mixiユーザー(id:15834251)

2017年02月14日10:24

302 view

☆★☆ コブラインタビュー ★私のインタビュー整理ノート 9★ その2 ☆、。・:*:・゚

☆★☆ コブラインタビュー ★私のインタビュー整理ノート 9★ その2 ☆、。・:*:・゚
【 クラウドシップ 】

https://www.quadratin.com.mx/principal/nuevas-imagenes-fenomeno-natural-cautivo-a-michoacan/

◎ Q : この種の雲について、教えて欲しい。



★ A : これらは実際に、クラウドシップだ。
クラウドシップとは、エーテルのマザーシップの周りに雲が集まったもの。

エーテルの船が、物質界で見えるようになる為の一つの方法だ。
現在、起きているソフト・ディスクロージャーの一環である。



◎ Q : 船の周りにある、排気ガスや尾のように見えるものは、何か?



★ A : 雲の形が、母船の形を完全に反映している訳ではない。
湿度や風向きなど、自然の力や要素も、雲の形成に関係している。

それでも、船の基本的な形は認識できる。



【 人道的支援基金 】

◎ Q : 複数の White Knight 筋によると、新たな「善意の」世界金融システムが実現しつつあるとのこと。
数ヵ月以内に、人道的支援基金が分配されるという噂がある。

その可能性は?



★ A : この基金がいつ、どのように分配されるのかに注意を集めるのではなく、イベントやリセットを待たずに、自分で豊かさを生み出して欲しい。
この手の質問には、リセットと基金の放出はイベント時に起きるのであり、イベント前ではないと答えるのみだ。

イベント前ではない理由は、単にカバールが排除されていなければならないからだ。
当然、カバールは資金の分配をブロックしているし、地球で権力を握っている限りは、そうし続けるだろう。



【 エノク書 】

◎ Q : エノクは、何者か。
彼の使命は、何だったのか。

エノク書で明かされた巨人、ネフィリム、天使、大天使について教えて欲しい。



★ A : 所謂(いわゆる) Seer、或いは預言者の一人だった。
高次の自己と、強く繋がっていた。

彼には、強烈なコンタクト経験があり、その経験を本に描いたのだ。
それは、彼が知っていたこと、体験したことのほんの断片に過ぎない。



◎ Q : エノク書には、セムヤーゼや、Astaroth に由来する Ashtar の名がでて来るが、どちらも「堕天使」や悪意を持つ悪魔の名前だという。

人類を欺すのは、誰の意図なのか?
エノク書の、この部分に関して教えて欲しい。



★ A : その時代の古い教典と同じく、エノク書も、カバールの都合のいいように変えられて来た。

4世紀、所謂(いわゆる)アルコン、コンスタンティヌス大帝の時代に、ほとんどの教典、古文書が新しいアジェンダに合わせて変えられた。
実際には Astarothは、女神の名前だ。

4世紀に導入された新キリスト教カルトは女神を抑圧したかったので、エノク書が変えられたのだ。



◎ Q : 質問者は、Ashtar を Astaroth としているが、別々の存在では?



★ A : Astaroth は女神の名前であったが、あるソースはこれを Ashtar に変えた。
Astarothは、Ashtar のツインソウルである Astara の名前に由来する。

どちらも、ポジティブな存在だ。



【 福島 】

◎ Q : 福島原発の放射線レベルの最新情報を、教えて欲しい。



★ A : 原発に近いところ以外は、非常に低いままに留まっている。
原発を中心とした直径10~15マイル(約16~24辧砲糧楼呂任蓮∪犠鐫佑鮠絏鵑辰討い襪、他の場所はどこも大丈夫だ。



◎ Q : 日本や近隣諸国の人達に、害はないのか?



★ A : 大丈夫だ。



◎ Q : 他の国の人々にも、害はないのか?



★ A : ない。



◎ Q : 海洋や、魚には?



★ A : 多少の汚染はあったが、海洋汚染の大半は、福島原発からのものではない。



◎ Q : 銀河勢力は、綺麗にして助けてくれたのだろうか?



