ホーム > mixiユーザー(id:1525854) > mixiユーザーの日記一覧 > 「せごどん」と九州旅行記・その2

mixiユーザー(id:1525854)

2018年01月09日14:26

318 view

「せごどん」と九州旅行記・その2

私事になりますが、1月4日から8日まで家族と九州に旅行してきました。

軍艦島クルーズの途中までは他の日記で書いたので、これはその次の日からの備忘録。軍艦島については書くことが多いので、その3などで書くつもりです。


さて、三日目、続き、軍艦島クルーズの後、長崎市内のホテルに提携していた駐車場まで歩いて戻りレンタカーに乗って長崎出島バイパスなどを通って島原方面へ、当初は高速で佐賀方面から大回りする予定だったが、多比良港から長洲港まで有明フェリーに乗り熊本県上陸。レンタカーのカーナビが相変わらずおバカちゃんなので、途中で何度か変な道に行ったが、田原坂入り口に到着・・当時はこの道しか大砲が運べないので、官軍はこの道を通らねばならず、西郷隆盛の薩軍は熊本城には一部の戦力を張り付けて包囲し、田原坂で官軍を迎え撃った。

道路は当時の面影を残して細い一本道。一の坂・二の坂・三の坂と石碑が続くが、実に短い距離で高低差もないのに、薩摩は何日も官軍の攻撃を抑え、徴兵したばかりの農民主体の官軍は、乃木希典は軍旗を奪われるほどの大苦戦。

そこで新政府軍は、旧幕府軍・会津藩などの困窮武士を募って警視庁抜刀隊を組織し、屈強な薩摩隼人にぶつけた。戊辰戦争の恨みをここで晴らすとばかり、旧幕府や会津の武士は奮戦

ここで、会津藩の佐川官兵衛は「西郷さんに言ってやれ。勝てば官軍・負ければ賊軍・油断しやすな順めぐり」と言ったそうです。

その佐川官兵衛も熊本県阿蘇郡において被弾を原因として戦死した。享年47。墓は大分縣護國神社と福島県喜多方市の長福寺にある。


さて、現在の田原坂であるが、薩軍・官軍の戦死者約14000人の名簿が刻まれた大きな記念碑があり、記念館の傍には西南戦争で銃弾を浴びた土蔵が移築されていました。

中国や朝日新聞などが「南京大虐殺で30万人が殺された」と大嘘をプロパガンダしているが、明治10年に戦死した14000人の名前が記念碑に記されているのに、中国の南京記念碑には、いったいどれだけの死者の名前が記された記念碑がある?

いくら中国でも、昭和に入ってからの時代で戸籍はいい加減だろうがあっただろうし、民間人でもちゃんと名前はあったはずだ。

田原坂での両軍の戦死者は14000人ではなく、西南戦争全体での戦死者だが、ちゃんと記念碑に名前を残した日本の歴史は、捏造だらけの中国の歴史とは違うのである。


いろいろと長くなったので、九州旅行の続きはまた別の日記に書きます。

あと、せごどんの初回は熊本じゃなく、次に止まった湯布院で初回を見ました。


鈴木亮平「西郷どん」15・4%、ワースト2位発進
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=8&from=diary&id=4935307
5 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月09日 18:13
    かつて日テレが毎年、年末に大型時代劇を放送していた良い時代があった…

    「白虎隊」昭和61年 戊辰の戦に散った会津の人々と少年たちの苦悩

    白虎隊、田原坂連続で佐川官兵衛を演じた本田博太郎氏はよかった。
    「ナレーション:その象徴的人物がここにいる。元会津藩家老佐川官兵衛。新撰組をして鬼官兵衛と言わしめた猛将である。
    巡査:(字の書いてある肌着を見て)なんですか?それは、
    佐川:先の戦いで死んだ、会津藩士3000人の名前が書いてある。
    巡査:そんなに。
    佐川:帝の忠誠篤きわれら会津藩士が賊として死んでいった。
    巡査:今度は薩摩が賊軍になった。
    佐川:くだらんこだわりと笑うだろうが、俺はこの者たちを官軍にしてやりたいんだ。明日の戦いにはこれを着ていくよ
    〜翌日の戦い。佐川、刀を持ち、突進する。その行く手に一人の指揮官が、立ちはだかる。
    鎌田:わしは、薩軍2番大隊2番小隊長鎌田雄一郎じゃぁ、おはんは?
    佐川:元会津藩家老佐川官兵衛。西郷どんに言ってやれ。勝てば官軍、負ければ賊軍。油断したかな順廻り、わかったか!
    〜佐川、刀を2度振るい鎌田を追い詰める、そこへ、薩兵の銃弾が眉間に命中。佐川戦死する。
    鎌田:(銃を撃った薩兵に対して)おはん、なんつうことすっとじゃ。
    〜佐川の部下、これを見て逆上、鎌田に体ごとぶつかる。
    部下:戊辰の恨み、思い知れ!
    鎌田;ぐふぅ!(鎌田戦死。)
    〜薩兵、部下に銃撃、部下戦死。
    ナレーション:猛将、佐川官兵衛、ここに眠る。 」
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月09日 18:22
    薩長政府のデタラメ放題は数十年後に巨大なツケとなって 帰ってきた。司馬遼太郎史観では「明治維新は正義・昭和の軍国主義は絶対悪」と言う風に描かれているが、昭和の軍国主義の原点は明治維新にある。日清日露の戦争で増長し「英霊の死を無駄にするな」と権益確保にあがき、アメリカやイギリスとの信頼関係を失い、ナチスドイツと手を組んで全世界を敵に回した。

    幕末に幕府がやっていたことをさらに退行させたような政策に見られるように
    幕府側が大局を見て譲歩したことをひたすら利己私欲で歪めて国を滅ぼした

    原因の多くが薩長の統治能力のいい加減さと、日露戦争の講和に反対し、その後も軍国主義・大陸進出を煽った新聞社の責任は重い。

    そこんところを早くはっきり総括しないと、またおんなじことの繰り返しだよ。
    中国の狗になって日米同盟を離反させるような新聞社のせいで日本はどうなるんだろう。

    今年で維新150年・しかし今度の「せごどん」でも薩長の暗黒面が日の元に晒されることは殆どないだろう。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2018年01月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031