ホーム > mixiユーザー(id:1587796) > mixiユーザーの日記一覧 > 世羅の蛍光灯デスマッチについて その2

mixiユーザー(id:1587796)

2015年05月22日01:06

235 view

世羅の蛍光灯デスマッチについて その2

先ほど、明日のニコ生の放送内容が変更になる事が発表されました

19時〜通常放送(アイスch/無料放送)
http://live.nicovideo.jp/gate/lv221869822
20時〜出張番外編〜デスマッチ討論会(ニコプロ)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv221874074
の2部構成になるそうです
デスマッチ討論会の出演予定メンバーは
【出演】藤本つかさ・紫雷美央・希月あおい・柊くるみ・松本都・世羅りさ
【討論会の進行】鈴木健.txtさん

※以下、1つ前の記事の続きです

「蛍光灯デスマッチを行う場合には、どんな準備が必要なのか?」
という事を
今回の「世羅&星野&稲葉 vs 成宮&宮本&イサミの蛍光灯デスマッチ」をやる・やらないを決定する前に
団体関係者は知っておいた方がいいと思うのですよ
もし「やる」と決めた後に「準備」について調べ始めて
「やっぱり準備できないから止めます」というのは、最悪なパターンですから(苦笑)

少なくとも、全ての発端である世羅は
どんな準備が必要なのか、知らなきゃいけないし
セコンドに付く可能性のあるアイスリボンの所属選手も、知っておくべきでしょう
(早い段階で「蛍光灯デスマッチ」をやらない事が確定すれば、別ですが・・・)
おそらく、言葉で説明するよりも、生で見た方が解ると思います
試合前のセコンド陣の動き、試合中のセコンド陣の動き、試合後・休憩時間の動き
試合が始まる前に何を準備しておかなきゃいけないのか〜とかね
近い所で、5月28日(木)に大日本・後楽園興行があります
平日なので、全員は無理でしょうけど、この日予定が空いているアイスの選手は
試合中の選手の動きと、試合前後のセコンド陣の動きを『勉強』するために生観戦してみてはどうでしょうか?
蛍光灯の飛び散り具合も目視できるように、南側の最後部などではなく
リングサイド周辺の座席をおススメしますよ

続いて、世羅が蛍光灯デスマッチにこだわる理由について
これが、今回にニコ生の放送の「肝」になる部分だと思います
ニコ生放送中に、世羅の口から
視聴者が納得するような形で理由を説明できればいいのですが
世羅の説明を聞いても、視聴者は「蛍光灯デスマッチをやる理由or必要性」がよく解らない
という事になる可能性もあると思います
多分・・・ですけど、理由は1つでは無さそうですから

以下に、その理由になりそうな事柄をちょっと挙げてみます
\宮を蛍光灯で攻撃したいから
⊆分とのタッグを解消した成宮を許せないから
自分とのタッグを解消した成宮を超えなきゃいけないから
ぜ分とのタッグを解消した事について、成宮に後悔させたいから
ダ宮との一連の出来事とは関係なく、前から蛍光灯デスマッチがやりたかったから
ΣI優螢椒鵑離蓮璽疋灰▲泪奪舛了邱腓砲弔い毒柴世靴討い覆いら
Г海裡郷優織奪阿覆蕕弌横浜リボンのハードコアマッチよりも凄い蛍光灯デスマッチが出来そうだから
┷廼瓠蛍光灯デスマッチを行っている女子選手がいないので、話題になるから
もっと成宮と試合をしたいから
「ミス東スポ2016」を辞退したから
横浜リボンで関係を終わらせようとした成宮を許せないから
まだ成宮との関係が終わっていない事を証明したいから
蛍光灯デスマッチを経験することで、成宮に近づけるから
蛍光灯デスマッチで勝つことが、成宮を超える事になるから
「蛍光灯デスマッチに挑む覚悟がある選手」である事を成宮に見せたいから
粟宮とのタッグを復活させたいから

こんな感じでしょうか

もし´↓きが理由の主な所だとすると
個人的な恨みをはらす為の場としての「蛍光灯デスマッチ」という事になります
そういう意地や意識が、名勝負を生む土台になるケースはごく稀にありますが
少なくとも世羅−成宮の間で、ファンはそれを見せられる事を望んではいないでしょうし
アイスリボンという団体として、そういうモチベーションで試合に臨むのはどうなのだろうか?と思います

