ホーム > mixiユーザー(id:15218407) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:15218407)

日記一覧

今年ではなく、昨年2015年のコンサートベストテン(日付順)です。ヴィルサラーゼは来年11月23日、すみだトリフォニーホールで新日本フィルと協奏曲を演奏するので、ぜひ行きたいと思っています。 2015年コンサート・ベスト&一言ベスト10に絞ることも、順位

続きを読む

今年行った138回のコンサートの中から、(ベスト10では収まらず)ベスト20を選びました。オペラの演奏会形式が多数入っています。余計な演出に邪魔されず、音楽そのものに集中できることがよかったです。サー・ネヴィル・マリナーの指揮も忘れられません。今

続きを読む

今年最後のコンサート3つ分のブログ、まとめて書きました。アヌ・タリ東京フィル第九、ヤクブ・フルシャ都響ショスタコーヴィチ10番シュテンツ読響第九。アヌ・タリ(c)Kaupo Kikkas ヤクブ・フルシャ(c)東京都交響楽団 シュテンツ(c)Hans van der

続きを読む

第九の梯子
2016年12月19日09:30

12月18日(日)はベートーヴェン第九の梯子。14時からフランチェスコ・イヴァン・チャンパ指揮新日本フィル、栗友会合唱団、(中村恵理Sp、手嶋眞佐子Ms、吉田浩之Tr、岡明宏Br)@すみだトリフォニーホール。19時からアヌ・タリ指揮東京フィル、東京オペラシ

続きを読む

アンサンブル・レゾナンツの初来日コンサート(12月15日、東京文化会館小ホール)のレヴューです。勢いがあり音楽性も豊か。爽やかなコンサートでした。http://ameblo.jp/baybay22/

続きを読む

ゲルハルト・オピッツ シューマン×ブラームス連続演奏会第2回(12月16日、東京オペラシティコンサートホール)後半のブラームスを聴くまでは、オピッツをつかみきれなかった。自分にとってはまだ謎が多いピアニストです。http://ameblo.jp/baybay22/entry-

続きを読む

2012年5月9日(水)19時 サントリーホール(2階LB3列4番)The Legendary Romantic 2nd Nightピアノ:イーヴォ・ポゴレリッチ ショパン:ピアノ・ソナタ第2番変ロ長調 op.35「葬送」リスト:メフィスト・ワルツ第1番s.154ショパン:ノクターン ハ短調op.48-1

続きを読む

(12月13日@サントリーホール)イーヴォ・ポゴレリッチの弾くラフマニノフのピアノ協奏曲第2番は、他のピアニストとは全く異なる独自の世界がありました。ポゴレリッチ写真(c) Malcolm Crowthershttp://ameblo.jp/baybay22/entry-12228840832.html

続きを読む

ヤクブ・フルシャと東京都交響楽団のコンサートは絶対に聞き逃せないと実感したコンサートでした。http://ameblo.jp/baybay22/entry-12228606178.html

続きを読む

昨日のデュトワN響の「カルメン」(演奏会形式)も素晴らしかった。 今年、オペラ演奏会形式は東京春祭「ジークフリート」、東京フィルの「蝶々夫人」「イリス」、ティーレマン、シュターツカペレ・ドレスデンのホールオペラ「ラインの黄金」、ノット東京交

続きを読む

これほど楽しいオペラ公演はひさしぶり。モーツァルト 歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」(演奏会形式)ジョナサン・ノット指揮、東京交響楽団ほか(12月9日)の感想をブログにアップしました。写真:(c)ミューザ川崎シンフォニーホールhttp://ameblo.jp/bayba

続きを読む

(12月9日、ミューザ川崎シンフォニーホール)演奏会形式。物凄く素晴らしかった!座席が一階中央、前から二列目という最高の位置。ノットの狙い「歌手が目の前で聴衆に一対一で話しかける」にまさに最適。ミア・パーションの代役ヴィクトリア・カミンスカイ

続きを読む

全曲暗譜でほぼ完ぺきに弾き切ったグリンゴルツの演奏は荒々しいが、それがこの難曲に合っている。重音の鋭い切り込み、フラジオレット、アルペッジョ、左手のピチカート、スピカートほかヴァイオリンの超絶技巧のオンパレードは、見ても、聴いてもインパクト

続きを読む

(12月6日、サントリーホール) 上岡敏之新日本フィルの本格稼働が始まったことを高らかに告げる名演奏が展開された。 プログラミングから、上岡が新日本フィルを育てようという意欲が伺える。どの曲もソロのパートが多く、合奏の正確さが求められるもので

続きを読む

 チェロよりも1オクターブ高いヴィオラによるバッハの無伴奏チェロ組曲は、スケールの大きさはないが、弓の動きがチェロよりもはるかにスムーズで、無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータに近い印象になる。タメスティは第3番と第1番を弾いたが、最初に

続きを読む

(11月25日、すみだトリフォニーホール)またも才能ある若手指揮者が登場した。ダレル・アン。シンガポール生まれ。2007年のブザンソン国際指揮者コンクールで優勝、聴衆賞とオーケストラ賞を併せて受賞。2014年ミューザ・サマー・フェスタで読響を指揮してい

続きを読む

(11月24日、サントリーホール) 88歳のイェルク・デームスは長躯でがっちりとした体格。ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番は、悠然とした演奏で懐が深い。速いパッセージは指がついていかないが、自在にテンポを動かし、ミスタッチはしない。小林研一郎読

続きを読む

(11月22日、NHKホール) ユジャ・ワンのピアノを聴くと、現代の若い世代の生き方を反映しているように思う。磨き抜かれた切れ味鋭い音は洗練され、都会的で、強靭なタッチは競争社会を生き抜く強さの表れともとれる。きらめく高音は、鋭敏で傷つきやすい

続きを読む