mixiユーザー(id:15425768)

2017年05月10日18:55

61 view

終了

AFP通信の記事によると、一世を風靡した美男人気俳優アラン・ドロン氏(81)が、

間もなく俳優業から引退すると宣言したそうです。

最後に映画と舞台作品にそれぞれ1本ずつ出演してから引退する意向を表明。

「この歳だし、ここまで俳優としてやってこれたし、もう終わりにする。

(中略)人生の終わりではないが、キャリアの終わりだ」と述べたそうです。

 ドロンは1960年代初め、『太陽がいっぱい』や『山猫』といった名作で

美しく若き殺人犯や策略家を演じました。

ハリウッドの映画監督たちからは、1969年の『サムライ』で

知的な殺し屋というキャラクターの原点と評価しています。

アラン・ドロン氏は2000年にも一度、引退しましたが、

8年後に『Asterix at the Olympic Games』のユリウス・カエサル役で復帰。

「考えを変えないのは愚か者だけだ」と語っていました。

しかし、今回の引退は本物だと述べている。

 パトリス・ルコント監督がメガホンを取る最終作では、

自身と重なるキャラクターを演じるのだそうです。

「脚本はほぼ仕上がっている。素晴らしいラブ・ストーリーだ。

題名はまだついていないが、役は私自身にかなり近い」と言ったそうです。

「私くらいの歳の、少し気分屋で、気難しく、怒りっぽい男が、人生の最後に愛を見つける物語」

なのだそうです。相手役はジュリエット・ビノシュ、

アラン・ドロン氏は「素晴らしい女優」と評している様です。


男前代表で、日本では特徴的な名前から相当引用されていました。

意外に地味な映画で才能を発揮した人だと思います。フランス映画自体が渋いのが多いですが。

「パリは燃えているか?」のレジスタンス、ジャック・シャバン・デルマス役が好きでした。

「ル・ジタン」でkawasaki マッハ3でのウィリーも印象的です。

新作は見られないかもしれませんが、まだ見ていない作品も多いので、

今月辺りは、アラン・ドロン特集でもしようかと思っています。


1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する