ホーム > mixiユーザー(id:14855706) > mixiユーザーの日記一覧 > 竹山の言う事もわかるが、その様にした社会にも責任がある

mixiユーザー(id:14855706)

2019年04月26日19:32

77 view

竹山の言う事もわかるが、その様にした社会にも責任がある

■すぐ辞める新入社員にカンニング竹山「今しか考えてない」と苦言 「40〜60代になって金もない何もないになる」
(キャリコネ - 04月26日 15:50)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=210&from=diary&id=5598170
勿論、最初の会社にいた方がキャリアアップしていくだろう

でも竹山は今の若い世代の特質をわかってないと思う

キャリアアップしても上級公務員か

超一流の会社以外、将来が見えてこない

悪い材料ばっかり見えるんだろうと思う

私は世代的に竹山の言う事もわかるが

その様にした親や社会、すなわち我々にも責任があると思う
8 9

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月26日 19:52
    シーさんも寝言ばっかりだね! いいですか? 10年物国債がマイナス金利でも購入する人が沢山いるのですよ!

    https://diamond.jp/articles/-/86192

    確実に元本がちょっとだけ減る! つまり100万円の国債が10年後に99万9999円になるのに買うのです!

    金のプロがなぜ損することを前提のマイナス国債を買うと思いますか?


    上記サイトより〜

    >元本リスクがある運用をすれば利息や利益が得られる可能性がありますが、10年後に元本が無事に返ってくる保証はありません。

     日本では極端なリスクでも取らない限り現金を10年間運用しても利息や利益が得られない、
    つまり「現金を生かす有望なビジネスがない」のです。

     また、この状態が容認されるということは、市場が「向こう10年間はプラス成長にならない」と、
    漠然と認識していることにもなります。

    マイナスにまで低下してしまったということは「どこを探しても資金需要も、収益がプラスになるような投資案件(ビジネス)もなく、日本経済は全く成長する見込みがないと市場も諦めている」ということです。


    日本社会は今後、縮小するのみ! AI自動化により雇用も半分へ! それなのに外国人労働者受け入れで雇用は壊滅へ!

    これが現実でありんす! カンニング竹山は今の日本でブラック批判する余裕などもうない! 
    若者は今の職にしがみ付かないと餓死するぞ!との警告をしているのですexclamation ×2 
    そしてその警告は正しいのです! カンニングは本音を言える数少ない人だから希少種だよwww

    シーさんはいつでも「きれいごと」ばかりですね!

    でもね〜 もうそんな余裕はありませんよ! 
    無能な若者は餓死or自殺するか? ブラック奴隷になるか?の選択しかないのですから〜
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月26日 20:08
    > mixiユーザー そういう意味なんですね
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月26日 20:21
    自分で経営するのがよろしくってよ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月26日 21:20
    > mixiユーザー 今その状態
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月27日 14:14
    有能新人は将来独立
    無能新人は給料泥棒

    会社に良い人材は中々残らない
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月27日 14:34
    > mixiユーザー 独立しずらい業界もあるでしょ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月27日 14:36
    オマケ マイナス金利国債って素敵だよね! だって日本の借金は1000兆円超えてる!の洗脳ニュースも無効になるもんw

    「マイナス金利」なんだから黙って待つだけで国債は自動的に減っていくんだよwww ^0^ けえけけけけ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月28日 01:31
    > mixiユーザー それ、昔からですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月28日 21:51
    > mixiユーザー なんか暗くなる事、書くの好きですね

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する