ホーム > mixiユーザー(id:15218407) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:15218407)

日記一覧

(4月24日、サントリーホール) ジョナサン・ノットの音楽性と指揮者としての優れたバランス感覚、センスあるプログラミングに完全に脱帽させられた。東京交響楽団と東響コーラス、ソリスト2人がノットと共に遥かな高みに向かっていく演奏は本当に見事とい

続きを読む

モイツァ・エルトマン
2016年04月23日19:11

(4月22日、王子ホール) よく練り上げられたプログラム。キーワードは「花」「死」「祈り」「星」と見た。「もの言わぬ花」(R.シュトラウス)で始まり、「すみれ」(モーツァルト)、「花束を編みたかった」(シュトラウス)、「野ばら」(シューベルト)

続きを読む

 主役の三人は水準以上の歌唱。マッダレーナ役のマリア・ホセ・シーリは第3幕「死んだ母を」を劇的に歌い、タイトルロールのカルロ・ヴェントレは数多いテノールの聴かせどころのポイントをはずさない。ジェラール役のヴィトリオ・ヴィッテリも「祖国の敵」

続きを読む

(4月16日、国立科学博物館 日本館講堂) 15年来の友人でいながら共演は初めてという青木尚佳(ロン=ティボー=クレスパン国際コンクール第2位)と伊藤悠貴(ブラームス国際コンクール、ウィンザー祝祭国際弦楽コンクール優勝)によるリサイタル。若いこと

続きを読む

熊本地震によるご被害、心よりお見舞いを申し上げます。(4月14日、サントリーホール) 最近評価が高まりつつあるとは言え、めったに演奏されることのない英国の作曲家ジェラルド・フィンジ(1901-1956)の大作「霊魂不滅の啓示」をとりあげてくれた下野竜也

続きを読む

(4月12日、上野学園 石橋メモリアルホール) 伸びやかな美しい高音と艶やかな音色の持ち主、自然体でスケールの大きいオーボエ奏者という印象を持った。藝大在学中の昨年6月東京交響楽団首席オーボエ奏者に就任。同年10月、第11回国際オーボエコンクール・

続きを読む

(4月9日、東京オペラシティ・コンサートホール)  桜散る4月の土曜日の午後にこんなに素敵で心温まるコンサートが聴けるとは何と言う幸せ。生の音楽を聴いていて本当によかったと思える時間だった。こういうコンサートを聴いたあとは誰かと感動を分かち合

続きを読む

(4月7日、東京文化会館)  ワーグナー作品の演奏会形式にこだわり、「私の指揮の個性は、明晰さ」と言うヤノフスキの真骨頂が発揮された、完璧なバランスと構造を持つ≪ジークフリート≫だった。最初の一音から最後のクライマックスまで、オーケストラは歌

続きを読む

4月のコンサートスケジュールです。4月7日(木)15時 東京文化会館大ホール 東京春祭ワーグナー・シリーズ「ニーベルングの指輪」第2日「ジークフリート」(演奏会形式) ワーグナー:楽劇「ニーベルングの指輪」第2日「ジークフリート」 指揮:マレク・ヤノ

続きを読む