mixiユーザー(id:1471688)

日記一覧

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「正倉院宝物を伝える―復元模造の製作事業と保存継承」(7月13日(

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。 ****************************** ※残り一週間 「

続きを読む

皆様、お今晩は。ネットフリックスにて第71回エミー賞リミテッド部門作品賞にノミネートされている『ボクらを見る目』全4話鑑賞致しました。1989年、ニューヨークの黒人街ハーレムに暮らす5人の少年(14〜16歳、黒人4人、ヒスパニック1人)が、セントラルパー

続きを読む

時は1980年代初頭、アメリカ。ポケットに入れた拳銃をチラリと見せるだけで、微笑みながら誰ひとり傷つけず、目的を遂げる銀行強盗がいた。彼の名はフォレスト・タッカー(ロバート・レッドフォード御大)、74歳。被害者のはずの銀行の窓口係や支店長は彼のこと

続きを読む

インドの小さな村で新婚生活を送る主人公の男ラクシュミ(アクシャイ・クマールさま)は、貧しくて生理用ナプキンが買えずに不衛生な布で処置をしている最愛の妻ガヤトリ(ラーディカー・アープテー姐さん)を救うため、清潔で安価なナプキンを手作りすることを

続きを読む

皆様、お今晩は。原田マハさまの『サロメ』文藝春秋社刊を読了致しました。その感想です。ヴィクトリア&アルバート博物館の客員学芸員にしてビアズリーの研究者、甲斐祐也。ロンドン大学のジェーン博士より彼に提示された100年前のそれは、<サロメ>に掲載

続きを読む

皆様、お今日は。東京ステーション・ギャラリーにて8月18日迄開催中の「メスキータ」展に行って参りました。その感想です。メスキータは、ポルトガル系ユダヤ人として1868年にオランダのアムステルダムで生誕。画家や版画家、装飾美術の分野で活動する傍ら、

続きを読む

孤独な女性オオバカナコ(玉城ティナ御嬢様)は、怪しいサイトのアルバイトに手を染めたことでどん底に陥り、とあるダイナーにウエイトレスとして売られてしまう。重い鉄の扉を開けると強烈な色彩が広がるその店の店主は、以前は殺し屋だった天才シェフのボン

続きを読む

皆様、お今日は。ネイサン・ヒルの大長編『ニックス』早川書房刊を読了致しました。その感想です。「母上は知事を石で襲いました」「冗談でしょ」サミュエルの母フェイは、彼が小さいころ家を出て行方知れずになった。そして数十年後、書けない作家兼大学教員

続きを読む

標的を6秒以内に仕留める圧倒的な腕前から裏社会で恐れられる殺し屋、通称ファブル(岡田准一さま)は、ボス(佐藤浩市御大)から「殺し屋を1年間休業し、大阪で一般人として普通の生活を送る」というミッションを命じられる。1人でも殺したら処分されるという条

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「ジュリアン・オピー」(7月10日(水)〜9月23日(月)東京オペラシ

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化」(6月8日(土)〜7月2

続きを読む

皆様、お今晩は。サントリー美術館にて8月18日迄開催中の「サントリー芸術財団50周年 遊びの流儀 遊楽図の系譜」展に行って参りました。その感想です。「遊びをせんとや生まれけむ」とは、平安時代末期の歌謡集『梁塵秘抄(りょうじんひしょう)』の有名な

続きを読む

皆様、おはようございます。『文豪ストレイドッグス』第三シーズン全10話鑑賞致しました。その感想です。第三シリーズは、ロシアから来たフヨードルDとの対決から始まるかと思いきや、ヨコハマ租界近くの擂鉢街に爐箸△訖擁瓩現れたという噂を耳にしたポ

続きを読む

皆様、おはようございます。ネットフリックスにて昨日から配信が始まった『ストレンジャー・シングス 未知の世界』第三シーズン全8話を鑑賞し終わりました。その感想です。1984年夏、ソ連も裏側の世界の実験を行う。1985年夏、ホーキンスでは不可解な大停電

続きを読む

皆様、お今晩は。観終わった後は人間不信になること間違いなしの『ライン・オブ・デューティ』第五シーズン全6話を観終わりました。その感想です。『ライン・オブ・デューティ』は、英国警察内での不正を捜査する汚職特捜班、通称「AC-12」が、あらゆる手段で

続きを読む

ソ連との戦いに敗北し領土の一部を奪われたフィンランドは、1941年、その奪還に挑むため同国への侵攻を開始する。さらに強大な軍事力を誇るソ連軍に対抗するため50万人の軍隊を組織し、歩兵戦を中心に戦いを進める。妊娠中の妻と家族を残してきたベテラン兵士

続きを読む