ホーム > mixiユーザー(id:15623721) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:15623721)

日記一覧

戦国時代
2019年12月31日19:43

戦国時代 日本の武家政権  なぜ愛知なのか ――――――平安時代 平清盛 三重県松阪市 ――――――鎌倉時代 源頼朝 愛知県名古屋市 ――――――室町時代 足利一族 愛知県岡崎市 ――――――安土時代 織田信長 愛知県愛西市 ――――――桃山時代

続きを読む

2019美術展ベスト10・・・旅する哲学者 美への旅大久保 正雄『旅する哲学者 美への旅』第202回理念を追求する魂は、邪知暴虐な者と戦い、闇の彼方に、美を求める。理念の人は、運命と戦って、輝く天の仕事を成就する。空海、孔子、織田信長、李白。即身成仏

続きを読む

黒き猫は、37歳で病で亡くなった菱田春草の孤高な姿を思い浮かべる。細川家の至宝、珠玉の永青文庫コレクション・・・織田信長「天下布武」と菱田春草「黒き猫」https://bit.ly/2Pjv8Kx

続きを読む

2019年美術館の思い出見えざる美を探求する。理念を探求する思想家、見えざる美をみる詩人、不可視のイデアをみる藝術家。本質は目で見えない。心の目でのみ見ることができる。大久保正雄『永遠を旅する哲学者 イデアへの旅』美術館スケジュール2019年・・・

続きを読む

織田信長、参考文献、大久保正雄――織田信長、元亀の争乱。武田信玄の死。絶世の美女、生駒吉乃・・・戦う知性 https://bit.ly/2oacbQH 織田信長、第六天魔王、戦いと茶会・・・戦う知識人の精神史 https://bit.ly/2CQlxoY 織田信長、参考文献 織田信長、大

続きを読む

【神泉苑花宴賦落花篇】 嵯峨天皇御製  「凌雲集」より過半青春何所催    和風數重百花開 芳菲歇盡無由駐    爰唱文雄賞宴來 見取花光林表出    造化寧假丹青筆 紅英落處鶯亂鳴    紫蕚散時蝶群驚 借問濃香何獨飛    飛來滿坐堪襲衣 春

続きを読む

絶世の美女、憂愁の王妃、才色兼備の美女と強欲な女・・・美と復讐の精神史、第3巻 大久保 正雄『旅する哲学者 美への旅』201回 【運命と戦う美女】絶世の美女は、運命に翻弄され、運命と戦い、知性と美を以って、逆境を超え、波瀾の人生の果てに、どこに到

続きを読む

「インドラの網」と天の子供ら 「雁の童子」と「インドラの網」の関係  「『雁の童子』と砂漠で発掘された有翼の天使」で述べたように、「雁の童子」は、大乗仏教の源流となっている地域であるタクラマカン砂漠のオアシス都市を舞台とし、その地域での天使の

続きを読む

諸悪の根源、軍産複合体
2019年12月25日03:54

諸悪の根源、軍産複合体戦没者230万人:6割「餓死」の学説も 無謀な作戦が惨劇招く - 毎日新聞https://mainichi.jp/articles/20140815/mog/00m/040/005000c『 人間を支配するには暴力とテロリズムに訴えると最善の結果が得られる 』『 自ら戦争を誘発し

続きを読む

自由主義者が弾圧される時代。大逆事件の幸徳秋水処刑1910年、甘粕事件の大杉栄1923年9月16日、治安維持法1925年、二・二六事件で北一輝処刑1936年、小林多喜二、獄中死1933年。近衛文麿失脚1941年。http://bit.ly/2qVd6oU 【思想家を弾圧する国家】大逆事件

続きを読む

エジプト、王家の秘密、絶世の美女 【エジプト王朝、3大美女】ネフェルティティ、アメンホテプ4世の王妃。第18王朝。「美しき者来りぬ」。ネフェルタリ、ラムセス2世の第一王妃、8人の妃の中で最も美貌、若くして死す。第19王朝。クレオパトラ7世39歳。紀元

続きを読む

水木さんの「幸福の七ヶ条」「何十年にもわたって世界中の幸福な人、不幸な人を観察してきた体験から見つけ出した、幸せになるための知恵」七か条水木しげる「幸福の七ヶ条」・・・美しい守護精霊は美しい魂を守る第一条 成功や栄誉や勝ち負けを目的に、こと

続きを読む

売れない絵画はただのゴミ。ある有名な日本画家が、亡くなる前に、残った自作を焼却した。その理由は。久里洋二たとえば、200号の絵画は、売れずに残る。それが100点あるとゴミ屋敷。不要な絵画を処分する業者が存在する。不要な絵画、処分するには、1点1万円

続きを読む

海より深い母の恩、メリークリスマス 師走の風吹く、枯葉舞う午後、病院の深窓、病床に眠る母、守りたまえ、母の命を、海より深い母の恩、愛染明王の密教真言、唱える。賢者の贈物、智慧を愛する者を永遠に守る、不朽の知恵、海より深い母の恩、油絵の先生か

続きを読む

「人体 神秘の巨大ネットワーク」プロローグNHKスペシャル「人体」 命を支える“神秘の巨大ネットワーク”https://www.nhk.or.jp/kenko/special/jintai/sp_2.htmlNHKスペシャル「人体」 “腎臓”があなたの寿命を決めるhttps://www.nhk.or.jp/kenko/specia

