ホーム > mixiユーザー(id:1587796) > mixiユーザーの日記一覧 > アイスリボン651

mixiユーザー(id:1587796)

2015年05月30日23:10

132 view

アイスリボン651

行ってきましたアイスリボン@蕨
開場予定時間の17時30分の1分前ぐらいに道場前に来たのですが
行列の最後尾が、隣のマンションを越え
道路に沿ってL字型にカーブしつつありました
感覚的に、100人オーバーするような気はしていましたが・・・・

前説は、メインでタッグを組むあおい&弓李コンビ
あおいちゃんは、いつも以上にフリーダムでした(笑)
となりにいるのが美央やツカモトさんや千春さんだったとしたら
もう少しツッコミとしてアレするのだろうけど
大人しい弓李だから、あおいはどんどんエスカレートするわけで
まあ、これもアイスリボンの色の1つではあるのだけどね(苦笑)

入場式後の人気投票は、いつも以上に何度も何度もやり直しした結果
山下とツカモトさんの決戦投票となり
※この時の、山下の目つきが凄かった(笑)
最終的には、一番人気は山下になりました
そして、挨拶は美央
「こんなカードを組んだ人(ツカモトさん)は、性格悪いと思います」
いや、ツカモトさんは性格が悪いのではなく・・・・観客のため、面白いカードを見せたいだけ〜
というか、ツカモトさん自身が見たいのでしょうね(笑)

■第1試合
藤本つかさ&雪妃真矢 vs 宮城もち&235

序盤、雪妃と235がエルボー合戦からお見合い状態になりかけて
一瞬、アレな空気になりかけたのですけど、よく持ち直しましたね
235が技術的な部分での成長ではないのだけど、精神的な部分で成長したかも
というのも、自ら藤本の技をパクり「掟破りの〜」を仕掛けたから
その仕掛けた契機が、藤本得意のロープ貼り付けからのドロップキックを狙った所で
素早く横に移動し、藤本のドロップキックをスカして
逆に自身が、ロープ貼り付け(藤本とは逆に、相手をリング側に向かせる形ではあったが)
からのドロップキックを仕掛け
さらに、藤本得意の極楽固め、エースクラッシャーも仕掛ける
技の威力としては藤本のそれに及ばないし、当然のように藤本の怒りを買い倍返しされるのだけど
相手の得意技をパクれば、特に藤本の場合であれば、倍返しされるのは容易に想像できるわけで
それを解った上で、仕掛けているのであれば
これは235にとっての大きな成長・・・・なのかもしれません
ただ、対戦相手の技をただパクるだけでは意味がなくて
それにより対戦相手とお客さんを「ヒートアップ」させる事ができるのかどうか?
今回に関しては成功だったと思います
雪妃は、攻撃の思い切りのよさが、235相手ともち相手では全然違いますね
キャリアが浅いなりに考えて、ガッツリぶつかれる相手の方がやりやすいのかもしれません
終盤、235が藤本を場外でカットし、リング上はもちvs雪妃に委ねられると
もちは1度ヒップドロップを落としてから、リバーススプラッシュで勝負あり
ただ、この体重を生かした強力な技も、もちのフィニッシャーではない〜というのが
今の好調である宮城もちの強みなのかもしれません
腹部or腰に大きなダメージを受け、セコンドにおぶさるように退場した雪妃でしたが
後半の試合では、しっかりとセコンドに付いておりました
しかし、雪妃の右目には眼帯が・・・・
今日の試合中にアレしたものなのか、昨日以前からアレしたのか解りませんが
大きな負傷ではない事を祈るのみです
試合後の座談会では、もちがツカモトさんを挑発
以前「油断していると、タッグ選手権の挑戦権を奪い取る」と言われていた事を踏まえて
「タッグパートナーはいるのか?」とツカモトさんに問う
ツカモトさんは、雪妃や弓李にまで呼びかけるが、藤本のパートナーに名乗りでる人は無し
意外と人望がアレなのか取締役(笑)
これ以後、座談会の進行が少し荒れ気味になりました(微笑)

■第2試合 トライアングルリボン
紫雷美央 vs つくし vs 優華

元々の伏線として、水曜日に行われた
「大畠美咲vs紫雷美央vs優華」というトライアングルのカードがあり
WAVEでの正パートナー大畠と、美央が可愛がる優華(かつてはタッグ王座にも挑戦した事もある)
の間で美央が困る〜というシチュエーションだったようで・・・・
ちなみに、その試合後の大畠のTwitterのコメントがこちら
https://twitter.com/misakiohata/status/603544355924676608

その第2弾が今日のコレで
言わずと知れた現在のリボンタッグ王者は「紫雷美央&つくし」
ツカモトさんが言う所の「昼ドラ的展開」を期待していたお客さんは多かったようで(笑)
まず、試合前の握手から
「戦い」は始まっていましたね、つくし怖い(苦笑)
優華は試合開始早々に、水曜の大畠の言葉を信じないで美央さんだけを信じると
マイクを使わずに地声でアピール
試合が始まると、つくしが美央を「浮気者」扱いし美央に攻撃
美央が反撃すると、その勢いを利用して、つくしは後方のエプロンにいる優華に攻撃
これにより、優華が何度も落とされる
美央が「ちょっと魔がさしただけ!」「優華に罪はないだろ」と弁明しながら試合するも
つくしはますます美央への攻撃、優華への攻撃を強める
ツカモトさんはかなり早い段階で、セコンドに付いており
リング外にエスケープした美央を煽る・・・・悪い人だ(苦笑)
三者三様の3WAYの形にはなってきたものの
美央だけが精神的に何かを引きずっているらしく
逆に、つくしと優華は開き直って美央にも攻撃できるような状態になる
健気な若者の心を弄んだ美央は、つくしと優華の言葉の攻撃に疲れてしまったのか
あるいは説得を試みようとしたのか
「みんな違ってみんな良い」とか「みんな好きなんだよ」とか言い出す有様
最終的には、つくしと優華のダブルのドロップキックから
強引に逆さ押さえ込みのような形で
つくしと優華の2人が、美央から同時フォールを奪う形になりました
美央は体力的なダメージよりも、精神的なダメージが多いらしく
一部始終を見てほくそ笑むツカモトさんに、怒りをぶつけようとしますが
当然逃げるツカモトさん・・・・悪い人だ(2回目)

座談会では、つくしの愛憎モードが炸裂
「恋愛って難しいですよね」「(美央に対して)つくしだけを見てください」
ここまでは可愛げがあったのだけど
「つくしだけを見るって言って!」「浮気しないって約束して」「浮気したらどうする?」
と美央を追い詰める
何故か、つくしに抱きつかれ頭を持たれる形となった美央
美央が冷静に「(他のパートナーと組むのは)仕事だよ」と言うも
つくしはそれを聞き入れる様子は無く
美央は仕方なく「浮気はしない」と誓う・・・・いや誓いを強要されたと言うべきか
その間も、ツカモトさんは笑いっぱなし・・・・
いや、悪い人じゃないのですよ、実際あの光景は面白かったですから(笑)

(続く)
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する