mixiユーザー(id:15218407)

2020年10月15日17:03

11 view

角田鋼亮 東京フィル 前橋汀子(ヴァイオリン)(10月14日・東京オペラシティ)

ワーグナー「歌劇《タンホイザー》」序曲は、角田鋼亮の本領が聴けた。強みの推進力が発揮され、様々な主題が明解に描かれる。コーダに向かう壮麗さと迫力も充分あった。
次に角田鋼亮の指揮を聴くのは、10月18日(日)14時サントリーホールでの日本フィルになる。前日には、横浜みなとみらいでも公演がある。辻彩奈とのバッハのヴァイオリン協奏曲2曲と、ブラームス「交響曲第4番」という堂々たるプログラム。こちらも大いに期待したい。
https://ameblo.jp/baybay22/entry-12631692203.html


2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年10月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031