤にはなった、まる子のカウンターのまる投げは見事でしたね
これで試合が決まればよかったのですけど・・・・
沙弥の逆さ押さえ込みから、エビ固めの応酬になり
沙弥の脚力で、まる子の身体が予想以上に(回転エビ固めの割には)高くあがり
低いパワーボムをくらってしまったような体勢のまる子を
沙弥が押さえ込んで、沙弥の初勝利
まる子、初勝利ならず・・・・番狂わせ〜ではあったけど
沙弥のエキシを間近で見た人間としては、並みの新人以上にスタミナはありそうだったので
驚愕の〜という感じではありませんでした
いずれにしても若手戦線が活発化するのは、団体にとって良いことですよ

(続く)
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する