ホーム > mixiユーザー(id:15503697) > mixiユーザーの日記一覧 > 無言歌は続く 令和の京都の旅3

mixiユーザー(id:15503697)

2020年01月18日17:45

10 view

無言歌は続く 令和の京都の旅3

 朝6時半に17階のレストランでお食事 時間がいい 早くて助かる 普段食べ終わっている時間だが この時間は自分が一番気持ちよく食べることができる時間帯だ 朝ドラを見て 8時には出る 東福寺や その辺り 二つの本願寺でも見て帰ろうと思い とりあえず新幹線の様子を と云ふことで切符売り場へ どの新幹線もばつがない つまり どれでも空いていると云ふことだ 空いているんじゃ帰るとしよう と云ふことで9時26分発を取る 残りは次回のお楽しみとしよう

 今宵の音楽は ヴェルディ:歌劇『椿姫』全曲
 イレアーナ・コトルバシュ(S:ヴィオレッタ)
 プラシド・ドミンゴ(T:アルフレード)
 シェリル・ミルンズ(Br:ジェルモン)
 ステファニア・マラグー(Ms:フローラ)、他
 バイエルン国立歌劇場合唱団
 バイエルン国立管弦楽団
 カルロス・クライバー(指揮)
 録音:1976&77年(ステレオ)  主役級の歌手にイタリア人がおらず さらにまたオーケストラはドイツ 指揮者クライバーはアルゼンチン育ちのオーストリア人という 録音当時は異色の組み合わせだ しかし超がつく名盤になっている

 午後1時には自宅で昼を食べていた 速いね さすが新幹線 お土産はホテルの土産物店で購入 漬物数点 京都駅にはびっくりするほどいろんな店がある ありすぎて買い物ができない ホテルオークラにある漬物 悪いはずもなし と云ふことでじっくり選ぶ 二坪くらいしかない漬物売り場に土産物売り場 京都は漬物だろう と云ふことで買って帰宅 お土産やも 目の眩むほどたくさんある あれもこれもと買いたくなるが 少ないほどゆっくり選択できる 京都の街も 最初は自転車を借りて と云ふことを考えないでもなかったが 自転車だと 遠くまで行き過ぎる といふ懸念があり 疲れて自転車を持ってバスや電車 と云ふわけにはいかぬだろう と云ふことでひたすら歩いた

 私のような旅をするなら バスで京都に朝到着して その日十分にみて 翌日の午前中を再びの観光で回って昼過ぎに新幹線で帰れば 午後の4時前に楽に帰宅できる 来年はこのパターンでいいかな

 さて今宵はこれからコンサートがある ギターを中心にアンサンブル 気のおけないギター弾きがまた来るので こちらものんびりと聞きに行く 自転車で5分 だが雨もやい 歩いて20分 のんびりしていいね
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する