ホーム > mixiユーザー(id:15388261) > mixiユーザーの日記一覧 > こんな話がありました(4度目の掲載)

mixiユーザー(id:15388261)

2020年01月23日11:47

72 view

こんな話がありました(4度目の掲載)

■「いじめを封印して闇に葬った」府中市に賠償命令 高裁
(朝日新聞デジタル - 01月23日 06:10)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5945464

もうmixiを退会するので
入会したばかりの2010年に書いた日記を貼り付けます
こういう話題が上がると何度かリアップしたりしたのですが
元記事があって、今回の記事とはいささかスジが異なりますが、最後なのでどうぞご容赦ください


■服脱がせ水かける…小6女児4人が障害児にいじめ
(読売新聞 - 07月31日 12:10)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1294356&media_id=20

ボクがまさに小学校6年生のときのことでした

クラスに一人だけいたんです、軽い知的障害を持った女の子が

名前を‘ゆりちゃん’といいました

一応はクラスのみんなと同じ授業を受け、同じように生活をしていたんですが、
やはり学力もみんなよりかなり低くて、鼻垂らした筋など残していたりもしていたんで、どうしても同級生の格好のターゲットにになっていたんですね

同じ女子からも、この事件のような陰湿なイジメはなかったにせよ、たまに何らかイタズラもされていたようでした
まあ時代も時代なんで、そんな酷いイジメをすれば教師の鉄拳が飛んできましたからね、
今の時代からすればイジメとも言えない程度のものだったんでしょうが、本人はかなり辛かったと思います

この子には弟がいました
同じ小学校で当時低学年だったと記憶していますが、実はこの子も知的障害児だったんです

あとで聞いたのですが、親御さんがちょっと問題のあった方のようで、この姉弟は血の濃い婚姻で生まれたらしいという
あくまで噂ですが、そんな話がまことしやかに流れたのを記憶しています


この年の夏休みも終わりに差しかかったころですが、ボクが帰宅すると母親が血相変えてて
「○○ゆりこちゃんって、アンタのクラスの子でしょ?」
「今△△君のお母さんから連絡があって、その子、今朝事故で亡くなったんだって」

ボクには何がなんだかわかりませんでした
それまで自分の周りで人が死ぬなんてことがなかったから

翌日、ボクが行ったのか、母親が行ったのか記憶が定かではありませんが、学校で緊急の説明があり、彼女の死因が伝えられました

「溺死」

だったそうです
学校の裏手を流れる小さな川、日照りが続けば水も無くなってしまうような、小学生といえどもとても溺れるようなイメージではなかったのですが、
とにかくゆりちゃんと、、その弟は、そこで溺れて死んでしまったのです

目撃した人がいたらしく、たまたまいつもより水かさが増していたその川に、弟さんが先に落ちてしまい、それを助けるべくゆりちゃんが飛び込んだんだそうです
失礼な言い方ですが、もちろんゆりちゃんが泳げるはずもなく、比較的早い救出だったのにもかかわらず姉弟揃って帰らぬ人になってしまったのでした


クラスが揃ってゆりちゃんの家に弔問にゆきました
男子も女子も、悪ふざけをしてきたクソガキどもに言葉はありませんでした

クラスメイトが死んだことのショックだけではなかったのです
彼女に対してクラスの誰もが密かに持っていた優越感
その思いが完全に敗北感に変わってしまってたんです
弟の危機に際し、自分の命を顧みることなく救いにいった彼女の行動に、感動なんて美しいものなんかじゃない、自分たちのくだらなさを見せ付けられることになったのですから
それがたとえ、知的障害者ゆえの無謀なものだと指摘されたとしても


十数年前、四半世紀ぶりの同窓会があり、ボクは何人かにこの出来事を憶えているか訊いてみました
同じクラスだった者の殆どが痛烈な記憶として胸に刻み込んでいましたが、ある女の子(オバサンになっていましたが)はゆりちゃんの名前を聞くや泣き出してしまい

「私は本当にヒドいことをした。あの子はイジメで死んだワケじゃないけど、人を見下すことの愚かさを身を以って教えたんだよね」

別の女の子(やはりオバサンになっていましたが)は、それ以来中学生になってからも絶対にイジメだけはしないと心に決めてそれを貫いたそうです

ゆりちゃんは転校生でした
わずか1年しかボクらと一緒にはいなかったんですが、今でもボクらの記憶の中に生きています



このニュースに関する日記で多くの人が知的障害者と健常者を一緒の学級に通わせていたことに疑問を呈しています
中には差別ではなく区別は必要だという声もあります

言っている意味も分かりますし、全否定するものではありません
それが今回の要らぬ悲劇を生んだことも事実でしょう

しかし、4人の女児はこの被害児童がいなくても、それだけのことをする素養は持っていたのです
単にターゲットが変わるだけのことなんです

子どもたちも障害者と一緒に生きることで、弱者を思い遣る気持ちを持てる可能性もあるわけですし、そういう社会にしていかなければならないんです


こういった事件を目にする度にゆりちゃんのことを思い出します






いまやmixiはこの頃のような優しさが失われたコミュニティになってしまいました
差別主義者が跋扈し、皆が自分の正義のみを撒き散らかしています
何度通報しても何も動かない運営に嫌気が差したので、11年間続けたmixiは今月を以て退会いたします

おそらく日記をしたためるのは最後になるかと思いますが、少しだけ残された心ある方に読んでいただければ幸いです
11 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する