ホーム > mixiユーザー(id:1471688) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:1471688)

日記一覧

日系二世として生まれ、医者になることを夢見るフレディ前村(オダギリジョーさま)。キューバのハバナ大学に留学した彼だったが、キューバ危機に直面する。混乱の中でチェ・ゲバラ(ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタさま)と出会ったフレディは、その理念や

続きを読む

皆様、お今日は。大変遅まきながら『クイア・アイ』の第四シーズン全8話を鑑賞致しました。今回は1話目、2話目を先に観て『ゲーム・オブ・スローンズ』に嵌ってしまった為に中断してしまい、3話目から復活して観直したんですが、ほんとうにこのシリーズは嫌味

続きを読む

皆様、お今日は。原田マハさまの『常設展示室』新潮社刊を読了致しました。その感想です。その絵は、いつでもあなたを待っている。人生の岐路に立つ人たちが辿り着いた世界各地の美術館。巡り会う、運命を変える一枚とは――。故郷から遠く離れたNYで憧れの職

続きを読む

皆様、おはようございます。三井記念美術館にて9月1日迄開催中の「日本の素朴絵 −ゆるい、かわいい、たのしい美術‐」展に行って参りました。その感想です。日本では昔から、様々な形式の作品に緩やかなタッチでおおらかに描かれた絵が残っています。それら

続きを読む

皆様、お今晩は。横浜美術館にて9月1日迄開催中の驚愕の大展覧会「横浜美術館開館30周年記念 生誕150年・没後80年記念 原三溪の美術 伝説の大コレクション」展の前期に行って参りました。その感想です。原三溪(はら・さんけい)は、横浜において生糸貿易や

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。 ****************************** ※残り一週間 「

続きを読む

皆様、お今晩は。ネットフリックスにて現在話題沸騰中のオリジナルドラマ『全裸監督』ファーストシーズン全8話を鑑賞致しました。その感想です。バブル景気に沸く1980年代の日本を舞台に、「AVの帝王」と呼ばれ、アダルトビデオ業界に旋風を巻き起こした伝説

続きを読む

皆様、お今晩は。遂に『ゲーム・オブ・スローンズ』ファイナルシーズン全6話鑑賞致しました。架空の大陸ウェスタロスを舞台に、鉄の玉座をめぐる陰謀と策略が渦巻く権力争いが描かれる。綿密に練られた美しい世界観、敵味方の運命が交錯する人間模様。そして

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。 ****************************** ※残り一週間 「

続きを読む

皆様、おはようございます。遂に残すところファイナルシーズンだけになりました。『ゲーム・オブ・スローンズ』第七シーズン全7話鑑賞終わりました。その感想です。ホワイトウォーカーとの戦いに挑むジョン・スノウそしてスターク家の行方、ドラゴンストーン

続きを読む

ゲイアートの先駆者としても知られるフィンランドの国民的芸術家トム・オブ・フィンランドの半生を描いた伝記ドラマ。同性愛がまだ法律で禁止されていた第2次世界大戦後のフィンランド。帰還兵のトウコ・ラークソネン(ペッカ・ストラングさま)は、鍵をかけ

続きを読む

皆様、お今晩は。『ゲーム・オブ・スローンズ』第6シーズン全10話を鑑賞致しました。その感想です。苦難のアリア、逃亡中のサンサ、未知の地へ降り立ったデナーリス、そして瀕死のジョン・スノウとそれぞれの運命が大きく動き出す!混迷の世界で果たして誰が

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。 ****************************** ※残り一週間 「

続きを読む

皆様、おはようございます。『ゲーム・オブ・スローンズ』中盤戦である第五シーズン全10話を鑑賞致しました。その感想です。父タイウィン殺害後、密かにキングズ・ランディングを脱出したティリオンは、ペントスに着く。ミーリーンでは、デナーリスがドラゴン

続きを読む

皆様、ご無沙汰しております。最近「首都圏にて開催される美術展一覧」以外の更新が無いのは、禁断のドラマである『ゲーム・オブ・スローンズ』全80話の内ようやく第五シーズンの三話目なので43話目を観ているからなのであります。通常のドラマだとシーズン毎

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと」(7月20

続きを読む