ホーム > mixiユーザー(id:15503697) > mixiユーザーの日記一覧 > 無言歌は続く

mixiユーザー(id:15503697)

2018年05月15日19:52

63 view

無言歌は続く

 最近は朝が早い 概ね六時には朝食は終わりゆっくり水戸黄門を見ている コーヒーを淹れてお茶を飲む コーヒーも 毎日豆を挽いて飲んでいる ドリップコーヒー ほぼ30年は挽いて自分で淹れて飲む 茜屋のコーヒーとは違ふ豆だ 火野さんの番組を見て仕事開始
 絹さやを片付けた 花が少なくなったので最後まで取るなんて野暮なことはしない まだ十分取れるうちに次の作業を考える のちきゅうりを這わせるところを作る 

 今宵の音楽は マーラー 交響曲第6番 「悲劇的」 
 クリーヴランド管弦楽団
 ジョージ・セル(指揮)

 1967年10月のライヴ録音 クリーヴランド セヴェランス・ホール
 セルの没後に追悼盤として発売されたもの

 今宵2枚目は 昨日買ったレコードの一枚
 明烏夢の淡雪(浦里雪責めの段)
 十三夜  新内である 浄瑠璃岡本文弥 三味線岡本宮染 上調子岡本宮之助

 ところで今日は 5.15事件記念日
 1932(昭和7)年、5.15事件が起こった 海軍の青年将校・古賀清志中尉らと陸軍士官学校の生徒らが首相官邸等を襲撃 犬養毅首相が射殺され 国家改造 軍部政権樹立のため 東京を混乱に陥れようとしての決起 そして翌日 内閣は総辞職 海軍大将斎藤実を首班とする挙国一致内閣が発足 政党内閣制に終止符 前日に来日して犬養首相と面会する予定だったチャップリンも標的になっていたが 直前に急遽予定を延期して大相撲観戦に行った為に難を逃れた と云ふ話だ いま手元にある本で 花々と星々と (1970年) 犬養 道子著 久しぶりにこれを読むとするか 続編も我が文房の何処かにあると思う 今月になって時々手にしていて 読もうかどうしようか考えていたところだ 我が家のこれは1974年発行の増強版である

 さて昼にうどんといただいたカマス寿司ときな粉ごはんだと思って位食べたらきな粉大福であった お菓子製造業からもらったんだから やはりお菓子である方が自然だ 深慮すればわかることだが 一見きな粉をまぶしたおにぎりに見えてしまった うどんの具はお揚げ一人1/4と干し椎茸の戻したもの一人一枚 ヨーグルト果物添え 午後は小豆・・・じゃなくて ささげ 赤飯を作るときに入っているお豆さん あれは小豆ではありません それに畑の耕耘 三時にはお茶タイム 今週テレ玉で「大江戸捜査網」がない模様 あとで調べておくとするか

 夕飯におばさんが買ってきてくれた黒毛和牛の霜降りを素朴に焼いて生醤油をフライパンに入れて肉とともに焼く 焼ける醤油の香りがいいものだ ひとり1枚半 ふきの炊き合わせに 昨日そごうで買ったナムル3種盛り ごはん味噌汁 しかし相変わらずこれだけ

 さて今日は「上野戦争」 時は1868年 江戸進駐の官軍と 上野寛永寺の山内に籠った彰義隊 純忠隊 誠忠隊等徳川300年の恩顧を忘れぬ武士達との間で激しい戦いが起こっている それは市民をも巻き込んだ戦いで 「大雨をやみなく砲声ますます烈しく上野より出火あり 巳の刻ごろより火勢天をつき 火口四、五カ所になり 老幼婦女病者を助け あるいは葛籠夜具包みを背負い 東西にはしり南北にはしる 狼狽哀慟の有りさま筆舌に延がたく」 と記録にある
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する