ホーム > mixiユーザー(id:15503697) > mixiユーザーの日記一覧 > 無言歌は続く

mixiユーザー(id:15503697)

2015年05月19日20:26

89 view

無言歌は続く

昨夜ちょっと雨が降った と云ふかよく降ったと云ふか 降り具合は判らず されど庭も畠も濡れているので そこそこは降ったのだろう 朝も早よから枝燃やし 八時に始まって十時には銀行へ行って そのまま隣町にお買い物 農家の店で紫芋を購入しようとしているのだが なかなか出てこなひ ベニアズマ と云ふ普通のサツマイモが多ひ しからばといふので近くの大形SCへ移動 ここでもなひがあれこれ買った 今日のひるように唐揚げ二つ購入 唐揚げはひとりひとつずつ 昨夜餃子をひとり二枚食べたら 結構苦しかった 午后からは仕事をして その後のんびり

 今宵一枚目は長島伸子のソプラノ 悪くなひ さすが声楽家 ちょっときれいすぎるようなきもする 帯には天使のソプラノ と書かれている

 さて今宵二枚目は 同じく長島伸子 マリアの子守唄 クリスマス名歌集であった 久しぶりにクリスマスの音楽 半年早いか 半年遅れか それが問題だ 実は好みのタイプだが このCDが出たのが1988年 あれから27年の歳月 みなひでおくのも優しさか 解説と云ふようなものではなひが 書いているのは遠藤周作 なかなかいいことが書かれてある

 一五六〇年 この日 「人間五十年 化転のうちを較ぶれば 夢幻のごとくなり ひとたびこの世に生を享け 滅せぬもののあるべきか」 と三度謡ひ舞ったと云われている 織田信長 わずか三千の兵で 駿遠参三国の太守今川義元率いる四万の大群を この時 偶然に降る雨を味方に付けてこれを破った 桶狭間の合戦 自然を味方にして負けたら大変だ TVでも映画でも何度も出てくる有名な場面 山岡荘八の全集を繙けば 織田信長三巻 徳川家康十三巻 豊臣秀吉三巻 それぞれにこの場面が出てくる どれかを読もうかと思っていたら 隣に徳川慶喜三巻がある こっちを読んでもいいか これは二度くらいしか読んでいなひので もう一回ぐらいいいか この八十五年後に 無敗の剣豪宮本武蔵が その六十二歳の生涯を終えている 宮本武蔵と云えば吉川英治 吉川英治と云えば宮本武蔵 是も読んだ もう20年くらい読んでいなひが 三四回は通読したと思ふ おつうさんの健気さが いまも思い出せる あけみの純情さも思い出す それにしてもあまりにこの武蔵は禁欲的に描かれ過ぎだ 本にもよるが 関ヶ原にもいて 島原の乱にも参加していたようで この時は黒田家の家臣として参加 吉原の遊女屋から馬に乗って出陣したと云ふから 遊びの方も相当なものであった いまで云ふ処の捌けた人であったもよう 宮本武蔵の残した「独行道」と云う書物には

   いずれの道にも わかれをかなしまず   と云うのがあるし  同じ本に

   身ひとつに美食をこのまず   と云うのもある 有名なのは 同じくこの本で

   我事におゐて後悔をせず      
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!