★ A : もちろん、助けてもらった。



【 蒼頡(そうけつ Changjie) 】

◎ Q : 蒼頡(そうけつ)が、飛んでいる鳥からインスピレーションを得て、漢字を発明したと言われている。

彼について、知っていることを教えて欲しい。
彼は、別の恒星系から来たのか?



★ A : 彼は、スター・ビーイングだ。
この太陽系で、かなり長いこと転生し続けていた。

彼は、トゥバン恒星系の、ポジティブな存在達の接触を受けた。
(新式でない)伝統的な中国文字は、トゥバン恒星系から来ている。

トゥバン(ツバーン)は、龍座のα星だ。



【 ヨーロッパ 】

◎ Q : 私は、ロシアのプロパガンダと、ヨーロッパ、アメリカに対する支配を恐れている。

私達は、ロシアがクリミアで行ったことを見た。
同じことを、ヨーロッパでも行うのではないかと心配だ。

ヨーロッパ人は、ロシアが西ヨーロッパを乗っ取るのを、どの程度気にかけたらいいのか?



★ A : ロシアには、ヨーロッパを乗っ取る意図など全くない。

プーチン大統領は、平和と安定を政策の原理としており、その原理に従っている。
実際に、彼は中東に、その地域の誰よりも平和をもたらした。

もし、貴方にその状況を見ることができれば、彼の影響は、その地域のどの大統領のものよりも、遥かにポジティブなものであることが分かるだろう。



◎ Q : 私達は、プーチンが光の勢力に協力していることを、どうやって知ることができるのか?



★ A : 彼の行動によって。



◎ Q : ヨーロッパの人達の心を静める為に、もう少し情報が欲しい。



★ A : ヨーロッパのほとんどの人達は、プーチン、或いはロシアを恐れてなどいないだろう。
恐れている人達も居るが、それは基本的にメディアのプロパガンダのせいだ。

ヨーロッパのメディアは、反プーチン色が極めて強い。



◎ Q : アメリカと似たようなものか?



★ A : とても、似ている。



【 南極大陸 】

◎ Q : 南極の古代文明について、教えて欲しい。



★ A : 先ず、はっきりさせねばならないことは、南極は、アトランティスではない。

アトランティスは名前が示すように、アトランティック・オーションにあった文明だ。
大西洋に、ある島があったのだ。

しかし、アトランティスはコロニーを持っていた。
それらは、南極に形成された文明だ。
それは、遥かに古くETに由来するものだ。

最初に、セントラル種族が南極で暮らす基地があった。
後(のち)に、他の種族も訪れて足跡を残したが、氷の下で発見されないままだった。
特定の物事が発見されており、特定の人々がそれについて大々的に書いていた。

ここ数年カバールは、イベント前に、そこへ逃げようと計画している。
もちろん、そのような計画は成功しない。



◎ Q : 南極の氷が皹(ひび)割れるのを心配するのは、当然のことか。
皹(ひび)割れは、氷の下で進行中のことと関係しているのか?



★ A : 当然、氷は皹(ひび)割れるし、それは、何も異常なことではない。
常に起きていることだし、地球上の生物をどうこうするようなものでもない。



◎ Q : 南極で、何が進行しているのか?



★ A : 先ず、カバールがそこに逃げる計画を立てている。
大量逮捕前に隠れる為の地下基地を、いくつか造ろうとしているのだ。

氷の下の遺跡について、完全ではないにしても、公にされた発見があったということも本当だ。
既に、報告されている通りだ。

しかし、似たような遺跡は、サウジアラビア近くの浅瀬にも見つけられるだろう。
サウジアラビアが、これほど強くイエズス会やカバールに支配されているのも、これが理由の一つだ。

どこで何を探せばいのか知ってさえいれば、南極よりもずっと容易に到達できる。



◎ Q : 南極には、地下への入り口、ポータルがあるのか?



★ A : 他の場所と同様に、そこにはたくさんのポータルがある。



【 2004年の津波 】

◎ Q : 2004年に起きた(スマトラ島沖地震による)津波は、カバールによって起こされたのか?



★ A : 違う。
その津波は、ギャラクティック・ソースからの電磁パルスによって、引き起こされた。

とても強烈なガンマ線バーストがあり、電磁パルス、重力波が構造プレートに作用した。
それから2日もたたない内に、津波がというか、津波を誘発した地震が起きた。



【 マオリ族 】

◎ Q : ニュージーランドのマオリ族は、どこから来たのか?



