mixiユーザー(id:15425768)

2019年08月28日23:20

37 view

不安なデジャヴ

まあ、軍事というものは秘密のベールに覆われているものですが、

やはり隠し切れないものもあるようで。

BUSINESS INSIDER JAPANの記事によると、ロシア気象庁は8月26日、

同月8日以降に観測された雲状の放射性ガスが、ニョノクサ実験場で起きた爆発事故の際に

放出された(短半減期の)放射性同位体によるものだったと発表したそうで、

ロシア政府は、爆発がミサイル実験の失敗によるものと説明、気象庁の見解とは矛盾しています。

ノルウェーの核研究専門家は、検出された放射性同位体のストロンチウム、バリウム、ランタンは

「核分裂の連鎖反応」に由来し、「原子炉の爆発」の証拠であると。

アメリカの専門家や情報機関は、爆発を引き起こした実験には、北大西洋条約機構では

「SSC-X-9 スカイフォール」というコードネームで呼ばれる巡航ミサイル「9M730ブレベストニク」が

含まれるとみているそうです。

ロシア気象庁によると、8月前半にロシアの実験場で起きた謎の爆発は、

さまざまの放射性同位体を放出し、それらは放射性ガスの雲となって近隣都市の上空を通過。

専門家たちはこの雲が観測されたことで、爆発にまつわる虚偽の説明は一掃されるとみている。

ニョノクサ実験場で8月8日に放出された放射性同位体は、ストロンチウム91、バリウム139、

バリウム140、ランタン140の4種類で、半減期は短いもので83分、長いものでも12.8日。

ロシアのノーボスチ通信に対し、これらの放射性同位体の組み合わせから考えて、

ウラン235が含まれる核分裂の産物であると指摘。


記憶に残る例としてやはりチェルノブイリ原発事故でも似たような物質が観測され、

似たような状況で他国で観測されて秘密がばれます。

最初はスウェーデンの気象観測だったと思います。なんだかデジャヴです。

今回はそんなに大きな事故ではなかった様子、不安は残りますが。



1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する