ホーム > mixiユーザー(id:14921690) > mixiユーザーの日記一覧 > ブラスだったあの日

mixiユーザー(id:14921690)

2019年11月13日05:52

19 view

ブラスだったあの日

昨日の夕飯にこれを食べた。食べかけ写真となってしまい失敬します。

フォト

きんきの開きだ。けっこう大きいのを580円税別で買っておりやれうれしやと焼いて食べたらやはり美味しかった。ただし身がトロトロなため箸でほじりにくかったのと意外と小骨が多くて食べづらかったのとでちょっと閉口した。まあ一度食べたので満足したからこれでよしとしよう。さばが好きな理由がこれでわかりあれは身がほぐれやすくて食べやすいからだ。ちょっとした食卓でも勉強です。

めぐみが退院して昨日から養護学校と放課後スクールに通い始めたので日中少し時間がとれるようになってきた。思えば入院中の毎日はお見舞いで時間を要していたため車での往復路だけでも一時間以上費やしていた。時はやはり金である。
なので買い置きしていたDVDを観た。こちらである。

フォト フォト

「スウィングガールズ」である。ブックオフで750円のものを30%オフで売っていたので飛びついて買った。監督は矢口史靖さんであの傑作「ウォーターボーイズ」を作った人だ。後に「ハッピーフライト」も作っている。
僕この監督下の名前をてっきり「ふみやす」と読むのかと思いきやいましがた検索したら「しのぶ」と読むのであった。いちおう男性で生まれは僕のひとつ下の52歳である。

映画であるが楽器シロウト女子高生たちが吹奏楽それもジャズナンバーに挑む半年の奮闘記だ。この作品2004年につき今から15年も前であり経年の速さを感じる。なにがいいかって主演の上野樹里ちゃんはじめ貫地谷しほりちゃん本仮屋ユイカちゃんといった出演者が皆さんまだ若くてピチピチしているのだ。それが舞台を東北の片田舎にしているのでズーズー弁丸出しなので余計にかわいいのである。

この作品で驚いた事実があり映画の中で演奏される楽曲がこれすべて出演者たち本人によるものなんである。なので樹里ちゃんがテナーサックスを貫地谷さんがトランペットをユイカちゃんがトロンボーンを吹奏しており皆さん俳優業とはいえよくぞここまで習熟したと感心した。僕自身ブラスの経験があるのでこれらの吹奏のたいへんさが少しはわかるからである。

思えば僕が現役高校生時代もよく頑張ったものだった。特に僕が担当していたフレンチホルンは演奏が難しいことで知られる楽器であり音を出せるようになるまで半年近くかかってしまった。現役期間が2年とちょっとにつきその大半を基礎練習に充てていたのであった。

フォト

朝練と称し朝7時には登校して朝礼前の8時40分まで朝から吹奏していたものだった。午後練習も3時半から夏場は6時半まで冬場でも5時半くらいまでこれが月から金までで土曜日は午後1時半くらいから夕方まで吹いた。おまけに演奏会近くになると日曜日も自主練やパート練習や合奏で終日練習しており高校生ながら自分個人の時間を割くことが難しく部活をやめたいと思うことがしばしばあった。

やめずに済んだのはやはり皆と力を合わせて演奏し楽曲を創りあげることつまりは創造する喜びがあったからだと思う。それも個人ではなくチームプレイなのでそこにたまらなく妙味を感じたものだった。

大学で落語会に入ったのは吹奏楽と同じステージに立つ喜びがあったからだと後付けで感じたものだったが、そこはやはり個人プレーなのでやはりブラスの方がやりがいがあったように思う。そんな青春であった。

でmまたあれをやれと言われるとハイやりますとはいかないなあ。だって面白いばかりでなくけっこう苦労も多かったからね。うまく吹けずにメンバーに迷惑かけたりメンバー内え意見が衝突して険悪になったり過度な練習で帰りが遅かったりまあいろいろあった。やはり若さのエネルギーがなせた業であったのだろう。いい日々でした。

さてめぐみが入院中は床屋に行く時間を捻出できなかったので現在髪の毛がボサボサとなった。おそらく50代でいちばんのロン毛更新中であろう。なれど上記の高校生時代がいちばん髪の毛を長くしたものだった。入部すぐに千円床屋で丸坊主にしたところ先輩女子たちから頭をずいぶんいじられたためそれがトラウマになり以後床屋に行かず伸ばし続けたことがあった。そのなれの果てがこちらの写真。だいぶ以前にも公開したと思う。

フォト

ぎゃはははははははははは。これ何度見ても笑うなあ。我ながらおかしいや。
さて現在もう一本邦画を鑑賞中であり宮部みゆき先生原作の「ソロモンの偽証」だ。だいぶ以前にBSプレミアムで録画したものであるがこれが前編後編併せて4時間半の大作につきなかなかとっかかれなかったのであったが昨日前編の2時間を観た。校内での中学生男子の死にまつわる犯人捜しのミステリーだ。後編ではなんと生徒たちの手による学生裁判が開廷されるとあり注目だ。ほんと宮部先生、発想が豊かですね。
2 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月14日 03:36
    ヨシタクさんは高校生の時、フレンチホルンを演奏してたんですか。
    楽器を見て、すぐに名前が出てこないような難しそうな楽器ですよね。
    それはご自分で楽器を選ばれたんでしょうか。それとも部活の顧問にやるようにい言われたのかな?
    いづれにしても、この楽器を演奏してたなんて凄いです!ちょっと人に自慢してもいい気がします!
    私はせいぜいリコーダーくらいしか出来ないので、難しい楽器を演奏できる人って尊敬しちゃいます!

    高校生の時のヨシタクさん、カッコいいじゃないですか〜ぴかぴか(新しい)
    なんか青春ドラマに出てきそうな顔立ちされてますよ〜指でOK
    この容姿なら、高校生の時モテたでしょう〜ハート
    カッコいい人は、歳を取ってもカッコいいんですよね〜。
    今のヨシタクさんも、とってもカッコいいと思いますハート
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月14日 04:42
    > mixiユーザー 

    部活に入部する際に部長である先輩からホルンかパーカッションいずれがいいか訊かれたのでわけもわからずホルンを選択しました。正解でした。いい体験ができました。

    学生時代は部活が恋愛相手のようなものでやや閉鎖的に学生生活を送っていたのでモテませんでしたね〜。
    それに2、3年でクラスが一緒だったK子ちゃんに一途でしたし。結局告白せずに今日までおります。ダメな野郎でしたね僕は(´;ω;`)ウゥゥ。

    たしかにあの頃の方が見た目はマシでした。いまじゃ貫禄がつきすぎて悪徳不動産屋みたいになっておりますし(*´Д`)。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する