mixiユーザー(id:15695533)

2021年01月06日16:09

53 view

多摩霊園の鳥たち

2021年1月6日、明日にも首都圏に緊急事態宣言が出そうな状況で、有名人のお墓巡りで多摩霊園に出かけました。向田邦子、与謝野晶子・鉄幹、岡本太郎などの墓巡りをして、浅間山公園に続く雑木林にある野鳥スポットに向かいました。岡本太郎の墓は小さな美術館のようです。

ここには水場と餌をあげる人が居て、いつもカメラが並んでいるところです。あまり期待せずに立ち寄ったのですが、思いのほか多くの鳥に出会いました。中でも、きれいなルリビタキのオスにめぐり合ったのはラッキーでした。

水場の両端にシロハラが居て、その間にメジロが4羽並んでいる写真とルリビタキのオスをアップします。切り株にワームを置いて、降りてきたところで、エサの力なのかしばらく動きませんでした。
1 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月07日 11:32
    あけましておめでとうございます。向田ファンの竹とんぼさん.新年の御挨拶とは律儀な。シロハラを左右にメジロの写真は良いですね。今年も宜しくお願いします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月07日 16:21
    > mixiユーザー あけましておめでとうございます。今日にも緊急事態宣言が出されるようですが、約100年前のスペイン風邪の時に、劇場や映画館のように人の集まるところの営業停止という政策を取らない政府に異議申し立ての記事を新聞に投稿したのは与謝野晶子でした。子だくさんの晶子は多くの子供がスペイン風邪に罹ったようで、今と変わらない対策を訴えていた、社会的感覚に優れた人でした。それで、お墓の前で、限定的な政策を取ろうとしている現状をぼやいてきました。向田さんと岡本太郎のお墓では、それぞれ現状のコロナ禍をみたら何て言うだろうと考えていました。
    ちなみに、野鳥スポットの水場は銭湯のようにいろんな鳥が水浴びに交代で来ていましたよ。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する