mixiユーザー(id:1587796)

2015年08月14日01:11

398 view

我闘雲舞@後楽園

行ってきました我闘雲舞@後楽園ホール

まず、試合開始の前の段階で、懐かしい人々との再会などがありました
18時50分過ぎぐらいから
Pumiと聖菜によるダブル・リングアナによる前説がスタート
この時点での客入りは、500〜600人ぐらいだったでしょうか
先週のさくらさんのアレから
もっとヒドイ客入りになる事も覚悟していたので、安心しました(笑)
ただし、平日という事もありお客さんはジワジワと増えていき
メインの頃には700〜800人ぐらいの感じになっていましたね

最初に歌のコーナー
さくら、里歩、帯広、「ことり」、ふきん、時雨による6人体制
このメンバーで揃って歌うのは、これが最後になる可能性もあるので
そういう意味では初後楽園で、プレミアものでしたね
『後楽園スペシャルメドレー』ということで
1曲をワンコーラスぐらいにして、連続4曲を披露した形になるのかな
ワンコーラスでも、フリはちゃんとやっているので・・・・さくらの体力が心配でした(笑)
一息ついたところで、「さくらえびちゅ」のイントロが流れると
北側のステージに、「さくらえび☆きっず2015」として
ひなた、きのこ(今はMAKI)、あいか、ホノ、あやみ が揃って登場
みんな20才前後になりました
このメンバーが揃って、当時の「さくらえびちゅ」の再現をするという事は・・・・
きました!
MAKIとあやみがコーナーに上がって、サビの終盤の所でコーナートップからバク転
着地もお見事でした!
「さくらえびちゅ」の歌が終わり
さくらが「みんな、久しぶり〜元気だった?」と話しかけるも
始まったのはトークではなく、5人はさくらをコーナーに投げ
ひなた、あいか、ホノは側転からのボディアタック
MAKIとあやみはドロップキックを、さくらに決めるのでした!
これで終わりかと思いきや・・・・セコンドにいた石井美紀さんがリングイン
最初から、美紀さんとしもうまさんがセコンドにいたのですけど
まさか、こういう展開になるとは思いませんでした(笑)
美紀さんが、後ろ向きにコーナーのセカンドロープの位置に上がる
出るか!モテキック!
コーナーを背にした状態で、セカンドロープ上に立ち
そのまま振り返る事なく、リング中央側を向いたままジャンプし、トップロープ上に飛び乗り
その勢いのままミサイルキックを決める〜という、かつての美紀さんの得意技!
だが、しかし!
トップロープ上に飛び乗った際に、片足を踏み外してしまう〜失敗
でも、すぐさま2度目のトライ!
さくらにミサイルキックが炸裂〜2度目は見事成功しました

ここから改めてトークタイム
さくらが、5人は今何をやっているのか聞いていくのだけど
MAKIがさりげなく一番端のポジションに居て
5人の中で一番最後の答えるというオイシイ所を得ていました
ただ運動神経が良いだけじゃなく、見た目以上に賢い子ですねMAKIちゃんは

また、本部席に置かれたダルマを里歩がリング上に持ち込み
後楽園興行が開催されたという事で「目を入れる」事になるのですが
勘違いしたのか「目を潰す」と表現して、場内がザワザワと
色を塗るという意味では「目を黒く塗り潰す」のだから間違いではないのですがね(笑)

◆第1試合『北沢ふきん復帰戦』
北沢ふきん&SAKI&MIZUKI vs 米山香織&ブルーロータス&ペパーミント

一応、復帰戦ということになっていますが
この後直ぐに、無期限休業になってしまうので
実質的な、引退試合になる・・・・可能性も無くは無い試合でしたが
そういうネガティブな要素を微塵も感じさせない明るい試合となりました
キャリアが短いだけなじゃなく、欠場明けの試合だったので
ふきんの試合感的な物が、ちょっと心配でしたが
前半の体力のあるうちに、多く出て
終盤はカット要員となる事により、変な粗はほとんど見えなかったように思います
ブルーロータス&ペパーミントは、予想以上に試合に馴染んでいましたね
タイでの試合は、基本的にはマット上になるので
リングでの試合はまだそれほど慣れていないと思っていましたが
そういう慣れない人間特有のぎこちなさは、ブルーロータスにもペパーミントにも
感じられませんでした
米山が上手くコントロールしている部分もあるかもしれませんが
カットに入るタイミングとかも良かったし
とくにペパーミントのスキルアップがハッキリと解りましたね
かつて北斗晶が使っていたようなスピンキックは、お見事でした
ブリバトは、相変わらず合体攻撃&連携は素晴らしく
一見さんと思われる観客から、感嘆の声が聞こえましたね
最後は、SAKIの対空時間の長いブレーンバスターが決まり、ブルーロータスから勝利

(続く)

2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する