もしキЛ┐理由だとすると、たぶんこう思うファンが出てくる
「蛍光灯デスマッチがやりたいのなら、世羅vs成宮のシングルで蛍光灯デスマッチをやればいい」
確かに、遺恨を清算するのがテーマであるならば、6人タッグよりもシングルの方がいい
(成宮がシングルの蛍光灯デスマッチをやりたいかどうかは別として)
例えば、会社側がマッチメークして、蛍光灯デスマッチを初めてやるという状況ならば
危険性を考慮して、シングルよりも6人タッグで・・・・というのであれば解る
ただ、今回は世羅が一選手として発信・提案した事によるカード
自分から「蛍光灯デスマッチ」を言い出しておいて
「シングルは怖くて危ないから、6人タッグで・・・」と言うのは
そこに甘え&身勝手さを感じる
最初から甘えを感じる選手の蛍光灯デスマッチなど、誰が見たいと思うだろうか
「女子選手の〜」という冠に引きずられた物珍しさ目当ての客は増えるかもしれないが
真剣にプロレスを見て、デスマッチを見ているファンからすれば
それは中途半端な、感動も興奮も何もない只のデスマッチ〜に成り下がるわけで
おそらく反対派の一部の人は、言葉にせずとも
世羅の「甘え&身勝手さ」を何となく感じているんじゃないかな

もしが理由の中心だとすると、かなり面倒くさい話になりそうですね
世羅のブログの内容が事実だとするならば
世羅自身が決断して辞退したのではなく、会社側(佐藤社長?)が辞退させたという事になる
つまり世羅からすると「辞退した」じゃなくて「辞退させられた」なので
これに対する不満や憤りは、結構な物があると推測されるのですよ
じゃあ、何故「辞退」という事になったのか?
「蛍光灯デスマッチを行い、肌に大きな傷が残った場合、東スポのグラビアタレントとして活動するのは適切ではないから」
という感じだろうか?
ただ、これにも問題があって・・・・上記の理由だとするならば
蛍光灯デスマッチに備えての覚悟、あるいは準備の範疇の話になるのですよね
「今の世羅には、こういう覚悟がある」として話すネタとしても
「辞退した」じゃなくて「辞退させられた」物なので、世羅が覚悟して自ら辞退したわけじゃないし
蛍光灯デスマッチをやる理由としては、あまりにも自己中心的過ぎる
対戦相手の3名にも、パートナーの星野&稲葉にとっても、ちょっと失礼な話だと思う
「ミス東スポ2016」で世羅に投票したファンには関わりがあるかもしれないけれど
その他、大多数の観客からしてみれば、全く関係のない話だしね
これを理由に、蛍光灯デスマッチをやらされたら成宮だってさすがに怒るでしょう(苦笑)

もしのような「成宮を超える」「成宮に近づく」であれば
世羅の気持ちは解らなくはないのですよ
解らなくはないけど、ちょっと方向性がズレていて
成宮がアイスを離れた理由は、ハードコアをやる為でもデスマッチをやる為でもないのですよ
たまたまラストマッチが、大阪のハードコアマッチになっただけ
それも、過去のタッグ選手権の防衛戦(ハードコアマッチ、vs伊東&チェリー)で
中途半端な試合をしてしまい成宮が後悔しており
成宮のリクエストで、ハードコアの苦い思い出を払拭するために、ハードコアの猛者であるイサミ&宮本がチョイスされたと
もし、成宮の移籍の発表が4月1日ではなく、もう少し後ならば
大阪は、また違ったカードになっていたはずでしょうし・・・
また、世羅の中では「成宮は蛍光灯デスマッチを経験している」という認識かもしれないけれど
M.I.O興行で行われたのは、有刺鉄線ボードデスマッチであり
たまたま尾崎が、蛍光灯を持ってきてしまっただけで
ちゃんとした蛍光灯デスマッチは、成宮だって未経験なのですよ
そしてREINA移籍後に、成宮は意識的にハードコアマッチに挑んでいるわけじゃないし
成宮自身が、それほどハードコアが得意というわけでもない
むしろ今の成宮が最も得意とするのは真逆のルチャスタイルではないだろうか?
もしかしたら、大阪の試合がショックで、
世羅の頭の中で「成宮=ハードコア」に置き換わってしまったのかもしれないけど・・・
もし「成宮を超える」が世羅の中の最大のテーマであるならば
今の成宮が最も得意とするであろう通常のプロレスルールで
堂々と3カウントを取るなり、ギブアップさせるなりすればいいはず

それ以外の番号の物も、ほとんどは行きつくところは
「世羅−成宮の関係性の継続」になるのでしょうね
もし、仮に世羅の希望通り、蛍光灯デスマッチが組まれたとして
世羅が流血しながらも、成宮から何らかの形で勝ったとしましょう
それで、世羅はその後に何をするつもりなのか?
「蛍光灯デスマッチで成宮に勝てば、それで満足・・・もう成宮とは関わらない」
という感じにはならない気がするのですよ
何か阿剖瓩ぅ縫絅▲鵐垢了を、成宮に言いそうな気がするのです
もし、最終目的がそれならば・・・・
「この蛍光灯デスマッチ、やる必要性があったの?」という話になっちゃいませんかね?

一番確実に、世羅の存在を、成宮に認めさせる事ができるのは
「通常のプロレスルールでシングルマッチ」だと思うのですけどね
覚悟を見せる云々の話は、横浜リボンで成宮が感謝の言葉を口にした時点で
もう済んでいる事だと、個人的には思っています
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する