mixiユーザー(id:15207206)

2020年05月27日08:57

14 view

もうコロナ禍そのものだけの問題でもないような。

JR北海道、減便・減車を継続 6月14日からは普通列車も対象に…だそうです。かいつまんで言うと、5月末までの予定だった減車減便を継続し、かつ新たに上乗せもするという内容。

このニュースでインパクトがあるのは、「大雪」「サロベツ」の運休ですね。この2列車は札幌〜旭川間を電車特急に統合する形で走る区間列車で、それ故削減対象としては比較的手を掛けやすいと言える立ち位置なのですが前回の削減対象から外されました。
ここに自分は、既に骨と皮だけになっている状態の道東・道北への速達列車は最低限の社会インフラとして維持するという矜持を見る思いだったのですが、結局削減対象にされてしまったのには残念な心境とやっぱりそうなるよねという諦観が半々程度です。
まぁ他所では大鐵がSLと井川線を完全運休して本線の電車も1日1往復ちょいというアルティメット減便を実施しているので、それに比べればまだ相対的にマシだとも思えるものの(笑、改めてこの会社には余裕がないんだなという印象は受けざるを得ません。

しかしこうなると、夏休みはどうなるんだろうという懸念もまた生じます。今年は学校の夏季休業も削られるでしょうからどのみち例年通りの人出は見込めないでしょうが、書き入れ時に稼げないまま秋から冬に掛けて第二波が来たりした日には、一層経済的に追い込まれる事は確実です。完全収束にならない事には勇み足だとしても、先行きが心配になりますね。

■JR北海道、減便・減車を継続 6月14日からは普通列車も対象に
(Traicy - 05月20日 19:51)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=157&from=diary&id=6089316
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する