ホーム > mixiユーザー(id:1471688) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:1471688)

日記一覧

皆様、お今晩は。フェイスブック利用者の方に質問なのですが、数日前からフェイスブックにてログイン&ROMは出来るのですが、新規投稿とコメント入力が出来ない状態が続いております。皆様の投稿を見ると一切そんなことには触れていない方ばかりなので場違い

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「時代 立木義浩写真展」(5月23日(木)〜6月9日(日)上野の森美

続きを読む

皆様、お今日は。東京国立近代美術館にて5月26日迄開催中の「福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ」に行って参りました。その感想です。福沢一郎(1898-1992)は、昭和戦前期から戦後まで日本の洋画界を牽引した画家です。 戦前にはフランスの

続きを読む

皆様、お今晩は。千葉市美術館にて来週の5月26日迄開催中の驚愕の大展覧会「オーバリン大学アレン・メモリアル美術館所蔵 メアリー・エインズワース浮世絵コレクション −初期浮世絵から北斎・広重まで」展に行って参りました。その感想です。アメリカ・オ

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。 ****************************** ※残り一週間 「

続きを読む

皆様、お今晩は。渋谷区立松濤美術館にて5月26日迄開催中の「女・おんな・オンナ〜浮世絵にみる女のくらし」展に行って参りました。その感想です。江戸時代に生きた女性の「くらし」の様相を、描かれたもの、記録されたものから考えます。現代と異なる身分制

続きを読む

皆様、お今晩は。東京都美術館にて7月10日迄開催中の「クリムト展 ウィーンと日本1900年」に行って参りました。その感想です。19世紀末ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムト(1862-1918)。華やかな装飾性と世紀末的な官能性をあわせもつその作品は、い

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「横浜美術館開館30周年記念 生誕150年・没後80年記念 原三溪の

続きを読む

皆様、お今晩は。平成から令和に移行してから6月2日迄開催中の東京国立博物館初の特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ―雪舟、永徳から光琳、北斎まで―」を観て参りました。その感想です。本展は、「日本美を守り伝える『紡ぐプロジェクト』―皇室の至宝・国宝

続きを読む

皆様、お今晩は。国立新美術館にて8月5日迄開催中の驚愕の大展覧会「日本・オーストリア外交樹立150周年記念 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」展に行って参りました。19世紀末から20世紀初頭にかけて、ウィーンでは、絵画や建築、工芸、デ

続きを読む

皆様、お今晩は。パナソニック汐留美術館にて6月23日迄開催中の「ギュスタヴ・モロー展 サロメと宿命の女たち」に行って参りました。その感想です。象徴主義の巨匠ギュスターヴ・モロー(1826‐1898)は、神話や聖書をテーマにした作品で知られています。産

続きを読む

皆様、おはようございます。三羽省吾先生の『ヘダップ!』新潮社刊を読了致しました。その感想です。桐山勇、18歳。かなりの天狗。J1所属のチームに入団が内定していたが、“ある噂”により取り消される。仕方なくこの春から、JFLの武山FCへ腰掛けのつもりで

続きを読む

1950年代のロンドン。仕立屋のレイノルズ・ウッドコック(ダニエル・デイ=ルイス御大)は、英国ファッション界で名の知れた存在だった。ある日、ウエイトレスのアルマ(ヴィッキー・クリープス御嬢様)と出会った彼は、彼女をミューズとしてファッションの世

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「サントリー芸術財団50周年 nendo × Suntory Museum of Art i

続きを読む