mixiユーザー(id:15425768)

2020年09月09日19:13

10 view

ピクニックをしよう19

今年は、沢山ピクニックへ行こうと

去年から書き綴ってきたこのシリーズですが、

ピクニック先のお話をしたかったけれど、

コロナウィルスと猛暑のおかげで

見合わせ中。

なので、またまた道具のお話になります。

 今回は鉄瓶を整備したのですが、

まあ、重いは容量少ないはで結構不便です。

登山は絶対と言っていいほど不向きな道具ですが、

自動車でのピクニックには丈夫でお湯も良い味になるので、

お茶向きの道具です。

 私のものは割合最近のもので、伝統の形状では無くて、

モダンデザイン、それでも10年程度経過しています。

 鉄瓶は基本鉄剥き出しなだけに、強敵は錆です。

なので、常に使用後は空焚きして水分を飛ばします。

それでも内側は小さな錆びが出るので、そんな場合は、茶葉を煮込みます。

洗剤やたわし関係は厳禁で、基本水洗いです。

 通常の形状の南部鉄瓶は焚き火向きの形状ですが、

この場合火口の小さいキャンピングコンロに向いています。

という事で、40年選手のキャンピングコンロ「オプチマス8R」

この組み合わせが効率良いです。

このコンロはお弁当箱型スチールケースに本体が収まり、

着火具、簡易整備道具も入り、パッキングも簡単なので、

登山でも重宝しました。火力も結構あるので普通に調理できます。

今は、マイクロガスバーナーとかもあるので選択肢は多いですね。

こうして道具が楽しくて拡げてしまうと、ピクニックかキャンプか

分からなくなってしまうのですけれどね。

2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する