mixiユーザー(id:15623721)

2020年08月03日00:46

10 view

ミケランジェロ、藝術と生涯

ミケランジェロ、藝術と生涯
偉大なる藝術家
【メディチ家の戦いの精神史】理念を探求する精神の苦悩が刻まれている。ミケランジェロ『ピエタ』『ダヴィデ』『ヌムール公ジュリアーノ・デ・メディチ』にはルネサンスの美貌が刻まれている。ミケランジェロは人間の美を探求する。88歳まで

【運命との戦い ミケランジェロ、孤高の藝術家、苦難の少年】フィレンツェ共和国カプレーゼに生まれた。銀行家ブオナロティ家に生まれるが、銀行業は没落、石工の一家と共にセッティニャーノに住む。1481年6歳の時、長い闘病生活の末、母フランチェスカが死去。
【ルネサンス 運命との戦い 失われた母の面影】レオナルドとミケランジェロは、苦難の少年時代。レオナルドは、母カテリーナと別れて、父セル・ピエロに捨てられ、祖父叔父に育てられる。ミケランジェロは、6歳で母が死ぬ。ブオナローティ家は、銀行業が破綻、石工に預けられる
――
【運命の扉 孤高の藝術家、ミケランジェロ、メディチとの出会い】13歳のときに画家ドメニコ・ギルランダイオに弟子入り。1489年メディチ家ロレンツォがギルランダイオに、最も優れた弟子を求め、1490年から1492年、メディチ家が創設したプラトン・アカデミーに参加

【孤高の藝術家、運命との戦い、ミケランジェロ、最高傑作】23歳で『ピエタ』(1498年)、枢機卿ジャン・ピエールのために、製作開始。フィレンツェ共和国のために、29歳で『ダヴィデ』(1504年) を制作。天才と呼ばれる。89歳で死す。
【運命との戦い、孤高の藝術家、ミケランジェロ、最高傑作】23歳の時『ピエタ』(1498年)製作。若い女の膝の上に、死せるキリストが横たわる。憂愁ただよう空間、若い女の悲しみ。なぜ若いマリアが刻まれたのか謎である。失われた恋人、6歳で死別した母の面影が蘇る。
【孤高の藝術家、ミケランジェロ】『ダヴィデ』(1504年) 29歳で 制作。イスラエルの羊飼いの少年ダビデがペリシテ人の巨人ゴリアテと戦い、投石器から放った石で倒し、剣で首を斬る。巨人に立ち向かう人間。フィレンツェ共和国が包囲された対抗勢力に対して戦う姿。

【孤高の藝術家、ミケランジェロ、孤高な性格】ミケランジェロは、気難しく自尊心が強く人を寄せ付けぬ性格で、孤高の藝術家である。敵対する者に対しては容赦なく復讐した。教皇レオ10世「ミケランジェロは誰の手にも負えない」
【ミケランジェロ「メディチ家霊廟」】1513年、教皇となったレオ10世はメディチ家出身、ミケランジェロにフィレンツェに帰り、メディチ家霊廟(サン=ロレンツォ教会)を制作せよと命じる。制作は延々と続き、1523年、教皇となったクレメンス7世(メディチ家)の時にも継承。
【ミケランジェロ「メディチ家霊廟」】ミケランジェロの死生観を表現する。偉大なるロレンツォの子、ジュリアーノ・デ・メディチの墓標。ロレンツォ・デ・メディチの墓標。
1513年、教皇レオ10世の弟ヌムール公ジュリアーノ・デ・メディチ(1479-1516)の招き により、レオナルドはメルツィとサライと一緒にローマへ赴く。しかし『モナ・リザ』の 注文主とも言わるヌムール公は、3年後に病に倒れ亡くなる。1517年レオナルドは故ジュリアーノ・デ・メディチの依頼で彼の愛人を 描いた『あるフィレンツェの貴婦人』を枢機卿ルイ・ダラゴンに見せる。

【ミケランジェロ、フィレンツェ革命軍に参加】1530フィレンツェ包囲、スペイン軍と教皇軍に包囲され陥落、フィレンツェ共和制崩壊。メディチ家が世襲権力を獲得、トスカナ公国となる。1531年、メディチ家のアレッサンドロが首長の座

孤高の藝術家【ミケランジェロとヴィットリア・コロンナ】1535年、貴婦人ヴィットリアと出会う。ミケランジェロ、60歳。ミケランジェロ、300篇のソネットを、ヴィットリアに書く。1547年、ヴィットリア死す。(1490-1547)。ミケランジェロ65歳、ヴィットリア50歳のとき、『ヴィットリア・コロンナを描いたミケランジェロの素描』大英博物館所蔵(1540年)。
――
参考文献
イヴァン・クルーラス『ロレンツォ豪華王 ルネサンスのフィレンツェ』1989
『ボルジア家』河出書房新社
アンドレ・シャステル『イタリア・ルネッサンス -1460-1500』人類の美術12『イタリア・ルネサンスの大工房1460-1500』1969新潮社、人類の美術17、
ルートヴィッヒ・ハイデンライヒ『イタリア・ルネッサンス』人類の美術1975
「ミケランジェロと理想の身体」国立西洋美術館・・・孤高の藝術家、ミケランジェロ、生涯と藝術
https://bit.ly/2KFGXvc
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する