mixiユーザー(id:1587796)

2015年02月02日23:54

444 view

大日本@後楽園ホール

行ってきました大日本@後楽園ホール

大日本では珍しく、展示場スペースを使用しての物販をやっていました
何か理由があるのかと思ったら
奥で、関本の壁ドン撮影会をやっていたようで・・・・・長蛇の列ができていました(微笑)
感想は短めに〜

▼オープニングタッグマッチ
丸山敦&大下敢 vs 橋本和樹&佐久田俊行

なんでもない、若手選手と中堅選手が組んだタッグマッチだったのですが
大日本特有の客の熱気と熱さと乗せる上手さが融合して
見事に盛り上がりましたね
試合序盤に、和樹に怒られた客は、もっと「野次」や「コール」の練習をした方がいいですね
大下も佐久田も、着実に成長していますよ

▼第2試合 6人タッグマッチ
ツトムオースギ&ヘラクレス千賀&忍 vs バラモンシュウ&バラモンケイ&植木嵩行
いわゆるバラモン兄弟の試合だったのですが
もっていったのは、バラモン兄弟でも植木でもなく忍
パンツを脱がされ、Tバッグよりもアレなアンダータイツ(ほとんど見えている)1枚で
あそこまで試合をコントロールできるのだから
たいしたものですよ(笑)
関本にシングルで勝利した事あるのは、伊達じゃないです(微笑)

▼第3試合 タッグマッチ
関本大介&神谷ヒデヨシ vs 河上隆一&関札晧太

新人・関札が試される試合
誰がどう見ても、関本がすごいのは分かりきっていて
それに肉薄する河上がパートナーにいるわけだから
一枚も二枚も落ちる関札が、何を見せるのか?がポイントだったのですが
現時点で、ここまでできれば十分すぎるほどの内容でした
若手3人の中では、関札が抜け出すのかもしれませんね〜

▼第4試合 スクランブルバンクハウスタッグデスマッチ
星野勘九郎&稲葉雅人 vs 稲松三郎&関根龍一

関根が星野から勝利し、大番狂わせ的な雰囲気になりましたが
デスマッチのキャリアが少ないだけで
一プロレスラーとしては、星野にそれほど劣っているとは思っていなかったので
個人的には、それほど「番狂わせ」とは思いませんでした
ただ・・・良くも悪くも、関根は流血が似合いますね(苦笑)

▼第5試合 蛍光灯プリズンタッグデスマッチ
宮本裕向&木高イサミ vs アブドーラ・小林&“黒天使”沼澤邪鬼
※4コーナータワー+蛍光灯200本を使用

かつての師弟コンビである、小林&沼澤ですが
やはりチームワーク的には、宮本&イサミの方が上でしたね
蛍光灯が多量にある状態で、動き回れること自体がかなり凄いのですが
これだけスペシャリストが揃うと、凄い事が凄い事だと伝わりにくいわけで
そういう意味では、小林がいることで
1つのリズムというかアクセントになっているのでしょうね
沼澤が宮本を丸め込んでフォール勝ち
デスマッチヘビー級王者の宮本から勝利したということで
次回3月1日の後楽園で、沼澤vs宮本のタイトルマッチが決定
ルールは画鋲と剣山を用いた針地獄デスマッチになるようです
・・・・金の雨が降るかもしれませんね
大日本プロレスでは、広く剣山を募集しております(微笑)

▼セミファイナル ボブワイヤーボードタッグデスマッチ
伊東竜二&高橋匡哉 vs 竹田誠志&塚本拓海

セミ前の凄いデスマッチとメインのタイトルマッチに挟まれて
わりを食ってしまう形になりましたが
竹田がかなり好調のようでしたね
伊東が塚本からフォール勝ちしたものの、以前のようなコンディションの良さはないかも
もし、この面子で次期デスマッチヘビー級の挑戦者決定戦が行われたら
伊東ではなく、竹田が勝ち取るような気がします

▼メインイベント BJW認定世界ストロングヘビー級選手権試合
<第5代王者>石川修司 vs <挑戦者>岡林裕二

・・・・凄すぎましたね
今の石川と、今の岡林がシングルで戦ったらどうなるか
とんでもない事になるのは容易に想像できますが
実際は、やはりとんでもない試合になりました
関本がいないストロングヘビー級選手権のメインで
ここまでの試合が見れる日が来ようとは・・・・・・・
例えるならば、ゴジラvsメカゴジラ、ゴジラvsキングギドラみたいな感じですよ(笑)
岡林のパワーは、やはり凄くて
手4つで、あの石川修司を真正面から押しつぶしましたからね〜
それでいて、ウルトラタイガードロップや浴びせ蹴りなどを秘策を繰り出してくるし(笑)
何度も「岡林が勝った!」と思う場面はあったのですが
それをねじ伏せた、石川修司も凄いですよ
石川修司の防衛、そして次の挑戦者に関本を指名!
個人的には、両国まで「石川vs関本」を寝かせておくかと思ったのですが
まあ、それはそれとしてね(微笑)
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2015年02月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728