mixiユーザー(id:15425768)

2020年11月15日21:31

14 view

SAA

友人の伯父さん所有のモデルガンの修理を依頼されました。

多分45年前のもの。今は無きMGCの結構しっかりしたつくりのもの。

コルト シングルアクション アーミーと言う西部劇仕様のリボルバー。

まあ、リボルバーは構造が単純なので楽勝かな、と思っていたら、

見てみたら、ひどい有様。

いつまでかかっても良いと言うので引き受けましたが、

火薬を使った後、クリーニングしないで放置したみたいで、

真鍮で金色のはずの薬莢は真っ黒で、先端は緑青をふき、

本体シリンダーも亜鉛錆び、6発中、5発はハンマーで抜けましたが、

あと一発が厳しい。

亜鉛合金なのでやりすぎると割れるし、長期戦になりそうです。

外回りは埃が固着しているし、やっとの思い出ここまで分解しましたが、

内部スプリングなど鉄製部品は、ステンレスに替えるとして、

クリーニングからスタート、先は長そうです。
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する