続きを読む

美食倶楽部、精選名店
2019年12月19日02:12

美食倶楽部、精選名店京都大学、医学部、芝蘭会館、別館http://www.med.kyoto-u.ac.jp/shiran/zenkan/ 東京会館、銀座スカイラウンジ、オムレツ ランチ2800円https://r.gnavi.co.jp/g063101/lunch/ 玲、カフェ&ダイニング、銀座東京都中央区銀座7-6-11 ミク

続きを読む

上智大学ソフィア会、ソフィア文化芸術ネットワークソフィア会、ソフィア文化芸術ネットワーク、新人会員、募集のお知らせ:書物が好きな人、文化を愛する人、お気軽に、ご参加下さい。 会合、上智大学、ソフィアンズクラブにて1月〜11月、委員会、出席。 活

続きを読む

王家の秘密 エジプト【エジプト王朝、3大美女】ネフェルティティ、アメンホテプ4世の王妃。第18王朝。「美しき者来りぬ」。ネフェルタリ、ラムセス2世の第一王妃、8人の妃の中で最も美貌、若くして死す。第19王朝。クレオパトラ7世39歳。紀元前30年。権力者が

続きを読む

幻の名菓 幻の美食
2019年12月17日02:17

幻の名菓 幻の美食京都大学、医学部、芝蘭会館、別館http://www.med.kyoto-u.ac.jp/shiran/zenkan/ 知られざる名和菓子、斗升最中、滋賀県、たねやhttps://taneya.jp/okashi/monaka/masumasu.html幻の名菓 幻の美食知られざる名和菓子、斗升最中、滋賀県、

続きを読む

【「残酷な天使のテーゼ」】作詞家、及川眠子。波乱の人生。25年間、平均年収3千万円以上、印税6億円。だが、トルコ人の元夫の事業に3億円を費やし、離婚時には7000万円の借金を背負う。「他人のお金で事業をしても、危機感が欠如するため成功しない」と語っ

続きを読む

宮澤賢治、輝く天の仕事 藝術家と運命の戦い天に仕える仕事宮澤賢治(1896—1932)は、詩人の魂を生きた。生の糧を得るよりも精神の糧を求めることに生涯を生きた。―――藝術家は運命と戦う。藝術家は運命に苦悩する。運命との戦いの中から藝術は生まれ

続きを読む

織田信長、『旅する哲学者 美への旅』――織田信長、元亀の争乱。武田信玄の死。絶世の美女、生駒吉乃・・・戦う知識人の精神史 https://bit.ly/2oacbQH織田信長、第六天魔王、戦いと茶会・・・戦う知識人の精神史 https://bit.ly/2CQlxoY 織田信長、参考文

続きを読む

【ロートシルト家】、大久保 正雄『旅する哲学者 美への旅』より 【ロートシルト家】マイアー・アムシェル・ロートシルト(1744年2月23日 - 1812年9月19日)、ヨーロッパの最大の財閥の基礎を築く。【ロートシルト家】マイアー・アムシェル、ウィルヘルム公と

続きを読む

ハプスブルク家、大久保 正雄『旅する哲学者 美への旅』【ハプスブルク家の祖】ハプスブルク辺境伯ルドルフ1世、痩せた長身、大きな「鷲鼻」と突き出た顎と下唇。【ハプスブルク家発祥の地】スイス、ハビヒツブルク(Habichtsburg 鷹の城)に古城が現存す

続きを読む

彼女は美に包まれて歩く。雲一つない星空のように。闇の黒さと星々の輝きが、彼女の姿と目の中で出会い、優しい光を放つ。真昼は拒む光で。バイロン 白妙の露の袖れに露おちて身にしむ色の秋風ぞ吹く 藤原定家 きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに 衣かたしき

続きを読む

【『般若理趣経』第三段】「金剛手よ、もしこの理趣を聞きて受持し読誦することあらば、たとひ三界の一切の有情を害すも悪趣に堕せず」 【『理趣経 密教経典『理趣経』・・・空海と金剛界曼荼羅 https://bit.ly/2H2diKc 空海【聖なる者は悪を滅ぼす】【『理趣

続きを読む

空海と密教 参考文献 大久保 正雄『旅する哲学者 美への旅』「国宝 東寺−空海と仏像曼荼羅」東京国立博物館・・・空海、理念と象徴https://bit.ly/2Ov53Hz 「密教彫刻の世界」東京国立博物館・・・愛染明王、金剛薩埵の化身 https://bit.ly/2WNIoNt

続きを読む

築地本願寺、ドラッカーの教え「企業の目的は、顧客創造とイノベーション」築地本願寺 宗務長 安永雄玄、元銀行マン! 異色の僧侶が挑む 築地本願寺経営大改革:カンブリア宮殿https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/business/entry/2019/020703.html「企業の目的

続きを読む

【京都、怨霊の都、6柱の怨霊、怨霊の祇園祭】桓武天皇により非業の死を遂げた6人。崇道天皇(早良親王)、伊予親王、藤原夫人(藤原吉子)、橘逸勢、文室宮田麻呂、観察使(藤原仲成、藤原広嗣)。863貞観5年の御霊会(怨霊)が祭られる。六所御霊 。空海と

続きを読む

“これまで”が“これから”を決めるのではなく、“これから”が“これまで”を決める。理論物理学者・佐治晴夫https://greenz.jp/2014/03/13/haruosaji/

続きを読む