mixiユーザー(id:1525854)

2021年11月26日14:19

40 view

布団爆弾 ふとんばくだん 予め調合された爆薬をリュックサック状の袋に詰めた爆弾。戦場で障害物や戦車の無力化に使われる。

名前の由来はその形状が座布団に似ているから…らしい。正式名称は梱包爆雷または梱包爆薬とも呼ばれる。

予め量や成分を調整した約10圓稜薬を麻袋で包み、ゴムなどで密封したものであり、簡単な起爆装置と安全装置を備えていた。また爆弾には肩掛け紐あるいは取っ手がつき、リュックサックのように背負うタイプや手提げかばんのように持ち運ぶタイプなど複数の種類が存在した。

元々、専門知識のある兵士にしか使えず、戦闘中の設置が難しかった爆薬を誰でも扱えるようにした兵器…というより道具に近い。

よく太平洋戦争末期における日本陸軍が、アメリカ軍の戦車を破壊するための特攻(自殺攻撃)に用いられたといわれることが多く、フィリピン・ルソンの戦いでよく用いられたとも言われる。具体的には布団爆弾を抱えた日本陸軍兵士が移動する敵戦車の下に潜り込んで爆弾を爆発させるというものである。

しかし、布団爆弾は本来、移動する敵戦車を何らかの方法で足止めした上で、戦車の天板に設置して時限式の起爆装置を作動させてから、爆弾が炸裂するまで約10秒の猶予の間に、安全圏まで避難するという道具であり、使用者の命と引き換えに戦車を破壊する兵器だったわけではなかった。

(とはいえ戦車に肉薄するため死亡率は高く、本機材を対戦車兵器として扱うようになる頃には、歩兵を戦車の周りに配置しての相互支援を徹底している上、抗日ゲリラによる密告などの理由から待ち伏せが難しかった。)

ではなぜ、使用者の死亡が大前提の兵器になってしまったかというと、敵であるアメリカ軍が爆弾の設置を防ぐため、有刺鉄線などで戦車をトゲだらけにしたからである。そうなると残るは底面しかなく、巷で言われるような特攻兵器として使われるようになっていった。

似たような立ち位置の兵器としては、「アンパン」こと九三式戦車地雷や九九式破甲爆雷(通称「すっぽん」)があり、いずれもアメリカ軍の対策や戦場の気候などの理由から、本来の使用法から離れ、特攻兵器としての運用を余儀なくされている。
布団爆弾とならんで特攻兵器として語られる、刺突爆雷だがあちらは「どう正しく扱おうが、使用者はほぼ死ぬ」という点で異なる。
アメリカ軍は、刺突爆雷は「驚異でない」、「役に立たない」、「奇妙な兵器」と低評価なのに対し、布団爆弾は脅威と見なしている。




■「兄弟いるとわかって火つけた」容疑の伯父供述 小学生2人死亡火災
(朝日新聞デジタル - 11月26日 11:26)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6754360
4 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930