mixiユーザー(id:14855706)

2020年05月30日00:33

34 view

エールの鉄男と希穂子さん→野村俊夫と芸者のきん子さん

今夜はさっきまで、かなり膨らんだ三日月が見えていたやや欠け月今は星が煌めいているだけだがぴかぴか(新しい)夜風が涼しくなり、ほっとしている。

今日は西宮、大阪でも29℃あった、まだ五月末なのに異常な暑さだ

明日もらしいが洗濯しよう

午前の往診カウンセリングは暑く、けだるかったけど相手の話しを聞きながら朝ドラの鉄男と希穂子さんのシーンを思い出し、しんみりした顔をしてると喜んでもらえた( ̄▽ ̄)帰ってマッサージに、スッキリしてスーパーに、洋食屋に行き海老フライを食べようか迷ったが暑さに負けカツカレーをカレー美味しかった(^O^)

でもカレーと言えば以前、ネパール人の作るインドカレーが格段に美味しかった、内紛でシェフが辞め味が落ち潰れたが、はっきり本場のものはスパイスがの調合が複雑で味の良し悪しを決めてしまう難しさがある

午後の往診カウンセリングは相当、暑かったが8舛らいの距離なのでスクーターで、風が涼しいかと思えば熱風でしかなかったが相手の調子は悪くなく終わって帰ったら六甲の山際に西陽の強く射し明るく暑かったが近所の紫陽花は綺麗だった

今朝も目覚ましで起きエールを

椿姫の最終選考をひかえた音が、喫茶バンブーでイタリア語で歌詞の意味を調べていると、マスターがレコードを出したお祝いをと言いだし

音は、カフェーで働く希穂子さんに会いに行き、以前は、言葉通りに何でも受け止めていたけど言葉と心はあべこべと、面白い発想だな

「鉄男さんを祝ってあげてほしい。」と言うと希穂子さんは福島にいた頃、鉄男が働く新聞社の社長さんが希穂子さんを訪ねてきて娘と鉄男の縁談が進み、鉄男君の身辺整理がしたい。と言われ鉄男と会わない約束で、社長は希穂子さんにお金を渡し、しかも別れないと鉄男をクビにとか、これ脅しだな

金を受け取ったこともあり、「だからもう、後戻りはできない」と話す希穂子さんだったが音は、レコードを出した鉄男を祝ってあげてほしいと頼みバンブーでレコードを出したお祝い会が開かれ、希穂子さんが祝いの品だけ持って来て帰ろうとしたが久志が一緒に福島行進曲を聞きませんかと言って、レコードを流し…

鉄男は、「詩が書けたのは希穂子のおかげだ。俺と一緒に生きてくれないか」と言ったが希穂子さんは結婚が決まった頼りがいがあり、経済力がある人ですと…嘘だな

涙を流し希穂子さんは店を出て…椿姫のストーリーだ

音の最終選考は希穂子と鉄男のことを考えながら歌い主役に…

でも実際は福島民友新聞に就職した鉄男のモデル野村俊夫は福島民友新聞に就職し、そこで知り合ったハツという女性と交際。裕一のモデル古関裕而先生に勧められ、作詞家になるため東京へ。このときハツさんは福島に残して…でも芸者だったきん子さんとも…

きん子さんはハツさんという本命がいたのを知り、希穂子さんと同じように身を引いたらしく…不倫だったみたいだ

という事で来週に

今夜はもう日記をとじよう
10 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年05月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31