ホーム > mixiユーザー(id:14921690) > mixiユーザーの日記一覧 > 令和最初のバレンタイン

mixiユーザー(id:14921690)

2020年02月15日07:37

27 view

令和最初のバレンタイン

一昨日の徹子の部屋のゲストは桂文珍師匠であった。

フォト

師匠の落語が面白いのは周知のとおりであるが、やはり対談も面白かった。
いまは泣きご両親の思い出で、亡父の臨終の際の話に爆笑させられた。
もはや息絶え絶えの父のベッドのそばで奥さんであるお母さんがとんでもないことを言いだしたとあり、セリフがこうだった。

母「ねえ、お坊さんなん人呼んだらいいかねえ」。

師「おかんそないなこと言いないな!おとうに聞こえたらどないすんねん!」

ぎゃはははははははははははと思って聞いていたところ、師匠の話の続きがすごかった。なんとすっかり弱りかけていたお父上が小声でしゃべりだしてこう言ったのだ。

父「いまの聞こえたで」。

どわはははははははははははは!おっかさん聞こえちゃってるよ!そしてこのお父さんのひと言が最期の言葉だったそうである。まあそうであってもこんなおかしな奥さんと添い遂げられたんだからお父さん、幸せだったと言って間違いはないでしょう♡。

一昨日はこんなことで笑い呆けていた僕であったが昨日一日は時折訪れる突発的超短期うつが大きく持ち上がってしまい家内ふくめ家族に迷惑をかけてしまった。
これにはきっかけがあり、最近とみに内弁慶が激しい次女ともみに彼女がどこで覚えたセリフかわからないが僕は幾度かこう叫ばれてしまったのであった。

「このやくたたず!」。

バカな僕は彼女のこの言葉を真に受けてしまい結果突如うつがもたげてしまい昨日半日は最悪の心持ちであった。
到底しらふでいられなかったので朝から缶ビールを開けてしまい続けて焼酎のお湯割りを矢継ぎ早に7〜8杯程度ぐいぐいとあおってフテ寝してしまった。

そしたら次女ともみの保育園のお迎えの時間を過ぎても迎えに行かず寝過ごしてしまい、保育園から勤務中の家内宛てに電話が行ってしまい一時大騒ぎになってしまったのだ。
というのも僕はこれまで長女めぐみのお迎えを含めて遅刻したことが一度もなかったので園も変に思ってしまったというのである。まこと失敗してしまった。

ともみにかように言われて僕は自分が必要のない人間生産性のない人間社会性のないダメ人間に思えてしまい立っていられなくなってしまったのであった。
なれど呼び出しくらって慌てて園に行き先方に謝りつつともみを迎えると彼女は満面の笑みで僕を迎えてくれたのでこれまたバカな僕はそれまでの重たいうつが一気に潮引いてくれて自分を取り戻したのであった。

前日よりうつによるネガティブ発言を頻発してしまいどうやら死んだ方がマシみたいなことまで言い出したというから僕も相当なダメ野郎だったようだ。気を取り直した僕を見て家内はべそをかいていた。もうだいじょぶと家内に言うともうあっちに行かないでね♡と注意されてしまった。すまんの、かあちゃん♡。

そんなダメダメな半日であったが昨日はちょっとだけいいこともあった。こちらである。

フォト

駅前ショップモール内にはコーヒー豆と輸入食品を置くお店がありこれはそこで買われたものである。これを近所の酒屋のレジのY子さんからバレンタインよ♡と言われて贈られたのである。

というのも昨年末に大量に作ったりんごジャムにオレンジママレードを彼女にもおすそ分けしておりこれはその返礼なのであった。袋を貰った時にまだうつだった僕は不覚にもべそをかいてしまい、おかげで店長に昼から酒を飲んでいることがバレてしまったのであった。ほんとバカ、俺(-_-;)。

まあそんな一日だった。うつはなにもうつ病患者だけのものではないので皆さんも僕同様気をつけましょう。ほんと、史上最低のバレンタインであったよ。ちなみに家族からは一昨日しっかりとチョコを頂戴しているので、今日はおやつにそれを開けるとしよう。

さて先ほど録画しておいたNHKの「ドキュメント72時間」を観たところ、ほほうそんなことがという人が出ていた。
この日のタイトルは「神戸 あの日のピアノを弾きながら」というものであり、もはや四半世紀前になる阪神淡路大震災で難を逃れたピアノが地下街にストリートピアノとして設置され、そのピアノに吸い寄せられる人々を取材したドキュメントであった。

フォト

その中でやはりピアノを達者に弾いていたこの女性のお話だ。

フォト

47歳になる神戸に本社がある会社に勤める会社員女性である。このお方自身は被災はしなかったものの、あの年に苦心惨憺ようやく内定をもらった会社が震災で本社ビルが倒壊してしまい、彼女はあああたしの未来は終わったと悲嘆に暮れたのであった。

ところがしばらくした春がもうすぐの頃に内定を得たその会社から通達文書が届き、そこには「震災受けたけどちゃんとあなたを採用しますので安心してください」とあり彼女は感激したのであった。あれから25年。彼女はその会社にいまも元気に奉公しているということであった。

こういうのを優良企業というのではなかろうか。とかなんとかまさか神戸製鋼所じゃねえよなあ。まあ朝から聞けたちょっといい話でありました。元気出そうね、僕(*´ω`*)。
1 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月16日 13:59
    ともみちゃん、何処でそんな言葉を覚えてきたんでしょうね〜あせあせ(飛び散る汗)
    本人に悪意はなくとも、そんな事を子供から言われたら凹みますよねたらーっ(汗)
    でも、ともみちゃんの満面の笑みで、うつが一気に潮引いてくれたならホントに良かったですねハート
    多分疲労が溜まっていて、そこにともみちゃんから変な事を言われて、それでうつに追い込まれちゃったのかも。
    余り無理をされないように気を付けて下さいねクローバーチューリップ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月17日 05:29
    > mixiユーザー 

    ありがとうございます。
    先日ともみの保育園で保護者面談があり、ともみは園内ではとてもいい子にしていると聞き、安堵しました。
    そのぶん我が家で大暴れしてデタラメをして彼女なりに気分転換をしつつ親の愛情を確かめているのだと思います。まあ内弁慶というやつですね。

    彼女の学年の子たちは一枚岩でチームワークがよくおとなしいそうなんですが、ひとつ年長の最年長クラスの子たちがずいぶん荒れているらしく、どうやらそこで悪口雑言を覚えているみたいです。保育園も限られたスペースなので仕方がないことです。

    なにぶん気を取り直してまいります。ご心配おかけしました♡。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!