ホーム > mixiユーザー(id:1525854) > mixiユーザーの日記一覧 > 中国や北朝鮮が地域の平和と安定を乱す軍拡に突っ走っているのに・・日本の国会は森友や

mixiユーザー(id:1525854)

2017年04月27日09:55

144 view

中国や北朝鮮が地域の平和と安定を乱す軍拡に突っ走っているのに・・日本の国会は森友や

復興大臣の失言を政争の具にして審議拒否ですか・・・

野党もマスゴミも憲法9条で本気で平和が守られていると信じているなら度し難い愚物だ。

そんなに憲法9条が素晴らしいなら中国に行って軍拡止めて憲法九条を中国の憲法にも取り入れるように提言してこいや!

まあ、小沢みたいに中華料理と姑娘に篭絡されて帰ってくるのがオチだろうが(笑)

ーーーーーーーーーーーーー
中国遼寧省大連の造船所で26日朝、中国初の国産空母の進水式が行われた。中国海軍の空母としては、旧ソ連の空母を改修して2012年に就役した訓練・研究用の「遼寧」に続く2隻目。進水式には軍制服組トップの范長竜・共産党中央軍事委員会副主席らが出席した。国産空母は今後、さまざまな装備の取り付けや運航試験を続け、20年ごろまでに就役する見通し。

中国初の国産空母、注水始まる 「遼寧」に続き2隻目
 空母の甲板はぐるりと囲むように赤い旗が並べられ、進水式で恒例のシャンパンの瓶が割られた。北朝鮮が核実験の準備を進め、米軍が原子力空母を朝鮮半島近海に派遣するなど、情勢が緊迫化する中での進水となった。

これまでの国防省の発表や中国メディアの報道によると、国産空母は全長315メートル、幅は最大75メートル。排水量は約5万トンで、通常動力型を採用。飛行甲板は「遼寧」と同じスキージャンプ方式で、艦載機はカタパルトを使わずに自力で滑走して飛び立つ。艦載機は海軍の主力戦闘機「殲15」をはじめ、複数の機種の艦載機が配備される。国産空母は遼寧をモデルにしており、大きさや形状はあまり変わらないが、艦載機を積むスペースを増やすなど様々な改良点があるとされる。

 南シナ海を管轄する南海艦隊に配備される可能性が指摘されている。

 中国海軍は遠洋での作戦能力の向上を目指しており、原子力潜水艦などと並んで空母を戦略の要と位置づける。2隻目の国産空母も上海で建造中で、空母艦隊を構成する駆逐艦などの建造も急ピッチで進めている。(北京=西村大輔、大連=平賀拓哉)


■中国初の国産空母が進水式 甲板をぐるりと囲む赤い旗
(朝日新聞デジタル - 04月26日 12:21)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=4545908
7 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2017年04月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30