★ A : シリウス恒星系と、更に遠いところ……銀河の中心方向……から来たものも居る。



◎ Q : マオリ族は、アトランティスと繋がっているのか?



★ A : もちろんだ。
アトランティスのコロニーだけでなく、レムリア時代のコロニーにまで遡(さかのぼ)る者もいる。



【 シャスタ山 】

◎ Q : シャスタ山は、2006年頃から感じが変わって来たように思う。
かつてはマジカルな魅力が感じられたのに、そうでなくなった。

2006年頃に、そこで何があったのか教えて欲しい。



★ A : 基本的に、キメラグループとアルコンが、そこのエネルギー・グリッドを汚していた。
その試みは、シャスタ山の町では非常にうまくいったが、山の高い方では成功していない。



【 女性行進 】

◎ Q : トランプ大統領の就任式翌日に、世界規模の女性行進があったが、多くはネガティブなもので、怒りを持つたくさんの人が参加していた。
このような行進によって、何か良いことがなされたのか?



★ A : あまりない。



◎ Q : 女神のエネルギーは、表されていたのか?



★ A : あまり、表されていない。



◎ Q : 女神のエネルギーといえば、メラニア・トランプはファーストレディとして、ポジティブなことを生み出せると思うか?



★ A : それは、彼女の自由意志に基づく行動にかかっている。
現時点では、彼女が善良な側の主要人物には見えない。



【 デビー・レイノルズとキャリー・フィッシャー 】

◎ Q : 12月の終わりに、キャリー・フィッシャーが、数日後に母親のデビー・レイノルズが死亡した。
消された可能性はあるか?



★ A : カバールが、彼女達の人生行路に干渉した。



【 ピラミッド構造物 】

◎ Q : 銅製のピラミッド構造物に、投資する人がいる。

それらの利点は、何か。
地球解放の、助けとなるのか?



★ A : ピラミッドは、高次の自己と繋がり易い神聖幾何学の形をしている。
そして、銅は貴金属の一つで、スピリチュアルな光を伝える。

だから、これにはポジティブな効果があるのだ。



【 他者の信念体系 】

◎ Q : 強い信念体系を持つ人達に対し、真実に基づくディスクロージャーにもっと心を開くよう促すには、どうすれば一番いいのか?



★ A : 心を開いていない他者の、信念体系を変えることはできない。
既に心を開いて問いを発し、より深い真実を探している人達を手伝えるだけだ。



【 Agartha WorldSymposium 】

◎ Q : 2017年3月の、アガルタ世界シンポジウムは、光の勢力が主導した取り組みか?



★ A : アガルタネットワークを理解している、ある人物が主導したものだ。
もちろん、光の勢力はこれをサポートしている。

地表の住人に、アガルタネットワークをもっと知ってもらえるからだ。
それは、公式な繋がりではない。

アガルタと地表の住人との、正式なコンタクトではない。



◎ Q : オーガナイザーは、Tamarinda Maassen のようだ。
この人は、自分が本物の使節なのか知りたがっているが。



★ A : もし、彼女が、自分が使節であることを知っているなら、こんな質問はしないだろう。
彼女は、アガルタネットワークの存在を地表の住人に気づかせることで、良いことをたくさんもたらせる。



◎ Q : この催しは、アガルタのファーストコンタクトのプロトコルにとって、意味あることなのか?



★ A : 助けとなる。
地表の住民を目覚めさせる一つ一つのイベント、一つ一つの活動が、コンタクトのプロトコルの一部だ。



【 ポケットの磁石 】

◎ Q : Kerry Cassidy は、ライトワーカーは、ポケットに磁石を入れておくとよいと言った。
磁石は、キメラグループの武器攻撃を撥(は)ねつけるという。

磁石は、明らかに攻撃を減らしている。
ポケットの磁石の効果について、知っていることを教えて欲しい。



★ A : 磁場は、ネガティブなプラズマを寄せつけない効果があるので、これは本当のことだ。



◎ Q : 他にも、そのような攻撃から身を守るのに役立つ方法を、簡単にあげて欲しい。



★ A : 特定の光周波数、ある周波数、瞑想、レーザー技術。
ウェブサイトで実際に売られているテクノロジーには、プラズマに対して本当に効果を持つものもある。

様々な瞑想テクニックもあり、私のブログ上でも発表した。



【 ダークマター 】

◎ Q : オーストラリアの小さな町の金鉱が、今ではダークマターの調査に使われているというが、本当か?



