mixiユーザー(id:15425768)

2021年04月01日22:39

9 view

サブキャラクター

小説のシリーズものなどでは結構サブキャラクターの語りで

主人公を表現する手法があったりします。

柴村 仁 氏著「プシュケの涙」はそんな作品の亜種です。

同学年の女性が自 殺した瞬間を目撃した高校生の語りで始まりますが、

序盤の語りは論理的なのに少し違和感があります。

読み進むにつれ、その違和感が大きくなって行き、

中盤にその違和感の正体が明かされます。

変わり者で、不登校とされていた件の女子高生の

死の原因が明らかになって行きます、

終盤は、その女子高生の物語になって行き、

主人公との関係性が明らかになり、家庭の事情、校内での誤解、

主人公が心の支えになり、回復しつつあり、

素敵な女性であった事が記される訳ですが、逆に残酷さを演出します。

この著者は、前に「4Girls」をご紹介しましたが、非常に視点が面白いです。

著作リストを見ると、タイトルは違えどシリーズっぽい感じのものが

何作かあるので、ちょっと追いかけてみたくなる作品です。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する