mixiユーザー(id:15425768)

2018年01月17日20:49

33 view

寒い。

先日からの寒気がやっと去った感のあるこの頃ですが、まだまだ2月中位までは安心できません。

基本的に寒さには慣れていて、今年はいい防寒具が手に入ったのでこの冬は案外楽です。

そんな中、AP通信によると、北半球の寒極といわれ、

冬の寒さは厳しい 極東ロシアのサハ共和国でマイナス65度を記録したそうです。

1月の平均気温は−40.9℃、厳寒期は−50℃以下と言う首都ヤクーツクでのお話だそうで、

寒さ慣れしている市民のアドバイスは、

「ウールのセーターを着てウールのソックスを穿いていれば大丈夫」と防寒着の重要性を強調。

などと記事には書いてありますが、日本人はぜんぜん大丈夫じゃないと思います。

それでもオホーツク海側の海港都市マガダンと、シベリア中部クラスノヤルスク地方の小学校は、

寒さのため休校、住民は不要不急の外出を控えるよう警報が出されているようです。

ロシア非常事態省は、脱水症状をおこさないために水分の補給と、血液の循環を正常に保つために、

ゆったりした衣類の重ね着を奨励しているそうです。

幹線道路で故障した車の中で2人が凍死したニュースも入っているそうで、

やはり慣れていても危険なようです。


私自身が体験した北海道での−23℃ですら相当だったのに3倍くらい寒い訳ですから、

たまったものではありません。

絶対零度が−273.15℃ですから1/3位までいく計算です。

冷凍マグロよりまだ20℃冷たい思うとすさまじいですね。



0 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月17日 22:37
    火星で住むにはこれくらいの寒さに慣れないと厳しいかなあ、いやもっともっときついかな。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月17日 23:26
    > mixiユーザー 外に出られませんからねえ。

    あまり心配ないかも。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する