mixiユーザー(id:15877055)

2020年07月21日08:37

44 view

最期に断られた往診

さくやくんの主治医は、うちから歩いて10分のところの

40代くらいの男性医師と、そのお母さんが助手でやってる

ふたりきりの小さな動物病院でした

はじめの頃は、機械に頼らず、五感で診てくださるし

さくやくんにも、対応がやさしかったので

「あそこは、行かないほうがええで」と言われても

そんなに気にせず、通っていたのですが・・・

あのとき、呼吸が止まったり、どうしようもないとき

往診に来てくれませんか、と、電話でお願いしたら

「今日は雨が降ってるし、ちょっと無理ですね」

って・・・耳をうたがったけど、文句を言う気力もなく

「じゃあ、このまま、見守るってカタチですかね」って

それだけ、言い返すのが、やっとでした

晴れている日は、楽し気に、自転車で往診に来てくれたのに

雨だから・・・雨、雨が降ってる からって、ダメなんて!

他の動物病院は、初診では、往診に来られない って

もっと早く、セカンドオピニオンの病院をつくっておけば!

あとから、あとから、後悔の念がわいてくる

さくやくんが旅立った日の夜、その男性医師から電話があった

火葬を頼んだ業者から、連絡が入ったから・・・と

「なにもできず、申し訳ありませんでしたね」って

もう、なにも言うことはなかった

ただ、ありがとうございました、と、電話を切った

火葬業者は、男性医師の友人だという(ネットのカキコミで知った)

病院の駐車場で火葬してもらえて、いっしょに骨もひろってくれて

火葬業者の方も 「〇〇先生は、やさしいから」 と言ってたけど

本当にやさしかったら、往診に来るだろうし

「その後、どうですか?」 と、電話の1本もあったはず

点滴を打つ打たないで、ずいぶんと講釈をたれて

「看取る覚悟ができてるんですか」とか、主人に向かって

見下すような発言をして、衝突しかけたり、いろいろあったけれど・・・

先生、あなたは情熱を失ってる

病名をつけて、薬を出して、看取って、火葬を依頼する

ただ、それだけじゃないよ

家族なんだから

どれほど短くても、たとえ犬でも

家族だったんだから!

動揺したり、あがいたり、泣いたり、迷ったりする

それが、当たり前の姿なんじゃない?

もう二度と関わらないし、すべて忘れる

さくやくんとの記憶の中に、あの病院は残さない

残った薬は、お礼のお酒と一緒に、全部返した

「安い薬じゃないので、野犬を保護した人がいたら

 使ってあげてください」 と、メモに書いて

「ちゃっかり、診察したとき出してるかもな」

と、主人が言ったけど、それならそれまでのこと



火葬されるあいだ、そばを離れなかった

きっと、さくやくんは大きなボイラーの音をこわがる

ダイジョウブだよ、そばにいるからね

お母しゃん、ずっと、いっしょにいるから

火葬車の中のお窯に向かって、手を合わせながら

お散歩のとき、バテそうになるといつも口ずさんだ

自作のあの歌をうたってあげた


 ゆっくり ゆっくり さっくん♪

 つよいぞ えらいぞ さっくん♪

 いっしょうけんめい あるいてきたよ

 がんばれ がんばれ さっくん♪


ちょうど、梅雨の晴れ間で、青空がのぞいてた

ああ、あそこの雲のすき間から、天国にのぼるんだね

さくやくん、一番いいところに行くんだよ

お母しゃんも、じきにいくからね

たまえお兄ちゃんといっしょに、待っててねーーぴかぴか(新しい)

・・・

まだまだ、涙がとまらない

ダメ飼い主ですあせあせ(飛び散る汗)












■本日のほにゃほにゃニュース
再会を喜ぶワンコがかわいすぎる!! 散歩中の再会ごっこを描いた漫画
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=128&from=diary&id=6165364
1 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月21日 09:10
    頭がいいだけで医師や獣医になると、そんなことあるのかもしれません。

    わたしの父はそんな医師に暴言吐かれて、精神的にまいったこともありました。

    さくやくんのため、懸命に最期まで看取られたから、さとこさんも旦那さまも、さくやくんはきっと感謝しているはずです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月21日 09:31
    > mixiユーザー 

    お父様も、ひどい暴言を受けられたことがあるんですね

    経済的に豊かで、あまり苦労してこない人だったら

    相手の気持ちには鈍感になるだろうと思います

    どんなにいい人に見せても、やさしく感じさせても

    たった一言で、それまでの信頼が崩れてしまって

    なんだ、こんなヤツだったんだ、とガッカリさせる

    ジブンも、そうならないように気をつけようと

    いろいろ考えさせられました

    注射も下手だったし、爪切りしても血を出してたから

    さくやくんも、あの医師は苦手だったと思います

    ごめんよ、さくや君あせあせ(飛び散る汗)

    頼りになったのは、犬友の皆様でした

    どんな獣医よりも、実際に犬を飼っていて、看取った経験のある方々のアドバイスが、一番役に立ちました

    みやしゃん。さんにも、感謝ですぴかぴか(新しい)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月21日 16:03
    > mixiユーザー 

    有難うございます。父は亡くなりましたが一時期生きる気力なくすくらい。。

    さくやくんにとり、さとこさんと過ごせた時間は宝物でしたよ。

    わたしも一人暮らしはじめて半年で迷いインコをほごして、その子もすぐになくなりましたが、我が家の子になれて最後は良かったのかな、と思ってます。

    外でどれだけこわい思いしただろうかと。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月22日 13:04
    > mixiユーザー 

    お父さま、よほどショックを受けられたんですね

    生きる気力をなくすくらいなんて、尋常じゃありません

    よほど無神経な獣医だったのでしょうね

    迷いインコは、カラスの餌食になったりするので

    保護してもらって、とても安心したと思います

    たとえ、わずかな期間であっても、雨風しのげて

    やさしい飼い主さんがいて、ゴハンももらえる

    そんな、いい環境に置かれたこと、とても感謝していて

    いまごろ天国で「ありがとう」 って言ってるはずです
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月23日 00:39
    難しい問題ですね。獣医さんって、実はすごくストレスを感じる業種だと聞いたことがあります。
    今回の件ではもう少し気遣いがあってもよかったのかな?と思いますが。人間の子供でなく犬だからって考えは、飼い主さんから見れば子供と同じ!そこが分かる獣医さんであって欲しいと思います。多くの獣医さんはそういう考えを持って対応していると信じておりますが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月23日 09:06
    > mixiユーザー 

    もう年だから、打つ手がないから、どうせ助からない

    そんな風にとらえて、救いの手を出そうとしなかった

    もしも、そうだったとしたら、本当に悔しいですが

    たまたま、時間がなくて、予定が入ってた

    土曜日で、午前中のみの診療だったから・・・と

    悔しい気持ちを水に流そうと思います

    人間の子といっしょで、かけがえのない存在

    どうでもいいや、メシの種だ、と割り切れるなら

    獣医さんじゃなくて、ただの獣師です

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する