mixiユーザー(id:15620444)

2020年04月10日21:31

103 view

頭大丈夫か?という話

技術者としての職種の都合上、
トラブル対応にあたれる人数が少なくなりすぎるわけにもいかないのと、
在宅勤務は幼い子供がいる人が優先なため、
通常は無人の建物の機械室も含めて数人ずつの分散勤務になったものの
私はいまのところ引き続き通勤していますが、
時差通勤で前倒ししていて、朝は5時過ぎの電車に乗っています。

まだ朝は結構寒いですが、電車に乗ってしまえば寒くないし、
昼や帰宅の時間はあたたかいため、薄手の春コート着用。

なのですが、
先日、朝の通勤電車で私の後から乗ってきた人が、
車両の窓を開けてまわりました。

新型コロナ対策であろうとは思いますが、
そこまでする人なのだから、
当然極力他人と離れて座るかと思えば、
なぜか、まだ結構な数の席が空いていて
誰の隣にもならずに座れたにもかかわらず、
開け歩いた流れで私の隣に着席。

隣に座られた時点で若干気持ち悪いとは思いましたが、
それはまぁそういうこともあるだろうというだけのこと。

走行中、相当に風が吹き抜け、
体感温度的にはかなり寒い状態でしたが、
いまの状況下で開いている窓を閉めるというのも憚られ、
内心では
【これだけ寒くて風邪でもひけば、
 免疫力が低下して新型コロナ予防にも逆効果だろ】
と思いはしましたが、なんとか我慢していました。

そういう時に、
その隣に座った人がスマホをいじりだし、
トラブルになっても面倒なので画面は見ていませんから
何をしていたかは知りませんが、
スマホを持って張り出した肘を繰り返し動かして、
こちらを何度も何度もつつき続けてくる状態に。

過去にもそういうおかしな人が隣に来たことはありましたし、
しばらくは我慢していたのですが、
あまりに不快だったのと、
おそらくは寒さで余裕がなくなっていたこともあって、
「そうやって何度も肘で突いてこられると気になるので、
 当たらないように配慮願えませんか」
と声をかけてしまいました。

すると、返ってきた言葉は
「は?なんなの?頭大丈夫か?」
というもの。

あぁ、これは関わってはいけない相手だと思ったので、
それ以上会話を続けることなく引き下がりましたが、
正直なところ「そっちこそ頭大丈夫か」と思ってしまいました。

本当は席を移動したいくらいだったものの、
席移動によって相手を刺激するのもリスクがある気がしたので耐えていたら、
幸いにも比較的すぐに先に降車していってくれましたが、
ああいう人は本当に不思議です。

おそらくは【とにかく俺が正しい】というタイプなのでしょう。

状況に応じた判断をすることもなく、
他人に迷惑をかけまいと周囲を慮ることもなく、
ただひたすらに【俺が正しい】というような人。

もしかしたら
【今朝隣に頭のおかしいやつがいた】とか話しているかもしれません。

そういう自分に疑問を持つことすらないのなら、
周囲からしたら実に迷惑ですが、本人はきっと幸せでしょうね。

先日、新型コロナと非常事態宣言の経済への影響についての記事に
【自粛厨のせいで倒産が〜】というような趣旨のことを書いている人がいましたが、
ああいう人も、きっと同類であろうと思います。

個人的にはああいう表現は好まないし、
まるっきり逆の意味で使っている人も見受けられるので断言しかねますが、
文脈からして【自粛する人/自粛を求める人】を指して
【自粛厨】と言っていた様子でした。

その発言には、
ある時点でいったん自分の中で【○○は正しい/誤り】と決めたら、
それ以降は完全に思考停止している様子が窺えます。

そもそも、日本が現在の状況に陥ってしまっているのには、
早い段階で自粛や自粛要請をした人を【自粛厨】と馬鹿にして自粛せず、
ライブ参加だの飲み会だのを続け、
あまつさえ遠方でのそういうものに参加して地元に戻ったりして、
感染を拡大させた人たちの責任がかなり大きいでしょう。

そういう人は多少体調を崩したって【自粛】などしないでしょうから、
平然と外出してウィルスを撒き散らしていた可能性も高いですしね。

事態が収束し、
経済を活性化させるために
様々な消費活動をした方がよい局面にあるのなら、
外出も飲食もイベントもどんどんした方がよいでしょう。

しかしながら、いまはまだその段階ではありません。

【自粛しなければ問題が生じないにもかかわらず、
 自粛することによって被害を生じさせる】
というのはまさしく愚行ですが、
【自粛しなければ問題が生じる状況で
 自粛せずに状況の更なる悪化を招く】
というのは、ただ愚かしいという言葉で済むものではありません。

【自粛は愚行】という判断で思考停止し、
【自粛は愚行と主張する俺は正しい】と思うことしかできず、
その妄執のもとで行動し続け、自分と異なることをいう他人を馬鹿にする。

状況が致命的に違うにもかかわらず、
同じ【自粛】と一括りにしてしか考えられない人が少なからずいるというのは、
実に恐ろしいことだと思います。

以前なら、そういう人は明らかに少数派であって、
周囲の様子から自分が少数派でしかないことを察することができ、
是正することができていたように思います。

しかしながら、いまは、少数派であっても、
ネット上で自分と同じ考えの人を容易に見つけることができてしまうため、
少数派であることを自ら認識して是正することができず、
そればかりか、そういう仲間を増やしていってしまう傾向も見られます。

自粛すべき時に自粛しない人が存在し続けるのなら、
日本は更なる窮状に陥っていくのが必然。

どうなっていってしまうのでしょうね。

■GACKT、新型コロナウイルスに対する日本の現状に警鐘 「言葉を選ばずに言っていいのであれば狂ってますよ」
(リアルサウンド - 04月09日 23:21)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=169&from=diary&id=6041326
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する