mixiユーザー(id:1587796)

2015年02月22日23:41

360 view

我闘雲舞@板橋

行ってきました我闘雲舞の板橋グリーンホール興行
オープニングはいつものさくらによる前説
会社規模で10枚のチケットを購入してくれた方がいたようで
たぶん初観戦の人も多いだろうから、そういう方々の感想を聞いてみたいですね
とくに、今日のような素晴らしい興行の後だとね〜

さくらが、里歩、「ことり」、ふきん、帯広を呼び込んんで
恒例のアレにいくところなんだけど・・・・・
マイクを持った帯広がハイテンションになり過ぎて
言っている事がだんだん支離滅裂に・・・
「第3試合からメインまで」という発言は面白かったですけどね(微笑)

◆第1試合
北沢ふきん vs 初日の出仮面

技を繰り出す前に「何をやるのか宣言する」スタイルの初日の出
「初日の出仮面」としてはキャリアが浅いかもしれないけれど
中の人のアレを考えれば、中堅以上の選手なわけで
そんな多少の隙ぐらいで、ふきんに負けるような選手じゃないでしょう(苦笑)
「初日の出パンチ」と言って蹴りを出すなど
応用すれば新しい流れを作り出すのは可能なわけで
本人次第で、いくらでも「生まれ変わる」事はできると思いますよ

◆第2試合
趙雲子龍 vs DJニラ

趙雲がいつになく荒ぶっていましたね
漫画『グラップラー刃牙』シリーズの烈海王を知らないと理解できないネタを盛り込みつつ
何かの組織?を裏切ったニラさんを「私刑」する殺し屋のようでした
もちろん、ニラさんはニラさんなわけで・・・・・
シャイニング〜膝の上に居座る攻撃の応用編を見せたり
レフェリーの小さいタムタムが、一番災難だったのかも(苦笑)

◆第3試合
帯広さやか vs コマンド・ボリショイ

帯広は・・・・良い意味でうるさく、元気よく走り回る
もし趙雲が相手だったら「落ち着け」と一撃食らわせていたでしょう
帯広が休み明け〜という事を考えたら
かなり動けていましたね
大怪我をしていたわけじゃないからアレだけど
復帰戦特有のギコチナサみたいなものはありませんでした
かつてのアレとは異なり、リング練習がたくさんできる環境にありますからね
今のガトムーは
最後は、ボリショイのセンセイ固めで帯広がギブアップ
すぐにさくらがリングに上がり、帯広の肩を攻撃したことを責めたてるけど
それは、最初の30秒のみで(笑)
本題は、さくら&「ことり」のJWP後楽園ホール出場の件について
「ことり」のギャラ、さくらのギャラなど、非常にデリケートな問題を晒しながらも
どうにか出場が決定したようです

(続く)
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2015年02月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

最近の日記

もっと見る