ホーム > mixiユーザー(id:14921690) > mixiユーザーの日記一覧 > クリスマスツリー

mixiユーザー(id:14921690)

2019年11月18日10:32

13 view

クリスマスツリー

NHK土曜ドラマ「少年寅次郎」の最終回を観終えた。全5回通してその出来栄えの素晴らしさと終盤の涙誘う展開に嗚咽した。

フォト フォト

寅次郎少年に限りない愛情を注ぐ継母役を演じた井上真央ちゃんと実父で在宅ながらフーテンというとんでもない親父を演じた毎熊克哉くんふたりの演技が出色だった。今作に出演した皆さんの好演にも心温められた。

フォト フォト フォト
フォト

ふたりの少年時代の俳優の男の子たちのクリソツにはまこと驚いたが堂々たる演技も見事でした。寅次郎少年がダメ父を殴打したのをきっかけに逐電する際においちゃんおばちゃんたちに「すまない。このとおりだ」と詫びを入れるシーンや柴又駅で幼い愛妹さくらに見送られるシーンなど「男はつらいよ」の全シーンに通底する場面を見せられ魅せられた。さすがは岡田恵一先生。山田監督への敬意をきちんと払っての作りに感銘を受けた。

まこと「少年寅次郎」に注力してくださった皆さん、ありがとうございました。全部ブルーレイに焼いて保存版にしましたよ。

昨日はチビたちを隣町のショップモールに連れ出しそこに出店している床屋を予約していたのでふたりの髪を整えた。長女めぐみの入院の影響で皆が髪伸び放題だったのでチビたちスッキリしてなによりだった。

モールでの目的はもうひとつあり出店している巨大おもちゃ店トイザらスで来月誕生日を迎える次女ともみと7月に誕生日を迎えておきながらプレゼントを保留にしてしまっていためぐみのふたりにお誕生日プレゼントを買い与えるためであった。
ともみ所望のリカちゃんハウスと別段要望のないめぐちゃんにはこのハウスのオプションにあたるキッチンセットを買ってあげた。昨日今朝とそれらのおもちゃでチビたちご満悦でなによりであった。

人形は既存のエルサとラプンツェルで遊んでおり実は昨日チビたちに内緒で家内がこっそりリカちゃんを買い揃えてありそれらはクリスマスプレゼント用だ。だいぶ散財したがこれも日ごろ頑張って暮らしているチビたちへのご褒美とすればまこと必要経費でありそれが果たせて家内も僕も満足であった。

そしてそれらおもちゃと一緒にこちらも買って昨日組み立てて飾った。

フォト

クリスマスツリーである。身長115センチと105センチのふたりの背丈をかんがみて120センチのものを求めた。飾りに現在公開中のディズニー映画の「トイストーリー4」をあしらったタイムリーな品である。

チビふたりと家内と僕とでこれを組み立てて飾った際にはちょっとした感慨を得た。たいへん恥ずかしながら53年以上生きてきた僕にとって実に初めてのクリスマスツリーなのであった。幼少時の我が家では一度も買ってもらったことにないそして最初の結婚時でも設営しなかった当然その後の独身時代でも買わなかったそしてチビたちが8歳ともうすぐ5歳になるまで用意しなかったクリスマスツリー。それがついぞ我が家というか僕にもやってきたというわけである。

子供の頃の我が家については幾度も書いてきたが貧乏警察官が家長だった僕ら一家はあまり裕福ではなかったため父も母も子供に割くぜいたくというものにおよそ頓着してくれなかった。特に山形の山奥育ちで昭和ギリギリふた桁生まれの田舎者で時代遅れだった母などはクリスマスにまったく思いが至らずその日に鶏もものチキン焼きやシャンパン風ソーダなどを子供たちに用意してあげようという気は皆無であった。

それでもいちおうはクリスマスケーキは用意してくれたもののその日の夕飯は魚の干物焼きだったり湯豆腐だったりと子供たちの期待を大きく裏切るものだった。これについて僕ら兄弟は母が田舎者で気が利かないだけでなく父との不仲によっても子供たちに気が回らないことをうすうす気づいていたので彼女に対してパーティーごちそうの要望など告げることはついぞなかった。そんな陰のある我が家であった。

昨日組み立てたツリーを見て幼少時のそんなことを思い出してなんだかため息を漏らしつつもチビたちのはしゃぐさまを見てなぜか亡母の顔を思い出し心の中で小さくザマアミロ!と叫んだのであった。そんな夜であった。

来月の次女のお誕生日祝いとクリスマスパーティーの予定を組んだ。クリスマスでは結婚してから毎年焼いているローストチキンを今年も焼く。もう今年で16回目のクリスマスで早いものである。例年どおり義父母を招く。老年ながら食欲衰えぬ義父のためにも今年も大きめの丸鶏を予約するのだ。その頃には禁酒が3か月になる僕もちっとはビールを楽しみたいと思っている。

今朝観たNHK「ドキュメント72時間」は面白かった。「銀座の酒屋の物語」と題して朝方4時まで営業しグラスでの試飲売りまでできる人気の酒屋が取材スポットだった。

フォト フォト フォト

夜の銀座のお店の仕入れに対応すべく実に3千種類ものお酒と試飲用千種類のお酒に集まる人間模様が味わい深かった。試飲する方々はお酒への愛着が深く皆さん紳士淑女でありお酒をじっくりと味わっており過日酔えればなんでもいいやとじゃぶじゃぶ飲んでしまう僕とは対極でありカッコよかった。かくありたいものですお酒飲むなら。まあ僕には一生まねできないだろうね(*´Д`)。
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する