ホーム > mixiユーザー(id:14855706) > mixiユーザーの日記一覧 > かつての北海道のニシンの二の舞になりそうな気がする

mixiユーザー(id:14855706)

2019年12月14日19:29

63 view

かつての北海道のニシンの二の舞になりそうな気がする

岩手の秋サケ漁、記録的不漁
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=5901984
秋から冬にかけても沿岸の海水温が高いままで、成長したサケが戻って来づらい状況

これは海水の温暖化が東北にまで

なんか台風被害が東北に及ぶ理由がわかった

台風は温かい海水に導かれ

農作物も大被害

水産業も

これは生活排水とかの生易しい理由ではなさそうだ

地球そのものが気候変動しているのだろう

温かくてもの鮭に品種改良しないと

かつての北海道のニシンの二の舞になりそうな気がする
9 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月15日 01:09
    まぁ、樺太あたりの資源や戦略的価値が上昇が見込まれますね。
    暖地でも養殖できそうなサーモンやトラウト等の淡水魚がカギとなりそうな予感。
    個人的には地下池や井戸的な環境での養殖が気になりますね、水温が低くて。
    二層構造の池なんて案外いいかもです。

    一方、陸上では皆自治体をはじめとする人等が、樹木を伐採しまくったり、除草剤を皆が散布してくれたので。土地が北朝鮮のように乾燥してきました!

    夏場40度近くの気温だと地表面の植物の種は焼かれてしまって
    発芽できなくなってきている様子です。

    我々の国民も環境意識が低いので反省しないといけません。
    フキノトウやぺんぺん草がなくなってきてます。たらーっ(汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月15日 01:17
    > mixiユーザー 大きな問題ですね、陸地の緑が川に、そしてプランクトンの栄養になって海はよみがえるのですが
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月15日 01:36
    都市部は厳しいかもしれませんが。郊外の平野部では樹木や森林を増やすことにより、夏場の暑さや乾燥はかなり何とかなると思います。 森林のいい所は土壌の無機物栄養素を有機物栄養素に還れます。
    オーガニックの資材はまだまだいけます。

     悲しいかな、日本人は草むしりや草刈りが大好きな国民性なのであれが生態系に大きく響きます。

    汚水や下水の処理で肥料とか大量に生産できそうな気がします、土木系の勢力をうまい具合に誘導させれば。
    ダイナミックに攻勢に出れます。おそらく 

    これからは持続可能な、環境に配備した、再生可能なビジネスモデルが勝利するはずです。指でOK
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月15日 12:45
    > mixiユーザー そうなってほしいですね

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年12月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031