★ A : 先ず、明確にしなければならないのだが、ダークマターのダークは、ネガティブという意味でのダークではない。

可視領域で、検出できないだけだ。
それは、電磁探知装置で検出できない。

私なら、むしろ、クリアマターと呼ぶだろう。
我々の通常の検出方法では、見えないからだ。

物理学者が、その物質は何なのか、どのように振る舞うのか、本当に存在するのか知りたければ、実験するのみだ。
ダークマターにネガティブなことは、何もない。



【 ホルスの目 】

◎ Q : ホルスは善良だが、彼の象徴は、闇の勢力に乗っ取られてしまった。
もし、ホルスの目に助けを呼びかけた場合、私達の願いは闇の勢力に操られるのか?



★ A : 貴方の理解力に、かかっている。
貴方が、ホルスの目が実際にポータルであることを正しく理解して、それをポジティブな目的の為に使えば、貴方はそこへ辿りつくだろう。

ポジティブな繋がりができるだろう。



◎ Q : ホルスの目に呼びかけたからといって、闇や、闇の影響を招いていることにはならないのか?



★ A : ならない。



【 マリーナ・アブラモヴィッチ(MarinaAbramovic) 】

◎ Q : 彼女は、闇の勢力に協力しているのか?



★ A : そうではないが、その人物の芸術は、あるオカルト的理由の為に闇の勢力に操られている。



◎ Q : 何故、彼女は“The Spacein Between”という映画を作ったのか?
映画の中で彼女は、神聖な場所と儀式をブラジルに探している。

何故、ブラジルなのか?



★ A : 彼女を通して作用しようとしている、強烈なオカルト勢力がある。
ポジティブな勢力もあったのだが、その反対側との強い結びつきがある。

彼らは、彼女の作品を、ネガティブなエネルギー・グリッドの為に使いたがっている。
しかし、彼女自身は闇の勢力の一部ではない。

彼女は、答えを求め、真実を求めているに過ぎない。
そして、その探求が操られて来たのだ。



【 非道な戦術 】

◎ Q : 闇の勢力の破綻が差し迫っているので、彼らは、より非道な戦術を使うのではないのか?



★ A : ある意味ではそうだ。
しかし、闇の勢力には、まだ自分達が負けることに気づいていない者もいる。

だから、まだ完全にそこまでの段階に至っている訳ではない。



【 球体連合(SphereBeingAlliance) 】

◎ Q : 球体連合のようなものは、あるのか?



★ A : これは、特定の人達によって使われている特定の用語であり、アライアンス……私ならセントラル種族と言うが、深入りしないでおこう……の一つの側面を表している。

私は、一部の情報ソースと全く同じように、このアライアンスを見ている訳ではない。
私はこれを、より大きな銀河連合、この惑星を解放したがっている光の銀河勢力の一部と見ている。



【 ロスチャイルドの降伏 】

◎ Q : 貴方のブログに、イベント前にロスチャイルドが降伏する可能性についての記事があった。
この家族の逃亡を早める為に、私達に何ができるか?



★ A : それは、ありそうにない。

いくらかの可能性は、あった。
去年の夏に交渉が行われたが、纏(まと)まらなかった。

だから、この派閥がイベント前に降伏する可能性は、極めて低い。



【 エリア51 】

◎ Q : 具体的に教えて欲しいのだが、エリア51の再目的は、何か?
今、どの勢力が、エリア51を率いているのか?



★ A : エリア51にはまだ働きが残っているが、もっと機密性の高い、ETのリバースエンジニアリングなどは、ユタの別の基地に移されている。

(インタビュー了)


【 参考 】 射手座 http://www.eyelash-carrie.com/open_qhm/

2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2017年02月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728