mixiユーザー(id:15425768)

2020年07月15日06:29

11 view

芳文社

近頃、芳文社発行の漫画原作のアニメーションをよく見ています。

最近は「けいおん!」「はるかなレシーブ」「ブレンド・S」

「ゆるキャン△」「恋する小惑星」「球詠」等々、

アニメーションより原作の方が好きとか、原作をよく改良しているとか、

いろいろ思う所はありますが、大概はストーリーの変化に関することです。

まあ、放映期間に合わせたり、対象視聴者に合わせたりと

理由は様々だろうとは想像できます。

しかし、この中で「球詠」だけは、作画が原作より明らかに劣る気がします。

それは、省略とか言う話ではなく、デッサンからの問題というシーンが

多発します。

同一人物の体格がシーンによってバラバラだったり、遠景と近景で

顔が別人に見えたり、グラブの形状がおかしい、試合中に守備の選手が

グラブをしていないなど。少し上げただけでこれだけあります。

 その他の作品は作画がしっかりしていて、「けいおん!」などは

名作の誉れ高いです。

「球詠」の原作の作画は問題ないから、これはきつい。

私は野球漫画が好きで、ちばあきお漫画とかのシーンを

彷彿とさせる部分があったりと、この原作漫画も案外好きなだけに、

何だか残念。


1 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月15日 08:13
    > mixiユーザー 

    案外、初めてのバッティングでセンター方向を狙って

    ボールを外に出さないシーンなどを髣髴とさせる部分などがあるので、

    懐かしさとかもあるのですがねえ。

    見ていて原作がかわいそうです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する